2024年5月10日 (金)

京都・奈良国立博物館歴訪。特別展「雪舟伝説-画聖の誕生-」と「空海 密教のルーツとマンダラ世界」観てきました。

今年(2024年)のG.W.は、京都国立博物館で「雪舟伝説-画聖の誕生-」(2024.4/13~5/26)と、奈良国立博物館で「空海 密教のルーツとマンダラ世界」(2024.4/13~6/9)が開催されていますが、いずれも他の都市を回る巡回展がないとの由。

Sesshu

Img_5062

そういうわけで、G.W.の天気の良い日を選んで、東京から日帰りで観に行ってきました。国宝・重文てんこ盛りで、「雪舟展」では雪舟本人の作だけでなく、影響を受けた後世の画家たちの作品も体系的に展示され、「空海展」では修復された後初めて展示される曼荼羅図もあるなど、見ごたえのある内容の濃い展示でした。

Img_4975

Img_4977

新幹線はGW中は「のぞみ」が全席指定なので「ひかり」の自由席で。行きは連休中でものすごい混雑。スーツケースの人も多くて通路が立ち客で埋まるほどでしたが、帰りは夜だったので余裕の空席。京都・奈良においては、府県が隣り合っていて、地元の鉄道の接続も良いのと、両博物館は駅から近いし(徒歩20~30分以内)、今回は訪問できませんでしたが、周辺に名所・見どころが集中しているので観光するには大変便利。当日は関東から関西にかけてもずっと晴れだったので、どこも外国人含めものすごい人出でした。

※京都国立博物館

Dsc_0568

Img_5017

Dsc_0570

Img_5010

※奈良国立博物館

Img_5034

Img_5049

Img_5056

Img_5065

Img_5058

食事に困ったけど(どこのお店も混んでるか、価格が高いか、あるいは両方)、弾丸ツアーのしがいのある一日でした。下の写真は夕方の京都駅周辺。

Img_5109

Img_5111

関連記事 : 東博・特別展「法然と極楽浄土」に行ってきました。(2024.5/1)

※京都国立博物館「雪舟伝説」(インターネットミュージアム Internet Museum 2024.4/17)

※かつてない空海展開幕!「空海 KŪKAI ― 密教のルーツとマンダラ世界」奈良国立博物館で6月9日まで(美術展ナビ 2024.4/24)

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2024年5月 3日 (金)

古代ローマと江戸の浴場文化「テルマエ展」観てきました。

Dsc_0314

「テルマエ・ロマエ」(ヤマザキマリ氏原作)のコミック&映画・アニメで日本人にもすっかり馴染みになった古代ローマの公衆浴場「テルマエ」

Dsc_0328

そのテルマエと、類似点が多く見られる日本の江戸時代の公衆浴場などについての展示「テルマエ展」(2024.4/6~6/9)が、東京・汐留のパナソニック汐留美術館で開催されていたので観てきました。

日本列島も古代ローマのあったイタリア半島も火山地帯で、もともと温泉が多いのですが、それ以上に水道施設の整備によって公衆浴場が発展していくところは、古代ローマも日本の江戸も良く似ています。逆に言えば、水道施設がなかったり、温泉以外の土地で大量のお湯をつくるための燃料と人手を確保できなければ公衆浴場は維持できないので、ヨーロッパでもローマ帝国崩壊後はテルマエ文化は長くすたれていました。

公衆浴場は文明社会の裏付けがなければ維持できないもので、この面でも興味深いです。

会場は国立博物館などに比べて小規模ですが、その分展示品が間近に見られて、この点でも良かったです。

Dsc_0311

Dsc_0291

Dsc_0300

Dsc_0299

Dsc_0296

Dsc_0312

Dsc_0315

Dsc_0289

 ※パナソニック汐留美術館「テルマエ展」(IM Internet Museum)2024.4/8

参考記事 :

「永遠の都ローマ展」観てきました。(2023.10/1)

「ポンペイ展」に行ってきました。(2022.2/12)

※映画『テルマエ・ロマエ』予告(マイシアターD.D. 公式チャンネル)

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2024年5月 2日 (木)

川崎大師・大開帳奉修に行ってきました。

Img_4913

昨年(2023・令和5年)は弘法大師・空海ご生誕1250年でしたが、今年(2024・令和6年)は弘法大師が御本尊の、神奈川県川崎市の川崎大師・平間寺の10年に一度の大開帳奉修(2024・令和6年5/1~5/31)の年で、「南無阿弥陀佛」と赤い字でかかれた「赤札」(弘法大師の筆によるといわれる字体を本山の貫首さんが精進潔斎して自ら一枚一枚刷られたとの由)が授与(無料)されるとのことで、参拝してまいりました。また、最寄り駅の京急川崎大師駅では、記念の特別切符が限定1000部発売されるとのことで、こちらも参拝に先立って入手。1500円の切符だけと3000円の御朱印帳つきがあり、せっかくなので御朱印帳付きを購入。お寺の方で御朱印(300円)を押してもらいました(大開帳奉修記念専用の御朱印紙・1500円も別に頒布されています。)。

あいにくの曇り・雨模様で肌寒かったのと、朝早くから訪れたので奉修の間の待ち時間が3時間以上にもなって、待ってるだけでくたくたに。赤札入手のための他の大勢(数百人くらい)の参拝客と忍耐強く並んで待っていましたが、赤札授与が何時からになるのか誰にもわからないので、「これも修行」と考えつつも、かなりいらいら。案内係(警備員)の人が「これからご案内します」と言ったときは、「おぉ~~」とどよめきと拍手が巻き起こるほどでした。

靴を脱いで並んでいる時に配られた袋に入れ(濡れた傘も袋に)、お堂内で合掌して「南無大師遍照金剛」と唱えながらご本尊の前と居並ぶお坊さんたちの横を通って赤札授与会場まで歩き、ようやく貫首さんから手渡しで赤札を頂いて、屋外に出てから「赤札入れ」を露店で別途購入してミッション・コンプリート。境内では多くの飲食やお土産の露店も出ていて、天気が良ければいつもは大賑わいなのですが、今回は雨が強くて開店休業ばかりでした。もっとも、参道の方の門前商店街は通常通り賑やかに営業しているし、大開帳奉修は5月いっぱい行われるので、G.W.の後半以降、天候に恵まれれば境内の露店も大いに賑わうでしょう。会期中はずっと「縁日」ですね。

この他、大本堂の前に供養塔の柱が立ち、御本尊からのお手綱がつながっていて御本尊との縁を結ぶこともでき、「寺宝展」では弘法大師の一生の絵巻や掛け軸などの展示が行われていました。5月5日のこどもの日も近いので、旗竿に鯉のぼりもあげられていました。

Img_4966

Dsc_0543

Img_4969

Dsc_0544

Img_4911

Img_4919

Img_4946

Img_4945

Img_4947

Img_4915

Img_4925

Img_4935

Img_4936

Img_4944

Img_4956

Img_4972

Img_4973

Img_4974

参拝客は老若男女、幅広い層が訪れていましたが、駅で記念きっぷを買う時にたまたま一つ前に少年がいて、保護者は見当たらなかったので、鉄道系の切符が目当てのいわゆる"博士ちゃん”かと思っていましたが、後刻、境内の「献香所」(大香炉)や大本堂の方でも見かけて、3時間待ちの赤札授与の行列の中にも見かけたので、いや若いのに信仰の行事に熱心な子もいるものだと感心しました(鉄道ではなく仏教系博士ちゃんかも)。

いずれにしろ、厄除け・息災のご利益を期待したいものです。

関連記事 :

弘法大師ご誕生1250年。川崎大師にお参りしてきました。(2023.5/5)

川崎大師大開帳に行ってきました。(2014.5/4)

※幸福を呼ぶ“特別なお札”が人気「川崎大師」10年に一度の大開帳奉修(2024年5月1日)(ANNnewsCH)

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 

 

| | コメント (0)

2024年5月 1日 (水)

東博・特別展「法然と極楽浄土」に行ってきました。

Sanukinonesyaka

東京国立博物館で開催中の特別展「法然と極楽浄土」(2024.4/16~6/9)を観てきました。

Dsc_0192

Nesyakasama

今年(2024年)が浄土宗開宗850年となるのを記念して、浄土宗の開祖・法然とその教えや極楽浄土に関連する展示です。

国宝の「法然上人絵伝」や「阿弥陀二十五菩薩来迎図」をはじめ、重要文化財の「法然上人坐像」「阿弥陀如来立像」、徳川幕府が浄土宗を信仰していた関係で「徳川家康坐像」などなど国宝・重文が数多く展示されて興味が尽きない内容でした(もっとも、家康像は所蔵の京都知恩院で法要中とのことで実物大パネルでしたが)。

また、法然が一時配流されていた讃岐(香川県)にある法然寺(高松市仏生山町)から「さぬきの寝釈迦(仏涅槃群像)」が来臨(?)。この仏様のスポットは撮影が可能です。「法然展」は東京・京都・福岡と巡回するので、寝釈迦様は来年(2025年)12月まで仏生山を留守にされます。

日蓮宗の「南無妙法蓮華経」と並んで日本人のほとんどが知っている念仏「南無阿弥陀仏」や徳川家康のスローガン「厭離穢土欣求浄土」の大元である浄土宗とその開祖・法然、そして極楽浄土に関する展示。日本人の精神構造の重要部分を確認する内容じゃないかと思います。

Dsc_0187

Dsc_0190

Dsc_0195

Dsc_0228

Dsc_0198

Dsc_0200

Dsc_0221

Dsc_0206

Dsc_0209

Dsc_0231

Dsc_0225

Dsc_0226

Dsc_0193

Dsc_0237

東博の特設HPにあるジュニアガイドにはPDFの「極楽すごろく」も。(^^)

Sugoroku

※東京国立博物館 特別展「法然と極楽浄土」(IM Internet Museum)2024.4/22

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2024年4月29日 (月)

「しながわ水族館」と「品川歴史館」に行ってきました。

G.W.期間中のとある日、しながわ水族館に行ってきました。

Dsc_0414

長年近所に住んでいたけれど、東京・品川区のしながわ区民公園内にあって客は家族連ればかりなのでおじさん一人では入りづらいなあと思いつつ幾星霜。今回はGW企画で「貝展」をやっていたので、それにかこつけて意を決して入場してみました。

当館は1991年にオープンしたときはトンネル水槽が大きな話題になり、また都内で最初にイルカショーをはじめたのですが、施設の老朽化によるリニューアルで、2027年予定の再オープンではイルカショーが廃止になるとのこと。

廃止になる前に実物のイルカさんを間近で見られてよかったです。もちろん、ほかにも、サメとかカワウソとか、各種の魚類やクラゲ、カニやペンギンなどなどの水棲生物の展示、アシカやアザラシ、ダイバーのショーなど、現在では相対的に小ぶりな規模の施設となりましたが、興味深い展示が詰まっていて、隣接してレストランやおみやげショップなどもあり、家族で楽しめる楽しい施設です。 

*しながわ水族館が建て替え、イルカショーは終了へ…30年前は首都圏唯一の目玉として人気(読売新聞 2022.5/30)

関連記事 : お~、しながわ水族館がテレビドラマに・・・NHK「水族館ガール」(2016.6/18)

Dsc_0494

Dsc_0489

Dsc_0454

Dsc_0428

Dsc_0437

Dsc_0449

Dsc_0418

Dsc_0468

Dsc_0460

Dsc_0420

Dsc_0423

Dsc_0479

Dsc_0451

Kaiten_20240429192201

※遊びつくそう!@しながわ水族館(しながわ水族館公式チャンネル-Shinagawa Aquarium-)

また、↓ こちらは一足先にリニューアルを終えてこの(2024年)4月21日に再オープンした品川l区立の品川歴史館。常設展示全般を刷新し、ライブラリーや近所の品川区内にある「大森貝塚」を発見したモース博士のコーナーなどを充実させ、大型スクリーンに上映される品川区の歴史を紹介するショートムービーも新しくなりました。また、併設されている庭園の書院・茶室も公開されていました。こちらは入館料が大人一人100円なので、2Fの展望室兼区内紹介コーナーのしながわナビコーナーなどでゆっくり読書をするにもよいかもしれません。館内飲食はできませんが。(^^;)

Dsc_0538

Sinagawarekishikan

Dsc_0512

Dsc_0513

Dsc_0517

Dsc_0521

Dsc_0515

Dsc_0516

Dsc_0519_20240429210201

Dsc_0518

Dsc_0537

Dsc_0527

Dsc_0523

Dsc_0529

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2024年4月 2日 (火)

「虎に翼」…虎だ!おまえは虎になるのだ!…ん?いやそれは「タイガーマスク」(^^;)

2024年4月1日から始まったNHKの朝の新連続テレビ小説「虎に翼」。日本初の女性弁護士・裁判官の三淵嘉子さんをモデルにした話で、「虎に翼」とは中国の「韓非子」にある言葉で、強い者に更に強いものが加わる「鬼に金棒」と同様の意味だそうです。

連続テレビ小説 虎に翼 Part1 1 NHKドラマ・ガイド
※連続テレビ小説 虎に翼 Part1 1 NHKドラマ・ガイド

*(動画リンク)[虎に翼] 伊藤沙莉 4/1(月)放送スタート!予告(2分Ver) | 朝ドラ | 連続テレビ小説 | NHK

第1話の放送では主人公の猪爪寅子(いのつめ・ともこ)が、東京の自宅から大阪の「梅丸少女歌劇団」に入団するために見合いの前日の夜に家出しようとして失敗するシーンがありましたが、この歌劇団は、前作の、香川生まれ大阪育ちの笠置シヅ子さんがモデルの「ブギウギ」の主人公・福来スズ子が最初に所属していた歌劇団。両作品とも時代背景がほぼ同じで、主人公のモデルになった実在の二人も同じ年生まれ(大正3・1914年)ということもあり、なかなか心憎い演出でした。

ちなみに、笠置シヅ子さんは香川(今の東かがわ市)生まれ大阪育ちで、三淵嘉子さんはご両親が香川県丸亀市出身でご本人も一時丸亀市に住んでいたことがあるとのこと。NHKが敢えてしたのかどうかわかりませんが、朝ドラの主人公のモデルが2人続けて香川にご縁のある人なのは興味深いです。

*「虎に翼」初回 梅丸少女歌劇団が“登場”前作「ブギウギ」ネタ・つながりネット話題「同じ世界線?」(スポニチ・アネックス 2024.4/1)

*(動画リンク)[ブギウギ]【趣里】初公開のメイキング映像!出演者のインタビューも! | 朝ドラ | 連続テレビ小説 | NHK

ところで、翼のある虎と言えば…どこかで見たような…軟膏のタイガーバームの商標の虎には羽根はないし…何だったかなあと思っていたら、思い出しました!

懐かしの昭和アニメ「タイガーマスク」の「虎の穴」!これは強そう。

タイガーマスク DVD‐COLLECTION VOL 1 富山敬
※タイガーマスク DVD‐COLLECTION VOL 1 富山敬

*(動画リンク)【公式】タイガーマスク 第1話「黄色い悪魔」(東映アニメーションミュージアムチャンネル)

法曹界も、その職につくには虎の穴のように厳しい教育や試験、研修があるのでしょう。ご苦労さまです。

 アニメのタイガーマスク=伊達直人は孤児の支援をしていましたが、法の条文の趣旨を理解するときも「誰を保護しているか」を考えながら読むと理解しやすいと、どこかで読んだので、朝ドラ「虎に翼」とアニメ「タイガーマスク」には相通じるところがあるかもしれません。もっとも、翼つき虎の像がある悪役プロレスラー養成機関「虎の穴」はちょっと…だいぶ違う気もしますが。(^^;) また、「タイガーマスク」の「虎の穴」の由来のひとつは、「韓非子」ではなく、「後漢書」の「虎穴に入らずんば虎子を得ず」の方だそうです。

(コミック・アニメグッズ販売等のお店「とらのあな」はもちろん別です)

ちなみに、三淵さんは明治大学の法律の専門部女子部を卒業後、女性初の弁護士・裁判官になられましたが、日本初の女子大生が(女子大以外で)誕生したのは国立では旧東北帝大、私大では東洋大学なのであります(もっとも、いずれも文学部。戦後しばらくまで、文学部生は就職に苦労するので人気がありませんでしたが、戦前女子に限れば法学部の方が不人気だったそうです)。

悪意(事情を知っていること)・善意(知らないこと)をはじめ一般的意味と大きく違う法律用語の数々。おまけに20世紀中は民法も刑法も文語体だったし、無能力者(制限行為能力者)とか禁治産者(被後見人)とか、つい最近言い換えの用語ができるまではギョッとするような表現も存在。さらに日本が法律の手本にした欧米でもキリスト教(というより教会か?)の影響で以前は女性の地位はかなり低かった。戦前に一般女性が法律を学ぶのはほんとに大変だっただろうと推察されます。

なお、女だけでなくやはり男もつらいのです。こちらはお馴染みの「寅さん」。(^^;)

※ 映画『男はつらいよ』(第1作)予告編映像/4Kデジタル修復版ブルーレイ(松竹チャンネル/SHOCHIKUch)

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2024年4月 1日 (月)

開花宣言でたらいきなり夏日で花はまだ…。

毎年恒例の、靖国神社の標本木の観察による気象庁の東京の桜の開花宣言

Dsc_9960

今年(2024年)は例年より5日遅く、3月29日に発表されました。

東京都心で桜開花、平年より5日遅く 気象庁確認(2024.3/29 毎日新聞)

東京各所の花見の準備は進んでいますが、ちょうどこの日ぐらいまでは厳しい寒さが続いていたので、開花宣言がでても他の桜はまだ大半が蕾のまま。4月1日になってもまだ見頃にはなっていませんが、開花宣言発表翌日の3月30日頃から急に20℃どころか25℃超えの温かい日が続き出したので、ちょうど学校の入学式のお祝いの頃には満開か、かなり見頃になるでしょう。

さくらch(花見・桜名所を検索:ウェザーニュース)

また、現在、大陸から黄砂が飛来しているので、お花見に出かけるときなど外出するときは、花粉同様の対策をしときましょう。

今日31日 季節先取りの陽気 関東は夏日続出 広範囲で連日の黄砂飛来(2024.3/31 tenki.jp・日本気象協会)

Dsc_9967

Dsc_9972

Dsc_9970

Dsc_9968

Dsc_9975

せっかく満開になっても春の嵐ですぐ散ってしまうことも多いですが、せっかくの年度初めの開花なら、お花見日和が続いて欲しいですね。

※ ↓ 靖国神社近くの九段会館の敷地にあった桜は結構開花していました。

Dsc_9979

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2024年3月14日 (木)

改訂版の「東京くらし防災」は生活者視点強化。

昨年(令和5年・2023年)9月に改定された東京都の防災ブック「東京くらし防災・東京防災」セット(小池都知事の挨拶入り)の配布が進行中です。

Img_4825

最近になって私の自宅ポストにも入っていましたが、改訂版では特に「くらし防災」で女性視点やハンデのある人の視点の内容が強化されてるとのことです。

今年も元日から大きな被害がでている能登半島地震がありましたし、豪雨や台風などの災害も毎年襲ってきます。これを機会に防災備品などを再点検し、災害時に公助が届くまでの自助・共助について再検討してみるのもいいと思います。

なお、内容の全部を、東京都のホームページでも見られます。
https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/1028036/index.html

Img_4826

Img_4822

Img_4823

Img_4824

ちなみに、自助・共助・公助というのは、自然災害時には行政も被害を受けているので、発災直後からの当面の救助の時間的順番をいうのであって、他の分野に拡大解釈すべきではありません。同じ災害でも人災の場合、よほど差し迫った正当防衛や緊急避難行為を除いては、例えばテロなどではまず直ちに避難すべきだし、戦争の場合は原則国家同士のものなので、全て最初から国家統制という「公助」が当然。「自助」で私的戦闘を行えば、自国でも単なる犯罪者にされてしまう可能性が大であり、敵国に捕まった場合は、国際法上、民間人としても捕虜としても保護を受けられないということになります。

まして、平時の福祉問題について自助・共助は全然関係ありません。一般国民は憲法に書いてあるとおり、三大義務として、勤労・納税・教育という自助・共助に日夜励んでいるのであり、親族や知人、所属する組織・団体などで共助が出来る人はやっていることでしょう。これを国家や行政からさらに要請されるとはおかしな話です。福祉とは(生命保険もですが)、国民相互の「互助」です。政府のお恵みではありません。

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 

 

| | コメント (0)

2024年3月 4日 (月)

「アストリッドとラファエル 文書係の事件録」は続く…。

警察ネタが続きますが、フランスのTVシリーズで、世界的にも人気があり、日本でもNHKやWOWOW、ミステリーチャンネル、BS11などで放映されている自閉症の女性犯罪文書係アストリッドと熱血女刑事(という表現はよくないかな?)ラファエルの名コンビが数々の難事件を解決してく「アストリッドとラファエル 文書係の事件録」。

(フランスでは「犯罪資料局」だけであんな巨大なビルがあるのか?と素朴な驚きですが)

※【特別プロモーション動画】『アストリッドとラファエル 文書係の事件録』(シネフィルWOWOWプラス 2023.11/1 Youtube)

登場人物の情緒部分がなにやら日本人と良く似た感じがして妙に親近感を覚えることが多かったのですが、最新のシーズン4の最終回が2024年3月3に放映され、主人公・アストリッドの恋人で日本人のテツオが急遽パリから東京に帰ることになったり、相棒のラファエルの妊娠が判ったりと、これで終わりのはずがないと思っていたら、やはりシーズン5は既に撮影中のようです。

それだけでなく、リュック・ベッソン監督のフランス映画ニキータのように、アメリカでリメイク版も作られるようです(「ニキータ」のアメリカ版は「アサシン」)。

« Astrid et Raphaëlle ». On connaît le duo d’actrices du remake américain:「アストリッドとラファエル」アメリカ版リメイクの2人の俳優が判明(フランス語・ProgrammeTV Ouest France Petiet écrans 2024.3/3)

シーズン4の最終回の急展開からするにシーズン5は相当波乱に満ちた内容になりそうで、もしかしたらテツオに会いにアストリッドが東京まで来る展開もあるかもしれなくて期待が高まります。

【アストリッドとラファエル4】テツオ役 齊藤研吾(サイトウ・ケンゴ)さんインタビュー |(NHK 2024.1/30) Youtube

フランスは行政体制も連邦ではなくて自治体が「県」だし、ドイツやアメリカと並んで日本の法律体系のお手本の国ですから、人間ドラマと並んで警察の捜査方法や刑事司法制度なども興味深くて、次のシーズンが待ち遠しいです。

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2024年3月 1日 (金)

ポリスミュージアム「警視庁創立150年記念展」を観てきました。

今年(2024年)は東京の警視庁(首都警察)が1874年に創立されて150周年ということで、東京は中央区にあるポリスミュージアム(警察博物館)で記念の特別展(建物の6階)が開かれていたので観てきました(2024.2/20~3/3。入場無料)。

01_20240228222701

警視庁創立150年記念サイト

「警視庁150年記念特別展が開催 震災で残った看板、著名人の色紙も」(朝日新聞デジタル・2024.2/20)

02_20240228222701

03_20240228222701

04_20240228222701

05_20240228222701

06_20240228222701

07_20240228222701

08_20240228222701

09_20240228222701

10_20240228222701

11_20240228223001

12_20240228223001

13_20240228223001

14_20240228223001

15_20240228223001

16_20240228223001

17_20240228223001

18_20240228223001

*↓ 以下は他のフロアの通常展示。建物の1階から5階までですが、5・4階は撮影禁止。3~1階までの捜査の紹介や防犯啓発の展示を撮影してきました。

19_20240228223001

20_20240228223001

21_20240228223601

22_20240228223601

23_20240228223601

24_20240228223601

25_20240228223601

26_20240228223601

27_20240228223601

28_20240228223601

29_20240228223601

30_20240228223601

31_20240228223701

32_20240228223701

33_20240228223701

※【警察博物館】150年記念特別展に行ってきた!【メトポリ】(警視庁公式チャンネル 2024.2/27)
 

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

«建立900年・特別展「中尊寺金色堂」観てきました。