« 熱中症の季節です。 | トップページ | 銭形砂絵の近くでロト7くじ16億円当選!? »

2013年5月25日 (土)

食べ過ぎ注意! うどんと肉。

うどん県(香川)では、いまや小学生から糖尿病予防検査をします。土佐(高知)では酒の飲み過ぎで体を壊す人が多いですが、讃岐では炭水化物の重ね食いで体を壊す人が多いのです(うどんだけじゃなくて、米もおいしい)。また、男性は牛肉や豚肉を食べ過ぎると糖尿病リスクが高まるとか。

*糖尿病検査、小学生から/県内全市町実施へ うどんも影響?(47NEWS/四国新聞 2013.5/11)

*牛豚肉摂取過多で糖尿病リスク増 男性のみ、6万人追跡調査(47NEWS/共同通信 2013.5/21)

何? 昔は今よりもっと食っていたって? そこが問題です。「昔」は仕事といえば「肉体労働」。それも、農業や塩田づくり、他の工場や建設現場の仕事も「重労働」が普通。塩分だって多少取り過ぎても汗で流れていました(逆に足りないと筋肉が痙攣を起こしたりする)

ところが、今では、地方ほど完全な車社会。大都市では、電車にのるにしても、とにかく自分の足で嫌というほど歩かされますが(足の筋肉を使うから新陳代謝が活発になる)、地方では、歩くのは建物の中と駐車場までぐらい。一度に30メートル歩くのも稀かも。ところが、車を運転すると神経は使う(脳がエネルギーを消費する)ので、やはり腹は減ります。ここで、うどんとご飯を重ね食いすると…良くありません。

※香川とはこんなとこです↓。

(日本一狭い。県面積は島の面積も含むので、県本体はもっと狭い。しかし、土地は平坦だし、たまに水不足になるが気候は温暖。道路舗装率は大阪と並んで全国2位。しかし、交通マナーは悪い。何しろ”バトル・ロワイアル”の土地なんで…)

主食がパンというより肉のアメリカ人も、昔は肉体労働が多かったでしょうが、今では違うでしょう(ストレスも多いでしょうし)。これで、開拓時代みたいに肉を食っていたら、心臓発作や糖尿病が多くなるのは仕方のない話(もっとも、赤ワインでポリフェノールをとるフランス人は肝硬変が多いとか)。

※これは「101歳現役」の医師・日野原重明さんと、院長を務める聖路加国際病院のオススメ健康レシピ本。
病気にならない15の食習慣 (青春新書インテリジェンス) 聖路加国際病院の 愛情健康レシピ

健康のためには、まず食事の最初に野菜サラダを食べるといいとか、オリーブオイルがいいとか、野菜や魚を食べようとか、ポリフェノールをココアやお茶でとろうとか、いろいろありますが、バランスのとれた食事と適度な運動が一番でしょう。野菜や魚も”汚染”されてたら意味ないですし。

※話題の、こんなのもある。
丸の内タニタ食堂 ~行列のできる500kcalのまんぷく定食とお弁当~

とにかく、予防が大事です。

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ 

|

« 熱中症の季節です。 | トップページ | 銭形砂絵の近くでロト7くじ16億円当選!? »

食べ物・うどん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食べ過ぎ注意! うどんと肉。:

« 熱中症の季節です。 | トップページ | 銭形砂絵の近くでロト7くじ16億円当選!? »