« 新刊紹介 : 「自衛隊に学ぶメモ術」 | トップページ | 大森の新イベント「大森まち活フェスティバル2014」 »

2014年9月27日 (土)

御嶽山が突然噴火。

2014年9月27日、御嶽山が突然噴火し、被害が出ているようです。

*【号外】御岳山噴火 噴煙3キロ流れ下る(47NEWS/信濃毎日新聞 2014.9/27)

最近は、地震や台風、交通事故などだけでなく、今回の火山噴火、津波、原発事故、ゲリラ豪雨、土砂崩れ、海難事故、テロ、感染病、猟奇犯罪など、従来、あまり馴染みのなかった災害が増えてきて、頭を抱えるばかりですが、できる備えはしておきましょう・・・。

※NIED(防災科研) : 自然災害を学ぶ・火山災害(火山灰対策情報もあります)

※消防防災博物館 : 火山災害の基礎知識

※参考 : 資料でみる国内災害救護(日本赤十字社)

※信濃毎日新聞社:「御嶽山噴火」動画特集

「気象庁ガイドブック」
2014 登山者のためのファーストエイド・ブック

火山のサバイバル (かがくるBOOK―科学漫画サバイバルシリーズ) ふだん使いの防災グッズ (ワールド・ムック1006)

世界のどこでも生き残る 完全サバイバル術 (ナショナルジオグラフィック) 図解!! 生き残るためのやりかた大百科―緊急時に役にたつ(かもしれない)175の豆知識。

an・an SPECIAL 新装版 女性のための防災BOOK (マガジンハウスムック) クロワッサン特別編集 防災BOOK  家族、ペット、そして私を守る (マガジンハウスムック)

ボーイスカウト・フィールドブック 本当にあった 奇跡のサバイバル60

天変地異がまるごとわかる本 天変地異のメカニズム

・・・そういえば、日本はこれだけの地震国・火山国なのに「地学」の教育は極めて貧弱ですよね(「必修」であってもいいくらいに思うが、現実は入試で選択する学生も少ないでしょう。大きな高校ですら講座がないことまである)。平和ボケと言うよりは経済ボケでしょうか。この点、戦前も戦後も全く同じ。勇ましいか儲けになることには、国もマスコミも評論家も目の色を変えるけど、必要でも、地味・地道な分野は無視されがち。この状況はいかんですね。

地震・津波と火山の事典 ひとりで学べる地学―「地学基礎」「地学」に対応

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

|

« 新刊紹介 : 「自衛隊に学ぶメモ術」 | トップページ | 大森の新イベント「大森まち活フェスティバル2014」 »

・防災ボランティア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御嶽山が突然噴火。:

« 新刊紹介 : 「自衛隊に学ぶメモ術」 | トップページ | 大森の新イベント「大森まち活フェスティバル2014」 »