« うどん県盆栽市(香川県高松市) | トップページ | 読書芸人 »

2012年2月 2日 (木)

香川の土壌菌で愛媛の廃液を脱色…高校生が快挙。

再び四国ネタ。

このほど、「今治タオル」で(今治市とともに)有名な新居浜市(昨年話題になった「大王製紙」は隣の四国中央市)の愛媛県立新居浜工業高校の環境科学部の生徒が、家族旅行で訪れた高松・新屋島水族館付近の土壌から採取した細菌を使い、タオルを染めたときに出る廃液を脱色することに成功したそうです。


※廃水を脱色する細菌を発見した海面潤君(左)と藤原論弥君(右)。中央は井原進一教諭=愛媛県新居浜市の県立新居浜工業高(四国新聞HP より)

*愛媛の高校生が脱色細菌を発見 廃水を透明に(47NEWS/共同通信 2012.1/20)
*高松の土壌から脱色細菌発見/愛媛の2高校生(四国新聞 2012.1/31)

廃液に関して法規制はないそうですが、色がついていて、着色廃液が川に流されていることには住民に抵抗があり、業者の方でも脱色施設を設けていました。しかしながら、経費負担が大きかったので、この度の脱色細菌の発見が朗報であるとのこと。

この細菌は担当教諭と二人しかいない部員、検査した細菌の通し番号をつけて「KIT-56」と名付けられ、地元産業界から注目されているそうです。また、2012年1月26日放送のフジテレビ・朝の情報番組「とくダネ!」でも紹介された模様です。

問題はこのクラブの部員が現部員の二人しかいないこと。これを機会に部員が増え、ついでに、細菌発見のよしみで(東京の物産館「せとうち旬彩館」も香川・愛媛共同だし)、うどんを茹でた廃液を無害化する細菌も見つけてくれるといいかも。いや、それはやはり香川の方で、ですね。

※新居浜工業高校から新屋島水族館へのルートマップ。

大きな地図で見る

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

|

« うどん県盆栽市(香川県高松市) | トップページ | 読書芸人 »

日々雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 香川の土壌菌で愛媛の廃液を脱色…高校生が快挙。:

» ケノーベルからリンクのご案内(2012/02/03 08:48) [ケノーベル エージェント]
新居浜市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2012年2月 3日 (金) 08時48分

« うどん県盆栽市(香川県高松市) | トップページ | 読書芸人 »