2021年9月15日 (水)

JR東京駅に「日本リベンジャーズ」。キャラの47都道府県の方言ポスターが勢揃い

Dsc_6113

人気コミック「東京卍リベンジャーズ」(和久井健さん・講談社)の今年(2021年)の映像化(アニメと映画)を記念して、JR東京駅の中央通路からホームに上る階段などに登場キャラが47都道府県の方言を喋る「日本リベンジャーズ」シリーズのポスターが掲示されてました。9月13日から19日まで。主に若い女子があちこちで撮影してました。9月17日の朝日新聞には朝刊で地域限定広告も予定されてるようです。

日本リベンジャーズ・公式サイト

【画像集】東京リベンジャーズの都道府県別ポスター47種類が東京駅に出現! 全部見てみたら出身地のキャラが激アツだった / 日本リベンジャーズ(ロケットニュース 2021.9/13)

Dsc_6111

Dsc_6114

Dsc_6115

Dsc_6117

Dsc_6112

Dsc_6116

Dsc_6119

Dsc_6118

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2021年9月 1日 (水)

NHK・Eテレ「100分de名著」が10周年超えて進撃中。

NHK・Eテレで毎週月曜日に放送されている「100分de名著」が今年(2021年)3月で10周年だったそうです。ほぼ一冊の本を、毎月25分✕4回・計100分でじっくりと紹介する古典紹介番組。一般にテレビのブック・レビュー番組は、1回で売れ筋の本や話題の本を何冊か紹介する内容が多いので、なかなか異色です。

NHK・Eテレ「100分de名著」HP

古典はいつの時代も繰り返し読まれる有益なものですが、名前は知っているが読んだことはないという本が多いもの。コロナ禍の今、お家時間も増えているので、こういう古典のことを再認識して読み返して(というか私など初めて読むことになる方が多いですが)みるのも、良いのではと思います。原著を読むのは大変なので、テレビの映像とEテレならではの「番組テキスト」でダイジェストで理解するという方法もありますが…。(^_^;)

  

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2021年8月 3日 (火)

「渋沢✕北区『青天を衝け』大河ドラマ館」見てきました。

Dsc_0106

今年(2021年)のNHK大河ドラマ「青天を衝け」。日本資本主義というか、日本経済の父といわれる渋沢栄一さんの生涯を描きます。同氏は幕末に今の埼玉県深谷市で生まれましたが、明治になって事業を始めてからは今の東京・北区の王子付近にも、王子製紙など、かなりゆかりのある企業や工場などを設立、かつては所在していました。その縁で同区でも記念館を作ったとのことです。

それが「渋沢✕北区『青天を衝け』大河ドラマ館」で、桜の花見の名所としても有名な飛鳥山公園にある「北区飛鳥山博物館」(北区の郷土博物館)の中に、期間限定(2021.2/20~12/26)でオープンしました。撮影の裏話がいろいろ見られて興味深かったです。

ちなみに、同じ公園内のすぐ両隣に「渋沢史料館(完全予約制)」や「紙の博物館」もあります(飛鳥山3つの博物館)。また、同公園内の児童公園には機関車D51や昔の都電の車両が展示されています。

※JR王子駅出口の案内 ↓

Dsc_0159

※大河ドラマ館入り口 ↓

Dsc_0105

Dsc_0150

Dsc_0107

Dsc_0118

Dsc_0117

Dsc_0114

Dsc_0115

※通常展示(東京都北区の郷土史) ↓

Dsc_0122

Dsc_0121

Dsc_0132

Dsc_0133

※館内カフェのケーキセット ↓

Dsc_0148

※飛鳥山に登る無料の「あすかパークレール」 ↓

Dsc_0079

Dsc_0081

Dsc_0082

※飛鳥山公園の他の施設 ↓

Dsc_0077

Dsc_0145

Dsc_0151

Dsc_0099

Dsc_0095

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2021年8月 2日 (月)

映画「竜とそばかすの姫」観てきました。

昨日は映画サービスデーだったのでキネカ大森で、「竜とそばかすの姫」観てきました。

Belle
※↑ パンフレットの表紙。

ちょっとディズニーっぽい仮想世界の「美女と野獣」。高知の田舎の女子高生が、ネットに歌姫としてデビュー(現実世界では引っ込み思案で人前でなど歌えないが、仮想世界「U」の中でアバターが歌手になる)し、ネット内の試練にさらされつつも、周囲の仲間やご近所さんに助けられながら成長する物語。

細田守監督の「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」「時をかける少女」はじめ、今までの作品のテイストも随所に見られます(「美女と野獣」に対するオマージュもかなり見られます)。また、声優陣についても歌手の中村佳穂さんが主役のすずを演じ、同時に素晴らしい歌声を披露しているほか、周囲の登場人物もベテラン俳優・歌手が揃い、豪華な顔ぶれです。

土佐の女子高生(はちきん)の行動力が、銭ボケマウントオヤジの偽の正義に鉄槌を下し、世間の片隅に隠れた家庭問題を解決します。「なめたらイカンぜよ!!」と叫んで一件落着、というのは嘘ですが(これは「鬼龍院花子の生涯」)。

…というわけで、登場人物中、大人の男性だけは頼りないのとか、ろくでなしばかりしかでてきませんでしたが。^_^; 方言は全然出てこないので、あんまり地方色は感じず、SNSの怖さや、過疎化、DVなど日本全国・世界にも共通する問題がいろいろ出てきます。

高知が舞台で竜が出てくるのに、坂本龍馬や四万十川が全然出てこないのは珍しかった感じ(かわりに、高知県内を流れる仁淀川鏡川が重要な場所として登場)。それと、土佐の女の子にあんな内気な子がいるのかしらん?とも思った同じ四国の讃岐人の私でした(偏見かな)。お遍路さんも出てきませんが、沈下橋やカツオのたたきはでてきました。(^o^)

もちろん、お約束の女の子が泣くシーンと、もくもく大きな入道雲はしっかり出てきます。それと、足が一本欠けた飼い犬のワンコくんが出てくるのですが、ちょっと位置づけが謎。

※舞台は大体この周辺。ポイントはJR四国土讃線の伊野駅。

※ローソンが本作を製作したスタジオ地図とコラボした企画商品(バナナアイスラテ)を展開しているが、JR伊野駅のすぐ近くに作中の映像にも映り込んでいるローソン伊野駅前店があります。

ストーリーの面においては、今までの細田作品では両親(片親でも)の愛情を目一杯受けている子どもたちが登場することがほとんどでしたが、本作ではそうではない子どもたちが登場する点には留意が必要でしょう。というより、実はここがポイントだと思います。

本作登場の子どもの中には、同じ現代の同じ日本でも、愛情あふれる家族が登場した細田監督の前作「未来のミライ」に出てくる子どもたちとは全然違う環境で生きている子どもたちがいるということです。

主人公・すずの両親にしても、母親は早くに亡くなっているし、父親も影が非常に薄い。女子高生・すずは親族より友人や周囲の人々の力を借りて運命を切り開いていきます。全くの想像ですが、もしかしたら新海誠監督の「天気の子」の設定に影響を受けたのかもしれません。もっとも、「美女と野獣」の美女さんも父親の身代わりで野獣のお城に入ったというお話ですが。

『竜とそばかすの姫』解説|細田守作品が賛否両論になる理由が改めてわかった(シネマズプラス 2021.7/21 ヒナタカ氏)
『天気の子』の深すぎる「10」の盲点(シネマズプラス 2021.1/3 ヒナタカ氏)

いずれにしろ、中村佳穂さん(主人公・すず=Belle)の歌声と美しい映像を映画館の大画面と専用音響設備で楽しむだけでも価値のある映画です。

※映画『竜とそばかすの姫』劇中歌/Belle【心のそばに】MV

※millennium parade - U

作中には仮想世界の他、現実世界では高知県越知町の美しい風景や高知市の繁華街JR四国の駅や車両、夜行バス(KOTOバス?)、その他都会の住宅地なども登場します。また、ミュージカルではありませんが、歌姫の物語だけあって、劇中歌・曲は非常に効果的に使われていて感動を誘います。観て損のないエンターテインメントです。なお、作中のみんなのアイドル・ルカが所属するブラスバンド部は、「オレンジデビルズ」として国内外で有名な京都橘高校の吹奏楽部がモデルとのことです。

『竜とそばかすの姫』ブラバンは京都橘高校吹奏楽部がモデル!(シネマトゥデイ 2021.7/30)

ちょっと話が急展開なところもあり(最後の方1/3くらいの部分の脚本を、時間が10~20分くらい伸びたとしても、もう少し練って欲しかったかな)、ネット画像による住所特定とか、命がけで行動する婦女子を傍観するだけの大人たちとか、少し首を傾げる部分もありますが、まじめに考えさせられる課題もあって、そのうえで面白かったです。ただ、竜さんのオリジンの叫びが大人の心にはグサグサと刺さりますが。社会の救いの手が届かない”コタロー”(「コタローは一人暮らし」)がここにも…。

*『竜とそばかすの姫』高知県スペシャルサイト

※『竜とそばかすの姫』予告2

※『竜とそばかすの姫』予告1

***ちなみに(?)私の一番のお気に入りのシーンは、本筋とはほとんど関係のない、すずが友人のヒロの部屋で頭を抱えて大慌てしているとこ ↓ (下のシーン。予告編2からのキャプチャ)。 あ、性格悪いのがバレてしまったかな。^_^; もっとも、他のシーンは結構深刻で気が滅入る話が多いんで、こういうギャグっぽい場面があると、見ている方はほっこりします。***

Sp

※こちらはディズニーの「美女と野獣」(「Beauty and the Beast」)。「竜とそばかすの姫」の英語作品名は主人公のアバター(As)名「Belle」ですが、「美女と野獣」は元の話のフランス語では「La Belle et la Bête」で、Belleはフランス語で美女という意味だそうです。なお、Bell(最後のeなし)だと英語で鈴。

※こちらは”地元”のフランス制作の「美女と野獣」。

なお、夏真っ盛りですが、川や海、山など自然の近くや中で遊ぶときは、安全に十分に配慮しましょう。特に子供連れの場合は。天気は急変することがあります。安全管理と防災準備は念入りに。自然をなめたらイカンぜよ! です。

*子供の水辺サポートセンター

*安全管理マネージメント | ビビビ五感全開 高知体験学習ガイド

関連記事 : 
・映画 ”おおかみこどもの雨と雪” レビュー(2012.8/4)
映画「天気の子」観てきました。(2019.8/12)

↓ 全然関係ありませんが、こちらは昔、広島県呉市の方に住んでいたすずさんの話。

※すずさんのありがとう。「この世界の片隅に」PV

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ 

重要なネタバレになるから詳しく書けないんだが、「美女と野獣」のうち、すず=Belleが、歌によって自分を解放していくのが美女の方のテーマの核心だとすると、竜のオリジンの叫びの方が野獣のテーマの核心だと思う。そして最後はハグで心を通じる。ハゲの話ではない…(^o^;)

…作中のアバターはAs(アズ)と呼ばれているが、asって、映画のテロップで役名紹介でよく使われているアレ。「俳優名 as 役名」という具合。昔々、景気が良かった頃「ジャパン・アズ・ナンバーワン」(1979)ってな本があったけど、日本では、ご立派な肩書の人ほど、as を is だと勘違いしているオジサンが当時も今も多いような気がします。困りますねえ。これでは景気回復も社会の改善も難しいかな。映画とは関係ない話ですが。

| | コメント (0)

2021年8月 1日 (日)

東京五輪2020・お台場の聖火台を見てきました。

Dsc_6054

紆余曲折を経てなんとか開催中の東京五輪2020(2021.7/23~8/8)。いろいろ問題はありましたが、アスリートの皆さんのプレーはやはり素晴らしく、日本選手団もメダルラッシュで嬉しい限りです。こういうこともあって、本会場の国立競技場やオリンピックスタジアムは、コロナ禍のために無観客であっても、会場周辺は人出が多くて相当「密」のようですが、会期中、聖火台が移設されているお台場の「夢の大橋」の方は比較的空いているというので、記念にこちらを見学してきました。また、レインボーブリッジ近くの海上には五輪モニュメントが設置されており、こちらも見てきました。

Dsc_6060

Dsc_6048

Dsc_6052

 

Dsc_6035

Dsc_6027

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2021年7月23日 (金)

東京五輪開幕を祝してブルーインパルスが展示飛行!

Dsc_0020

ちょうど100(+1)年前のスペイン風邪に祟られたベルギー・アントワープ五輪(1920年大会)のように、コロナ禍に祟られた(これだけじゃない気がするが)東京五輪2020が1年延びてようやく本日開幕。

これを祝して航空自衛隊の曲技飛行チーム・ブルーインパルスが展示飛行を行ったので見てきました。場所は、東京丸の内の空の広い皇居外苑。同じことを考える人が他にも大勢いましたが、さすがにここは広々。国立競技場の方などとは違って、密回避はおおむね大丈夫だったと思います。暑かったけど、晴天で良かったです。もっとも、空中の五輪の輪については、雲もあって、いまいちよく見えませんでしたが。

Dsc_0019_20210724014001

20210723

Dsc_0003

Dsc_0018

Dsc_0023

Dsc_0031

Dsc_0035

Dsc_0050

Dsc_0051

Dsc_0054_20210723203501

Dsc_0063_20210724014001

Rute20210723

 ※【ブルーインパルス】東京オリンピック開会式当日 東京駅上空を飛行(2021.7/23 千代田区公式チャンネル)

 ※【ダイジェスト版】ブルーインパルスが描く五輪 57年ぶり都心上空で(2021年7月23日・ANNnewsCH )

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2021年7月 1日 (木)

今年(2021年)も7・8・10月の祝日が移動してます。

東京オリンピック・パラリンピックが開催されるはずだった昨年(2020年)に続き、今月(2021年7月)開催予定の今年の東京オリ・パラの開催期間に合わせて、今年も7月と8月と10月は祝日が移動しています。五輪はもはや目前に迫りましたが、仮に再び延期とか中止になっても、今年に関しては祝日は移動したままです。本年分の祝日移動の特別法の成立が遅かったので、2021年カレンダーは祝日移動が反映されていないものも多く売られていましたので、注意しましょう。(^_^;)

Syukujitsu2021

*2021年の祝日移動について(首相官邸のHP)

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2021年6月 1日 (火)

大規模会場でワクチン接種中。

諸外国に比べてかなり出遅れ感のあるコロナ禍対策のワクチン接種。自衛隊が運用する東京の大規模会場(千代田区大手町の合同庁舎3号館)でも、ようやく(2021年)5月24日から、ワクチン接種が始まりました。

1_20210529215701

びっくりするほどの「大規模」会場ではないのと、最寄り駅の地下鉄大手町駅が路線の集中する複雑な構造の駅で、出口(C2b出口)などがわかりにくいなど、その他細々とトラブルもあるようですが、今のところ、おおむね順調に接種が進んでいるようです。

2_20210529215701

3_20210529215701

4_20210529215701

*内部はこんな感じ。(リハーサルの様子。2021.5/21 時事通信)

Photo_20210529215701

C2b

Map-c2b

Ootemachi

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ 

・・・とは言うものの、自分はいつ接種してもらえるのやら…ですね。

| | コメント (0)

2021年5月11日 (火)

避難「勧告」は廃止、「指示」で必ず避難。

今年(2021年)の5月20日から、災害時の行政からの避難情報の発表の仕方が変わり、受け取る側の実際の行動のイメージがしにくかった「避難勧告」が廃止され、「避難指示」に一本化されて、「指示」が出たらすぐに避難しなさい、ということになりました。

いずれにしろ、日頃から、もしものときの避難方法や避難場所を確認しておきましょう。

*内閣府の防災情報のページ

2021a

2021b

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2021年5月 1日 (土)

神社の手水舎も水の代わりに消毒液が・・・

もうすぐ5月5日のこどもの日だし、ゴールデン・ウィーク中ですが、またしても新型コロナ流行で東京などは緊急事態宣言発出中(2021.4/25〜5/11)。写真は東京・大森の磐井神社へ4月中にお参りしてきたときの、鯉のぼりや初宮詣の飾り付けの様子ですが、手水舎は感染防止のため、柄杓(ひしゃく)の使用が禁止されて、代わりに消毒液の箱が鎮座しておりました。

Koinobori

Temizusya

Iwaijinjya

Hatsumiyamoude

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

«映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」観てきました!