« 「東京みなと祭」見てきました。 | トップページ | 大阪・姫路写真レポート。 »

2015年6月 1日 (月)

空飛ぶ大人の遠足。東京―大阪・姫路、日帰りだ!

Dsc_1932a
(※青空に映える姫路城=白鷺城)

5月の月末の日曜日、例によって、飛行機で羽田から大阪(行き・伊丹、帰り・神戸の各空港)を日帰りしてきました。とりあえず、その速報値…です(地震か?)。

※機材変更のお陰で羽田―伊丹便で初めてB787に乗りました(これは同型機。本来の予定はB777で、予約席も変更になり、機体の右窓側のはずが左側に。富士山見えなかったです…)。
Dsc_1550

最大の目的は、平成の大修理が終わったばかりの姫路城の見学で、天気がちょっと心配でしたが、結局、曇りから午後には青空が広がって、大変良かったです。また、姫路駅周辺は再開発が進んでいて、アーケード商店街も賑やかで、街並みや姫路城公園周辺もきれいだし、活気がありました(JR姫路駅の城と反対側方面は、普通のビルばかりで、ちょっとさみしい感じ)。

Dsc_1590

姫路行きに先立って、午前中は大阪を訪問。大阪では先日展望台に上がった日本一の高さのビル「あべのハルカス」内にある美術館「昔も今も、こんぴらさん。」展というのをやっていて、円山応挙の襖絵など、讃岐の金刀比羅宮の名宝を展示しており、これらは、正月等に地元の金刀比羅宮の宝物館などで公開された場合は、大行列になって、とても見られないので、こういう県外での公開の機会に敢えて見に行った次第。

で、展示品には金毘羅大権現(海の神様です)に願掛けした流し樽(海上安全を祈願して海に流す樽。拾った船の人が琴平宮に代わりに届けるという習わし)が展示されていたのですが、ニつあるうちの一つが、先日・第67回東京みなと祭」に来ていた海自の護衛艦「ゆうぎり」のもので、大変興味深かったです。

ちなみに、同美術館の次の催しはムーミンの作者「トーベ・ヤンソン」氏展です。

Dsc_1603

それから、「あべのハルカス」の次に、大阪駅の近くにある「日本一の大書店」、ジュンク堂&丸善・梅田店(チャスカ茶屋町店)を覗いてきましたが、大阪駅・梅田駅周辺は、東京で言えば、東京・新宿・渋谷の各駅周辺がいっしょくたになったような大繁華街で、駅からちょっと離れるともう道が分からなくなって往生しました。

P1040052

それで、梅田・茶屋町の道端でチラシを配っているアルバイトらしき女性に、JR大阪駅への道順を尋ねたのですが、後でよくよく考えてみると、チラシ(フライヤー)の内容の本人の池田真子さんという若い歌手の方だったようでした。いろいろ大変そうですが頑張っているようです。

今回の「空飛ぶ遠足」のご報告は、また後日に(1日中歩き通しで疲れた)。

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

|

« 「東京みなと祭」見てきました。 | トップページ | 大阪・姫路写真レポート。 »

■B級カメラ道」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

身辺雑記・ごあいさつ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567536/61676768

この記事へのトラックバック一覧です: 空飛ぶ大人の遠足。東京―大阪・姫路、日帰りだ!:

« 「東京みなと祭」見てきました。 | トップページ | 大阪・姫路写真レポート。 »