« 「那覇上空に謎の光」!? | トップページ | 一応…新刊の紹介。肌感覚の地域紹介シリーズ »

2014年2月 2日 (日)

“うどん発電”…エネルギーも地産地消で。

「うどん県」こと香川では、製麺時にでるうどんの廃棄物が長年問題だったのですが、このほど、このうどんの廃棄物からメタンガスを取り出して発電に使うという「うどん発電」プロジェクトが、昨年ごろから本格化しています。

※暮らしのエコナビ「185うどん発電」篇(PanasonicECONAVIch YouTube 2013.11/11)

*「うどん発電」開始へ/廃棄麺のメタンガス利用(2013.7/31 47NEWS/四国新聞)

*NHK「サキどり」…「地産地消だ!ご当地エネルギー」(2014.2/2放送) 

この他、いろいろな地元の「資源」からメタンガスなどを取り出したり、昔からある水車で小電力を取り出す「地産地消」のご当地エネルギー実現の活動が各地で行われているようです。また、資金集めのための市民ファンドなどもあるようです。

*メガソーラー事業化へ、市民ファンドの募集始まる/小田原(2014.1/29 47NEWS/神奈川新聞)

化石燃料はほとんど輸入だし、CO2が出て、将来の枯渇も心配。原発も安全性が不安。

今後は太陽光や地熱等も含め、こういった自然エネルギーなどを利用して、「持続性と多様性」のあるエネルギーが普及した方が、非常時の「リスク分散・耐性」とか「危機管理」にも有利。

地域経済の産業活性化と雇用の確保にも繋がっているようです。

関係者の皆さんには、ぜひ、頑張ってほしいものです。

地産地消のエネルギー 地産地消のエネルギー革命 (PHP新書) 再生可能エネルギーで地域がかがやく―地産地消型エネルギー技術 (生存科学シリーズ)

こうすればできる! 地域型風力発電―地元に利益を生み、愛される風車の実現― (B&Tブックス) コミュニティ・エネルギー: 小水力発電、森林バイオマスを中心に (シリーズ地域の再生) 地域エネルギー発電所―事業化の最前線

地域の力で自然エネルギー! (岩波ブックレット) 100%再生可能へ! 欧州のエネルギー自立地域 地図で読む日本の再生可能エネルギー

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ 

|

« 「那覇上空に謎の光」!? | トップページ | 一応…新刊の紹介。肌感覚の地域紹介シリーズ »

日々雑感」カテゴリの記事

食べ物・うどん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “うどん発電”…エネルギーも地産地消で。:

« 「那覇上空に謎の光」!? | トップページ | 一応…新刊の紹介。肌感覚の地域紹介シリーズ »