2022年7月 1日 (金)

7月10日は参議院選挙の投票日です。

2022年7月10日(日)は参議院議員通常選挙の投票日です(期日前投票は6/23~7/9)。

参議院議員通常選挙(総務省)

※「投票する。一票は、私の声だから。」投票日周知篇15秒(総務省 2022.6/22)

衆議院の解散がなければ、向こう3年間国政選挙がありません。

有権者の人はぜひ投票に行きましょう。

自分の一票ぐらいでは何も変わらないと思う人もいるかも知れませんが、実のところ、政策はよく簡単に変わります。

特に「投票に来ない層にとって不利な方向」への変化は簡単に起きます。当然でしょう。

議員さんは建前上、全国民の代表ではありますが、念頭にあるのは支持者の声。

議員さんは全員「任期付き」なのです。参議院議員は6年で、衆議院議員は4年だしいつ解散があるかも分かりません。当選できなければ「雇い止め」なのです。落選したときのことが常に意識にあるのです。

もちろん雇っているのは「国民」ですが、やはりより具体的に言えば「投票してくれた人」ということになります。

投票にも来ない人は普段のリアクションも少ないのが常ですから、そういう人の為の政策は後回しになりがちです。

また、一般の人が選挙に行かないと投票が組織票ばかりに、あるいは、土地や資産のある有閑資産運用生活高齢者等(つまり暇なので政治家の後援会活動などに熱心な方々)の票ばかりになって、若者や生産年齢世代、全国で実際に生産経済活動をしている層の利益を代表する議員が減るということになります。

とにもかくにも「国が決定」したら、後からそれを国民側から軌道修正するのは大変なことです(民主主義の国でなければそもそも修正自体できません)。

税金や社会保障費などは強制徴収されるのに、行政サービスが削られてばかりが最近の我が国ですが、ここ30年ほど国民が痛みばかり我慢したところで、なんら我が国の発展には寄与した形跡がありません。国民の負担と社会の発展への関連になにか問題があるのでしょう。こういうところは是正が必要です。

そういうわけなので、ぜひ投票には行きましょう。

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 

 

| | コメント (0)

2022年6月 2日 (木)

「シン・ウルトラマン」観てきました。

毎月1日は映画サービスデー。というわけで、昨日(2022年6月1日)夕方から「シン・ウルトラマン」観てきました。

Su
※「シン・ウルトラマン」パンフレット表紙(税込み990円)

お話は・・・

セクハラに怒った長澤まさみが巨大化して社会に復讐! 

じゃなくて、列強諸国に翻弄される非力な幕末日本! 

でもなくて、「われは裁定者なり」と宣言する「光の星」巨神兵(ナウシカ?)、そして、人類を滅ぼす天空に浮かぶ(◯シア軍?)の頭文字のシト!(エヴァ?)

いやいや、迫り来る全てがスーパーマン並みのパワーと科学力を持つ(だって宇宙船すら使用しないで恒星間航行を気軽にやってる)数多くの高等外星人種族に翻弄される原始的で非力な地球人。しかし、外星人から見ると最終生物兵器「人類」

というわけで、米軍に借りた兵器の請求書は「防災庁」のモンスター対策チームでなくて「防衛省にまわしといて」\(^o^)/。 

そして、「そんなに人間が好きになったのか“リピア”」。 

なお、ウルトラマンにカラータイマーありません。そして、自衛隊も(最初)怪獣(禍威獣)を何匹か倒します!

また、ザラブ星人はITに強く、メフィラス星人はことわざに詳しいです。

面白かったです。昭和の初代「ウルトラマン」シリーズや「ウルトラQ」を知る人も知らない人も楽しめます。

※映画『シン・ウルトラマン』TVCM②【大ヒット上映中】(ウルトラマン公式 ULTRAMAN OFFICIAL by TSUBURAYA PROD.2022.5/17)

参考記事 : 東京・城南”地元映画”…「シン・ゴジラ」観てきました。(2016.7/29)

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 

ちょっとプロットが、キアヌ・リーブスの「地球が静止する日」とか、人類の立場が逆だけど「アバター」っぽかったかな。 こちらもこの冬、新作(「アバター ウェイ・オブ・ウォーター」)があるそうです、劇場で予告編が流れてました。

ちなみに、昭和の初代ウルトラマンのTVシリーズの最終回にでてきたゼットンは、ウルトラマンを倒した唯一の怪獣にして、科特隊(科学特捜隊)に仕留められた唯一の怪獣でもある。どいうこと?

…で、まあ宇宙戦艦ヤマトやスター・ウォーズなどでも思ったが、いろんな派手にエネルギーを使う兵器でいろいろ大破壊をやるんだが、人工ブラック・ホールを発生させてしまえば大概は「最終的な結果」になってしまうと思うんだが。それじゃお話が組み立てられないかな。

| | コメント (0)

2022年6月 1日 (水)

「ゴールデンカムイ展」に行ってきました。

1_20220528184501

連載・アニメともに大人気で、先ごろ連載が完結し、実写映画化が発表されたコミック「ゴールデンカムイ」の展示会・「ゴールデンカムイ展」(東京ドームシティ・ギャラリーアーモ・2022年4/28~6/26)に行ってきました。

※Gallery AaMo「ゴールデンカムイ展」(Internet Museum)

休日の予約が取れず、行ってきたのが木曜の夕方でしたが、木曜夜は脱獄王の白石ナイト!ということで16時以降の来場者にはもれなく白石由竹のお面とミニ色紙がプレゼントされたので場内は白石だらけ。

展示は漫画の名シーンやアイヌの生活情報など充実した内容(スマホ・タブレットでは撮影も可)で、平日なのに入場45分ぐらい待ちで大変な盛況でしたが、意外なのか当然なのか、来場者の7割ぐらいは10~30代ぐらいの若い女性でした。

次期のアニメシリーズも楽しみですが、登場人物が曲者ぞろいで数も多い「ゴールデンカムイ」の実写版がどうなるのかも今から楽しみです。

 
 
 

T_20220528184501

2_20220528184501

3_20220528184501

4_20220528184501

5_20220528184601

6_20220528184601

7_20220528184801

8_20220528184501

9_20220528184501

10_20220528184501

11_20220528184501

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2022年5月 7日 (土)

アウトドアでの事故防止を…

Outdoor-safe

 *水の事故、山の事故を防いで海、川、山を安全に楽しむために(政府広報オンライン)

ニュースを見ていると、親の帰省で田舎に帰ったりキャンプに行ったときに、子供を山や川で遊ばせていて事故にあったという話が絶えません。映画「アナ雪」でクリストフも言っていたように、大人でも単独の山行で遭難することがよくありますが、まして都会育ちの子供を自然の中で一人にすると、事故(遭難・滑落・溺水・獣害・害虫被害・交通事故など。また一人でなくても火傷や怪我など)・事件(車による誘拐など)の危険性は非常に大きくなります。

山育ちの私や小学校の同級生などは、子供の頃に近所の山や川、ため池周辺で遊んでいて道に迷ったり転んだとて死にはしませんでしたが(しかし、あせって考えなしにどんどんと本来のルートをはずれて進んでドツボにはまりそうになったことはある。近所で地図を持ち歩いてるわけでもなし、あせると自分の状況が見えなくなるのです)、それは辺りの自然状況やおおまかな地理や危険事項(崖とか沢とか地質とか危険動植物とか害虫とか蛇とか怪しい自動車のことなど)を知っていたからで、全く見知らぬ土地だったら話は全然別です。

もうゴールデンウィークも終わりですが、アウトドアシーズンはこれから。大人もですが、特に子供をアウトドアに連れて行く際は、絶対に目を離さない、単独行動させないようにして、GPS付き携帯電話や、防犯ブザーまたはホイッスル、ライト、簡易食品・応急手当キットなども持たせ、服や帽子は蛍光色など目立つ色を着せて(バードウォッチングなど用の迷彩色は野外では大きくなってから!それに黒系統だと目立たないだけでなくスズメバチに攻撃されやすくなるそうです)、水辺ならライフジャケット(釣具屋にもある)も着せておきましょう。最近はアウトドアの小道具もコンパクトなものが多いので、バックパックやポーチなどに入れてセットにしてもそれほどは嵩張らないと思います。

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2022年5月 6日 (金)

「メトロポリタン美術館展」&乃木神社に行って参りました。

今年(2022年)のG.W.は、5月に入ってから、東京・六本木の国立新美術館の「メトロポリタン美術展・西洋絵画の500年」に出かけてきました。休暇を取った平日の朝一ではありましたが、やはり連休の中日。かなり混んでいました。展示の方はなかなか見応えはありましたが、ちと予備知識が必要なものが多かったです。

1_20220506163301

2_20220506163301

※「メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年」国立新美術館で(美術展ナビ・2022.02/08)

3_20220506163301

帰りには、近所の乃木神社を参拝し、日露戦争の英雄・軍神「乃木大将」に“世界平和”を祈願して参りました!

同様なことを考える人が多かったのか、ジューン・ブライドの季節直前に式場もあるここで結婚祈願をする人が多いのか、結構賑わってました。

4_20220506163301

5_20220506163301

6_20220506163301

7_20220506163301

乃木神社は来年(R5・2023年)ご鎮座100周年だそうで、また、大きな今年の干支の寅年の開運イラストが奉納されていましたが、デザインはモデル・タレントの森泉さんだそうです。さすがは赤坂所在の神社でありました。

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2022年5月 1日 (日)

ニフティが35周年。

このブログ・ココログでお世話になっているニフティが、サービス開始から今年で35周年だそうです。

Nifty35th

いろいろキャンペーンもやってますが、ココログサービスも含め、長続きしてもらいたいです。

@nifty35周年特設サイト

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2022年4月23日 (土)

もっと乗りたい寝台夜行「サンライズ瀬戸・出雲」

現在、通常運転として毎日運行されている唯一の(豪華列車や臨時編制ではない)寝台特急が「サンライズ瀬戸・出雲」。

JR東京駅と高松駅・出雲駅(岡山駅で分離)を結んでいます。高松行きは出張にも使えるのと瀬戸大橋を渡ること、出雲行きは出雲大社に行きやすいことがセールスポイントのようですが、出雲行きにならって、高松行きが金刀比羅宮のある琴平駅行きまで延伸されることもあります。

2020年からのコロナ禍でやはりこちらも利用が減ったようですが、逆にめったに予約がとれなかった個室A寝台が取りやすくなっていたようで、多くのユーチューバーが乗車体験映像をあげています。

 ※ユーチューバー「散歩するアンドロイド」さんの寝台特急サンライズ出雲・瀬戸、A寝台シングル・デラックス搭乗記(2021.03/25)

で、このサンライズ瀬戸・出雲について、鉄道雑誌の雄「鉄道ファン」の今月号(2022年6月号)で、「瀬戸の50年」という特集が組まれていました。また、「旅と鉄道BOOKS」から、この3月にサンライズ瀬戸・出雲の旅」という単行本の新刊が出ていました。

 

フランスでは、地球温暖化防止のため、国内移動では航空機でなくフランス国鉄の寝台列車が再運行されたりしているようですし、 四国には当分新幹線は通らないでしょうし、トラックの長距離移動に鉄道や船を一部利用するモーダルシフト促進にも効果あるでしょうし、日本でも寝台や夜行の長距離便を増やしてほしいなあと思う今日このごろでした。

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2022年4月 1日 (金)

「空也上人と六波羅蜜寺展」観てきました。

東京国立博物館で開かれている「空也上人と六波羅蜜寺展」(2022.3/1~5/8)を観てきました。

Dsc_6568

空也上人は口から阿弥陀仏(南無阿弥陀佛の6文字文6体)が空中に向かって出ていく木像で有名な鎌倉時代の浄土宗の僧で、六波羅蜜寺は京都にある著名なお寺で、重文の地蔵菩薩立像のほか、伝平清盛坐像など、教科書に写真が載っている歴史的な木像が多くあり、その有名どころが、今回東京までお出ましいただいています。

Omote_20220323185001Ura_20220323185001

また、会場が東博の本館ですが、通常展示でも関連の仏像が多数展示されていて(六波羅蜜寺所蔵の他の仏像もある)、他に日本美術や刀剣などに関する展示充実していますので、ぜひ、こちらも同時にご覧になることをお勧めします。

※東京国立博物館 特別展「空也上人と六波羅蜜寺」(アイエム[インターネットミュージアム]Internet Museum 2022.3/8)

※「あの超有名文化財”激ムズ“輸送作戦 半世紀ぶり東京へ」(ANNnewsCH 2022年3月1日)

Dsc_6563

Dsc_6564

空也上人のフィギュアは売り切れでした。(^^)

Dsc_6565 Dsc_6569

Dsc_6567

参考記事 : 「ポンペイ展」に行ってきました。(2022.2/12)

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2022年3月 3日 (木)

同じ失敗を繰り返す軍事介入。

ウクライナ情勢は緊迫の度合いを増しています。

NHK ウクライナ情勢のサイト

今回のロシアのウクライナ侵攻は、政治的決断も部隊運用のお粗末さも、市民の抵抗運動も、1968年のプラハの春を押しつぶしたソ連軍介入によるチェコ事件とそっくり。ほとんど同じ失敗をなぞるように繰り返しているように見えます。

*旧ソ連陸軍の亡命将校が書いた「ソ連軍の素顔」。この中にチェコ事件に従事した旧ソ連軍部隊の内幕が描かれていますが、補給や通信、指揮が大混乱していたこと、兵士がプラハ市民に詰め寄られたことなどが書かれていて、今回のウクライナ侵攻でもそっくりな場面が各地で再現されているようです。

 

*こちらは1976年にMig25で旧ソ連から函館へ亡命飛行してきたベレンコ中尉のお話。旧ソ連空軍の内部事情が色々出てきます。今回のウクライナ戦争ではロシア空軍の活動が極めて低調なことが指摘されていますが、おそらく組織の体質は陸軍同様あまり変わっていないのでしょう。

違う点は、当時世界は東西冷戦中で、チェコ・スロバキアは「東側」の内部にあり、同国軍はほぼ抵抗せず、諸外国の援助もなかったのですが、本年・2022年のウクライナは軍も国民も激しく抵抗している上に、世界中が支援

その上、現状、ロシアの経済規模がすごく縮小(韓国と同じくらいのGDP。貿易先は単体では中国が1位ながら全体の過半は欧米や日本)していること。これで、こんな大作戦を展開したあげく(戦費が膨大で高額な装備品が大幅に消耗。人的犠牲も大きい)、世界中から厳しい経済制裁をうけて(お金と装備品など物資の補充ができない)、たとえウクライナを制圧して非武装中立の「保護国化」したとしても、経済的メリットはゼロ。コサックの故郷でもあるウクライナ人の抵抗心は抜き難いものとなり、レジスタンス活動も激しく続くでしょう。なにしろ、NATOのポーランドとも隣接しており、ウクライナ支援が途切れることはありませんし(今でも兵器などの補充が絶え間なく続いており、そもそもロシア軍による全土の制圧自体できない可能性もあるでしょう)。

その上、今までのロシアの軍事行動では、国際社会からそれほど強力な経済制裁は発動されませんでしたが、今回はまったくレベルの違う「異次元の経済制裁」。1979年〜80年代のアフガン侵攻のソ連時代と違って、ロシア経済は国内完結しておらず、グローバル経済にしっかり組み込まれているのに、世界から切り離されようとしています。ロシアの国としての信用も地に落ちているし、ロシアの財政と経済は今後相当長期間、きわめて厳しいものにならざるを得ないでしょう。

さらにSNSによって、最前線や攻撃を受けた都市の様子がリアルタイムで世界に発信されています。メディア対応やSNS発信は情報戦の側面が強いのですが、こちらの面でもロシアは「軍事作戦で戦争じゃない」(20世紀の「戦争じゃない事変だ」というのと同じ)という建前だから、自分から情報発信に制約をかけてしまっているが、ウクライナ側は「これは侵略戦争だ」として、政府も民間も多種多様な情報発信を行っており、また、アメリカのイーロン・マスクが人工衛星を使ったネット環境を提供したこともあって、少なくとも国際世論は味方につけています。

結局、プーチン・ロシアは国内メディアだけを統制し、1968年のプラハ侵攻の再現を試みた20世紀型の、ゼレンスキー・ウクライナはSNSをフル活用して国際世論を味方につけた国家存亡をかけた21世紀型の戦争をしているといえるんじゃないかと思います。

当時も今も核の時代なのでおいそれと諸外国軍は参戦したりはしないけれど、ウクライナへの兵器と資金の援助、各国市民の戦争反対の声は膨大なものです。

(参考記事 : “ソビエト型交渉術”… (-_-;)。(2015.2/18)「FBIアカデミーで教える心理交渉術 -どこでも使える究極の技法-」という本の中に「ソビエト型交渉術」という項目があり、その特徴として、・自分たちと取引する以外ないと思わせる・権限がトップに握られている・コケおどしの感情戦術・相手の譲歩を弱さの弁明とみなす・譲歩する場合でも出しおしみする・期限を無視する、というのがあります。今まさにプーチンは国際社会とこのとおりの交渉をしているように見えます。一言でいえば、マフィアと同じですが)

(NATOを念頭にプーチンは核兵器で世界を脅していますが、逆に言えば、最初からそれ以外の切り札がないのでしょう。ロシアは資源や農産物の輸出大国ですが、価格の問題はあっても諸外国は他の調達先で全く代替できないわけではなく、ロシアは市場としては小さい。軍事技術は高いのに民生技術はさっぱり。また、国民の生活保障も必要だし、国が広すぎるのが仇となりインフラ維持や最低限の国境防衛力などの「固定費」は削れないのに、経済制裁で輸出も決済もできない。宝の持ち腐れとかジリ貧とはこのこと。困窮するロシア経済を前にして得をするのは中国ばかりかも。そのうち、シベリアの土地や資源開発権、シベリア鉄道の運用権などを中国が買い漁る事態となるかも。19~20世紀に中国がロシアはじめ帝国主義列強にされた手法を中国は忘れてないのです。その時ロシア人はどう思うのでしょうね。もっとも、中国の場合、ロシアがNATO対抗のためにウクライナを緩衝地帯国とするために行っているこの侵略を是認するなら、旧ロシア・ソ連への緩衝地帯として満州国を作ったり、中国に進出した昭和の日本軍の行動も免責してもらえるのか?と、日本としてはお聞きしたいところではありますが)

  

もちろん、今回のロシアのウクライナ侵攻も旧ソ連のアフガン侵攻も、米軍のアフガン侵攻やイラク侵攻、キューバ侵攻も、その他日本やドイツを含む各国の過去の外国へのゴリ押しな軍事侵攻は、少なくとも20世紀以降、10年単位程度の支配期間の長短があるだけで、結局は相手国の国民の抵抗や非協力が続いて、占領政策も傀儡国家の建設も長続きせず、最後は瓦解・失敗するものですが、どういうわけか軍事力で優位にあると「今度は行ける!」と判断してしまう権力者がいるようで困ってしまいます。

当然、テロリスト掃討などの名目を一応掲げて軍事行動を起こすのですが、実際は別の目的もいろいろあって利害関係や各方面の思惑が錯綜する上に無関係な民間人の犠牲を多数出し、時間が経つほど侵攻先の現地の状況は混沌さと悲惨さを増すばかりになります。

国際赤十字ででも各国語で詳細な「軍事侵攻失敗事例集」でもつくって特に軍事大国の政府機関に配布すれば、多少は無謀な軍事的冒険を思いとどまらせる要素となるかも。なにしろ「持続可能だった成功事例集」はないですから。

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 

今回のウクライナ戦争では実質的な独裁者が統治する「指示待ち型・秘密主義・セクト主義の官僚主義国家」と大統領や政治家にいろいろ問題があるにせよ「国民が自らの意思で団結した自主自立型国家」の対決という歴史の教科書にそのまま載るような戦いを世界は見ています。プーチンはKGBのスパイ出身ですがスパイも「公務員・お役人」。予算は「要求」、業務は「命令」、反対するものは「粛清(逮捕やクビや追放)」すれば組織が動くと思っている。要するに経済も財政も理解出来ないヒト。

現代ロシア軍については、私もあまり良く知りませんが、近年ロシア陸軍は小回りの効く「大隊戦術団」(大隊規模の諸兵科統合部隊)を多数編成して、地域紛争対応などに最適化されていたそうです。アメリカも対テロ戦争用にコンパクト旅団を作ったりしていたので、世界大戦のない時代の世界的な流れに沿っていたのでしょう。

もっとも、アメリカや冷戦後軍縮ばかりしていた日本は、近年、中国が経済力に任せて大軍拡したので方針転換することになりましたが、ロシアの場合、経済力は縮小した状態のままのうえ(韓国以下のGDP。その内訳も一次産品の輸出がメイン)、今でもGDP比で軍事費が過大で方針転換はしなかったようです。

しかし、今回の電撃戦もどきのウクライナ侵攻は、ソ連の昔ながらの「全縦深同時制圧」(戦線の全正面で大量の装甲部隊が損害を顧みずに突進する)をやりたかったように見えます。いわば、小回りの効く都市部用のパワーショベルを多数集めて、ブルドーザーがやるような作業を軍に命じたのでしょう。ウクライナが抵抗しないことを期待した、最初から破綻した作戦かもしれません。

それに、そもそもロシア軍の特別軍事活動=ウクライナ侵攻作戦の最高司令官は誰なんでしょう?元KGBスパイのプーチン大統領自身なのか? それとも軍務経験が「一切ない」ショイグ国防大臣か?きっと”シビリアン・コントロール”が徹底しているのでしょうな。

しかし、いくら民主主義国ではないといっても、忍者と侍大将と近習とお殿様ではそれぞれ役割が違うもの。まともな軍師もいないようだし。現状は、なぜかお殿様になってしまった元忍者と茶坊主が足軽部隊を敵地に突進させて、うまくいかないので侍大将を督励に活かせたら鉄砲で撃たれて次々と討ち死にしているが如しという状況。

ついでにいうと、ロシア軍の動きと損害は報道でもだいたい分かるが、ウクライナ正規軍の動きがよく見えない。見えないのに善戦している。こちらは情報管理が徹底しているのでしょう。かなり「うまくやっている」と思います。

経済の方も韓国が戦争しなくてもときどき経済危機になりますが、ロシアは同程度の経済力でこの大作戦と大制裁。手持ちの現物リソースが尽きれば、かなり悲惨な未来が待っているのではないでしょうか。

(追記:最初、ロシアのウクライナ「保護国化」要求は旧日本軍の満洲建国に似たような政治状況だと思っていましたが、ウクライナの頑強な抵抗と西側の支援により戦闘が長期化してくると、東西(米ソ)が入れ替わったベトナム戦争的な様相にもなってきました。当時は強大なアメリカ・米軍に対し、ベトナムは東側諸国から支援を受け続け(世界大戦になってしまうのでアメリカはそれを止められない)、国土は荒廃しましたが最終的に米軍を撤退に追い込みました。今回、ウクライナに侵攻したロシアには往時のアメリカどころか旧ソ連の経済力すらない上、経済制裁を受け、使用兵器のレベルには両軍あまり差がないので、いずれにしろロシアの未来は厳しいでしょう。1968年にプラハの春をソ連軍が踏みにじってから約20年で東欧の社会主義政権とソ連は崩壊しましたが、今回はもっと短期で全て変わるのではないかと思います。もちろん、ウクライナにこれ以上被害が出ない段階で、早々に撤退してもらうのが一番ですが)

| | コメント (0)

2022年3月 1日 (火)

けっこう使えるダイソーのBluetoothスピーカー。

昨年あたりから100円ショップ・ダイソーの、100円以上商品アイテムのひとつ、ブルートゥースのレトロ風デザインの700円スピーカーが話題になっていて、ベッドサイドに置いてネットラジオストリーミングのラジコなどを聞くのにいいかなと思って店舗に行ってみましたが、よくあるように現物はもはや全然見当たらず。

Daisobluetoothspeaker

かわりに写真の1000円(+税。他のアイテムも同様)のものを買ってきたのですが、これが(価格の割には)ずいぶんいい音質でした。で、パッケージにあるように2台目を買ってきてステレオにしてみると、同じ音が2台出ているのではなくて、ちゃんと左右別々に音が出ていました。パソコンの非力なスピーカーに比べれば非常に音質が良いので、パソコンやスマホで動画を見るときは結構楽しめると思います。また2台を別々に好きな場所に置けるのも良いです。

ちなみに、スピーカー2台目をセットにしてステレオで使う場合は、先にパソコン等の1台目の登録を削除して、スピーカーの2台目とペアのセッティングをしてから、再度パソコンとのペアリングをしないと、各2台が別々に登録されたりしてステレオ再生にならないですが、このあたりは付属の説明書が簡単すぎて書いてないのでご参考まで。

なお、スピーカーの音の左右チェックはYoutubeにあがっているスピーカー音声チェック動画などで可能です。また、私は他に防滴仕様の600円ブルートゥース・スピーカーも使ってますが、こちらの音質はいまいち。音量調整もスピーカー側ではできません。防滴と言ってもお風呂やシャワー室で使うのはちょっと不安なので、流しの近くかトイレ室用かなといったところです。

このほか、ダイソーに限らず、ほかの100円ショップのBluetoothイヤホンなど(100円ではありませんが…500円以上が多い)も、最近は本体機器とのペアリングがしやすくなり、価格を考えれば相当使い勝手の良い製品が増えているように思います。

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

«ロシアがついにウクライナに侵攻…