« 石巻市の「石ノ森萬画館」が再オープン! | トップページ | カメラのCMも瀬戸内海が舞台に。 »

2012年11月22日 (木)

自動車CMの小豆島対決?

最近、ダイハツの「第3のエコカー」に続き、トヨタ「パッソ」でも小豆島(しょうどしま。大昔は、あずきじまと呼ばれた時代もあったようです)が舞台のCMが・・・。

※パッソ TVCM あずきで一句 篇 (YouTube)

*トヨタ公式チャンネル(YouTube)

*トヨタ 「PASSO」のサイト

両者同じトヨタグループですが、小豆島が舞台になるのも、やはり映画・小説「八日目の蝉」効果でしょうか。あと、テレビの昼ドラ「ラブレター」(2009年・TBS)の舞台にもなってました。

※オリーブとしょうゆと「二十四の瞳」などなども有名な小豆島はここ。

大きな地図で見る

※いいなCM ダイハツ 企業CM 「日本のどこかで 完成」篇(YouTube)

(”日本のどこか”の設定ですが、香川ナンバーで醤油の島なら小豆島でしょう)

*ダイハツ 企業CM テレビCM 「日本のどこかで 完成編」

まあ、地方では「車なしでは暮らせない」という現実が大前提としてあるのは確かですが。企業CMでも地方が紹介されて知名度アップにつながるのは、いいことだと思います。

関連記事 :
・うどん県小豆島の”そうめん健”さんのごあいさつ。(2012.8/11)
・小豆島ロケの「八日目の蝉」が日本アカデミー賞で10冠!(2012.3/3)

ちょっと気になるのは、讃岐弁の(というか瀬戸内沿岸地方の)会話でなんか問いかけられた場合、返事は、男だと「ああ」よりも、「おー」いう方が普通かな(女性なら「うん」)。自分のことも僕や俺より”わし”を使う方が多いかも。

それから、「初めて作った醤油」よりは「醤油」が普通かと。といっても京都や大阪とも違うので、発音は微妙。

香川の場合、進学などで県外に一旦出た人は行った先の言葉の影響を受けるし、ラジオは地元と関西の局を聴き、テレビは東京からのネット番組を見て、県外から来て住んでいる人も多いので、一概には言えませんが(映画「UDON」の登場人物が各々バラバラの方言をしゃべってましたが、あれがその典型)。

※Manami Konishi - 小西真奈美 comments on the movie "UDON"(YouTube)

ちなみに「UDON」に出てくる”キャプテンUDON”のCGの都市風景は映画「ブレードランナー(Blade Runner)」に登場するロスアンゼルスのパロディ。キャプテン本人はいろいろ混ざっとんではないかと思います(キャプテンアメリカとか新造人間キャシャーンとか)。

※Blade Runner Trailer 2007 "The Final Cut"(YouTube)

さらに、ちなみに「ブレードランナー」と同じリドリー・スコット監督「ブラックレイン」に出てくる大阪の街も「ブレードランナー」のL.A.と雰囲気がそっくりです。

※映画『ブラック・レイン』(原題:Black Rain) 予告篇(YouTube)

八日目の蝉 通常版 [DVD] UDON スタンダード・エディション [DVD]

ブレードランナー ファイナル・カット 製作25周年記念エディション [Blu-ray] ブラック・レイン デジタル・リマスター版 ジャパン・スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

それから、小豆島とは関係ないですが、メルセデス・ベンツが、唐突にアニメのCMをやってます。なぜ?

※メルセデスベンツ×プロダクション I.G NEXT A-Class CM 30秒(YouTube)

*メルセデス・ベンツ 「NEXT A-Class」アニメCMのサイト
(フラッシュのスペシャル・ムービーがすごい)

制作がプロダクションI.Gというのも斬新な感じです。

参考記事 : 地図に残るアニメ?…大成建設のアニメCM。(2011.12/17)

関連カテゴリー : 広告関連

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ 

|

« 石巻市の「石ノ森萬画館」が再オープン! | トップページ | カメラのCMも瀬戸内海が舞台に。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

日々雑感」カテゴリの記事

広告関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自動車CMの小豆島対決?:

« 石巻市の「石ノ森萬画館」が再オープン! | トップページ | カメラのCMも瀬戸内海が舞台に。 »