« 第12回高松一高関東同窓会に行って来ました。 | トップページ | 今年もサンタ追跡は2WAYで。 »

2014年12月 1日 (月)

選挙には行きませう。「声を上げないところ」が「しわ寄せされるところ」です。

さて、今年の師走は思いもよらず選挙の月となりました。

最新事例解説 すぐわかる選挙運動(改訂版) ―ケースでみる違反と罰則―インターネット選挙対応 池上彰の選挙と政治がゼロからわかる本 (河出文庫)

そういうわけで、選挙権のある人はもれなく投票すべきであります。

私の「一票ぐらい関係ない」とか、「どうせ何も変わらない」とかは、はっきりと間違いです。

(あなたが選挙にいかないと、投票するのは特定の組織や団体、集団ばかりになってしまいますよ)

特に日本における政治は、昔からよく言われるような「金持ち優先」(もしそうなら、相続税はもっと安いはずですが、現実には今後さらに高くなります)でも、また、いわゆる「社会主義的」(日本は計画経済ではないし、福祉増進はまともな国なら当たり前ですが、わが国の福祉は最近はあまり前進してません)でもありませんもっとも、日本の政治や行政は「官僚主導的」ではあります。

では、官僚の諸君や役所と仲良しの政治家はどこを見て仕事をしているかといえば、漠然として主体の見えない国民とか納税者ではなく、直接にはっきりと「注文」や「陳情」をしてくる「圧力団体」です。

語弊を恐れずに言えば、日本の政治・行政は「クレーマー」(圧力団体)優先です。

組織というのは、大きくなれば民間でもそうですが、平穏なときは日常業務を淡々と(惰性で)続けるだけです。みんなが勝手をやると収拾がつかないので、政府や役所というのは基本的に「受け身」です(裁判も訴訟が提起されなければ行われません)

しかし、何かクレームがあれば、それに「対応」します。要はそれだけのこと。そして、日本で代表的な圧力団体が、主に東京にあり、霞ヶ関や永田町に「直接」乗り込める「財界」とか「巨大労組」、いわゆる「市民団体」などというわけ(外国政府の場合もあるかな。「陰謀」ではなく正式な「要望」がよくある)。

右か左か金持ちか貧乏かは、あんまり関係ないです(こういう分類なら公務員諸氏も一般人と同じ)。

いずれも大多数の一般国民とは感覚がやや違いますが、日常的にこういう団体が政治家や行政に圧力をかけ続ければ、政策が変わっていくこととなります。

そして、政策変更の際の不利益な側面(しわ寄せ)は、弱いというよりは「声を上げない」「苦情や文句を言ってこないところ」に一番にいくこととなります(思いもよらぬ抵抗があれば、また別のとこにいくわけ)。簡単に政策は「悪い方に変わります」(圧力をかけたもん勝ち、ということ)。

こういうわけですから、自分の声やクレームを政策に反映させたいならば、現代のわが国は言論が自由な国なので、方法はいろいろあるわけですが、普段そのようなゆとりがないという方も、最低限、投票ぐらいはすべきだということになります(司法の世界でも「自らの権利の上に居眠りしている者」は保護してくれません)。

そうでないと、いずれは、「文句を言わない国民」は「何も言わせない国民」にされてしまう可能性が少なからずあります。

税金や強制的な義務ばかりあって、何も言えない社会など御免だし、間違いなく経済も停滞するし、世の中全体が刑務所のようになってしまうのは、先の読めない一部の権力亡者か政治的マゾヒストを除き、誰も望まないでしょう。翼賛議会”は不要です。

また、政治家は理想的一般論で動くことは滅多になく、結局は「自分に投票してくれる(当選させてくれる)」選挙民のために活動しやすいものです。

そういうわけなので、選挙には必ず行きましょう。

「資料 政・経 2014」 倫理資料集―ソフィエ 智を学び夢を育む ズームアップ現代社会資料〈2014〉

なお、12月10日からは「特定秘密保護法」(外国のスパイより、同胞の日本国民に矛先が向いてる気がする)が施行されますが、12月10日は「人権デー」でもあります。

人権は自分自身の問題です。悪いことをした時に裁判の時だけ問題になるのでありません。もし、自分には関係ないと思っていたら、平和ボケ以上に、社会認識が「甘い」ですよ。世間も役所の権力も「厳しい」ものなのです。

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

|

« 第12回高松一高関東同窓会に行って来ました。 | トップページ | 今年もサンタ追跡は2WAYで。 »

日々雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 選挙には行きませう。「声を上げないところ」が「しわ寄せされるところ」です。:

« 第12回高松一高関東同窓会に行って来ました。 | トップページ | 今年もサンタ追跡は2WAYで。 »