« クジラが何頭も漂着。海底に異変かも。 | トップページ | うどん県盆栽市(香川県高松市) »

2012年1月28日 (土)

屋内に入りたい猫…愛宕神社の冬の日。

20120127atago

2012年の1月28日は、朝から富士五湖や岩手県沖、茨城県沖を震源とする、震度で5弱~震度4の地震が相次ぎましたが、その前日(27日)、先日に降り積もった雪がまだ残る、東京・愛宕神社(隣にNHKの放送博物館があるところ)にお参りした時のこと。

神社の社務所で飼っているらしいが、頒布品(売り物)のお守りなどを置いてある台にいきなり上がって、寒いので閉めてある窓の前で、中の人に屋内に入れてほしそうに居座っておりました。

つついても触っても動かず、相当中に入りたかったようです。

小さく咳をしていたので、風邪のせいで寒い屋外が嫌で暖かい室内に入りたかっただけかも知れませんが、今考えるとひょっとしたら、翌日の地震の何かを感じて飼い主のところにいたかったのかも知れません。

もっとも、室内にはトイプードルがいて、部屋の中と外が犬猫で普通と逆だったような気がしなくもないですが。

Atagojinja
※愛宕神社
Syussenoishidan Magakiheikurou
※上から見た「出世の石段」(左)と「曲垣平九郎」の記念写真用ボード(右)Muketsukaijyou
※西郷隆盛と勝海舟の無血開城会談の記念撮影用ボード。

ちなみに、愛宕神社には「出世の石段」というのがあり、この名前は、江戸時代、曲垣平九郎という武士が馬でこの石段を駆け登って、三代将軍・徳川家光から「日本一の馬術の名人」と讃えられたという故事によります。なお、曲垣平九郎は讃岐・丸亀藩の武士でした。

また、幕末に西郷隆盛と勝海舟が江戸城無血開城の会談をした地とも言われているようです(なぜか、浜松町など他にも史跡がある)。

愛宕神社は、1月7日の七草粥のふるまいや、6月のほおずき市、9月(隔年)の石段祭など、都心の神社として有名な行事の多い神社です。

※これは”長靴をはいた猫” (^_^;)
長ぐつをはいたねこ (世界傑作絵本シリーズ・スイスの絵本) 長靴をはいた猫 (河出文庫) 長靴をはいた猫 [DVD]

※こんなのもある…映画「シュレック」シリーズからのスピン・オフ映画 、ドリーム・ワークス”長ぐつをはいたネコ”2012年3月、3Dで公開予定

※映画「長ぐつをはいたネコ」予告編(日本語)。

※長ぐつネコ初登場の”Shrek2” trailer(予告編・英語)。 あの、ウルウルお目々の顔は1分55秒頃。

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

|

« クジラが何頭も漂着。海底に異変かも。 | トップページ | うどん県盆栽市(香川県高松市) »

身辺雑記・ごあいさつ」カテゴリの記事

日々雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 屋内に入りたい猫…愛宕神社の冬の日。:

« クジラが何頭も漂着。海底に異変かも。 | トップページ | うどん県盆栽市(香川県高松市) »