« あんもち雑煮と雑穀もち | トップページ | 下町ボブスレーでCOOL RUNNINGS! »

2016年1月16日 (土)

「浦沢直樹展」(世田谷文学館)観てきました。

U01

「パイナップルARMY」「YAWARA!」「Happy!」「MONSTER」「20世紀少年 / 21世紀少年」「PLUTO」「BILLY BAT」「MASTERキートン」などなど、話題作・問題作を次々と発表されている漫画家の浦沢直樹氏の初の本格的展覧会(個展)が、東京・世田谷文学館で開かれているので観てきました。

*「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる」(一般一人800円)2016年1月16日(土)~3月31日(木)

*世田谷文学館ツイッター(@setabun)

*浦沢直樹_スタジオ・ナッツ公式情報 ツイッター

U02

京王線・芦花公園(ろかこうえん)駅から徒歩数分。閑静な住宅街の中にある文学館で、1000点を超える作品の原画や、少年時代の作品、学生時代の練習画、連載漫画以外のイラスト等の作品、そして、音楽活動など、広範な展示内容でした。

P1040210 P1040209

※↓世田谷文学館全景と入口のイラスト。
P1040211

P1040212

デビュー前の修行時代では、手塚治虫氏の画風を強く意識したらしいものが多かったことや、1980年代などにアウトドア雑誌BE-PAL小学館)に載っていた「ビーパル小僧のアウトドア教本」が浦沢氏の筆だったことに今さらながら気付かされて、興味深い展示でした。

ファンの方にはお勧めの企画展です。

(※以下の写真はロビーの様子と記念撮影スポットです)

P1040216

P1040215

P1040221

P1040220 P1040223

P1040213 P1040219

P1040214

P1040229_2

P1040226

※下は、「浦沢直樹展」特集の世田谷文学館ニュース(左/リンク先はPDF)と、「浦沢直樹展」の公式本(税込み2700円)

P1040246

浦沢直樹 描いて描いて描きまくる (原画集・イラストブック)
浦沢直樹 描いて描いて描きまくる (原画集・イラストブック)

美術手帖2016年2月号 浦沢直樹 原画集・イラストブック 漫勉

※世田谷文学館 浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる(InternetMuseum)

※館内には喫茶店「どんぐり」があり、企画展専用メニューもあります。文学館付近はもとより、芦花公園駅付近もあまり飲食店がないので、休憩・軽食はここでするのがオススメです。
P1040228

P1040228m1 P1040228m2

また、同展のチケットで、「戦後70年と作家たち」展も見ることが出来ます。坂口安吾氏や海野十三氏、三島由紀夫氏、映画監督の黒澤明氏などなどの直筆原稿や手紙などが展示されています。こちらも一見の価値ありです。

P1040247

P1040248a

P1040248b

(*下の本は参考です。今回の世田谷文学館の展示とは関係ありません)

美術手帖 2015年 09月号 私の「戦後70年談話」 戦争と文学スペシャル (集英社ムック)

参考記事 : 文学の話題2題 ― 日本SF展とアンの花子さん(2014.7/21/「日本SF展」は世田谷文学館で開催されました)

追記 : 本展覧会開催の模様が、テレビ東京系の番組「クロスロード・スペシャル」(#119「漫画家 浦沢直樹」/2016年2月20日PM10:00~)で、放映されていました(初日の紹介場面のどこかに私がおります…(^_^;) )。

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

|

« あんもち雑煮と雑穀もち | トップページ | 下町ボブスレーでCOOL RUNNINGS! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

・読書アドバイザー」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

身辺雑記・ごあいさつ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567536/63077143

この記事へのトラックバック一覧です: 「浦沢直樹展」(世田谷文学館)観てきました。:

« あんもち雑煮と雑穀もち | トップページ | 下町ボブスレーでCOOL RUNNINGS! »