« 大森も大雪でした。 | トップページ | 京都で「うどんミュージアム」オープン。新名所に !! »

2013年1月16日 (水)

B787が高松空港に緊急着陸。

最新鋭機で、日本のメーカー各社も製造に多く関わっているボーイングB787型旅客機がトラブル続きです。

ANA BOEING787 フ (イカロス・ムック) ボーイング787まるごと解説 21世紀にふさわしいハイテク中型旅客機“ドリームライナー”の開発から就航まで (サイエンス・アイ新書)

ボーイング787はいかにつくられたか 初代モデル1から最新787まで、世界の航空史を彩る歴代名機に迫る!! (サイエンス・アイ新書) 図解・ボーイング787 vs. エアバスA380―新世代旅客機を徹底比較 (ブルーバックス)

今までもJAL機などでの燃料漏れや電気系統の異常が続いたB787ですが、本日(2013年1月16日)、ついに、緊急着陸して、乗員・乗客が脱出シューターを使って機外に脱出する事態になってしまいました。

*全日空787緊急着陸 機内に煙、乗客脱出(動画あり。47NEWS/共同通信 2013.1/16)

*全日空787型機、機内に煙 高松空港に緊急着陸(動画あり。朝日新聞 2013.1/16)

山口宇部空港羽田空港行きANA692便が高松空港に緊急着陸。脱出シューターと避難誘導には問題なかったようです。(皮肉ではなく)その点では安心かな…。

また、この件と直接は関係ないですが、昨年12月、高松空港では管制官が居眠りしていて一時、旅客機と空港の交信ができず、問題になったことがあります。困ったもんです。

*高松空港の管制官、居眠り もう1人は夕食買い出し(47NEWS/共同通信 2012.12/21)

幸い大きな怪我をした人はいないようですが、日本でも期待の新鋭機種。新型機に不具合はつきものとはいえ、早めに原因を究明して、安全確保につとめて欲しいです。

関連記事 : B787の1号機が羽田到着。(2011.9/28)

ちなみに、世界中の旅客機のフライト状況がひと目で分かる、こんなサイトもある。
* flightradar24(フライトレーダー24。見応えあり

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

|

« 大森も大雪でした。 | トップページ | 京都で「うどんミュージアム」オープン。新名所に !! »

日々雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: B787が高松空港に緊急着陸。:

« 大森も大雪でした。 | トップページ | 京都で「うどんミュージアム」オープン。新名所に !! »