« 2017年7月 | トップページ

2017年8月の2件の記事

2017年8月11日 (金)

神保町ブックカフェ散歩

東京の書店・古書店街の神保町(東京都千代田区)では、最近書店内にカフェを併設するところが増えてきましたので、そこを何軒か回ってきました。

◎↓古書@(アット)ワンダー2Fの「ブックカフェ二十世紀(神田神保町2-5-4 地下鉄・神保町駅すぐ)

Dsc_0931

エンタメ系やミステリー系の古書が充実した古書店です。

2fdsc_0929_2

2fdsc_0930

◎↓北沢書店1Fの「ブックハウスカフェ(神田神保町1-17/@ワンダーと隣接)

洋古書や絵本の専門書店です。食事をしたことはないですが、きれいなお店です。

1fdsc_0967

◎↓澤口書店・東京古書店2F「くつろぎの空間」(神田神保町1-7 源興號ビル)

Dsc0976

500円以上の古書を購入すると、自販機を無料で使えるコインをもらえます。コインがなくても100~150円で普通に自販機が使えて、見晴らしのいい2階で古書を見ながらくつろげます。

2fdsc_0817 2fdsc_0815

◎↓東京堂書店1Fの「ペーパーバックカフェ(神田神保町1-17)

Dsc_0972

大型新刊書店の1Fのおしゃれなカフェ。

Dsc_0973 Dsc_0974

◎あと、三省堂書店神保町本店の2FとB1Fにもレストラン(UCCカフェ・コンフォート/BEER膳・放心亭)があります。

※神保町周辺の地図はこちら。

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

昭和の暮らしを知るスタンプラリー

S

昨年(2016年)は、アニメ映画この世界の片隅にの大ヒットで、改めて昭和の戦中・戦後の暮らしに対する関心が高まりましたが、東京には九段と西新宿に、昭和の暮らしや引揚者の労苦を伝えるための施設があり、例年、終戦記念日もある夏休みの季節には、スタンプラリーが企画されています。各館では常設展示の他、夏季期間中の企画展も開催されており、関心のある方にはおすすめです。

※「この世界の片隅に」-すずさんのありがとう(Youtube)

*昭和館 (九段下の旧・九段会館の隣。靖国神社から坂を下ったところ)
戦中・戦後の国民生活上の労苦 昭和館

*しょうけい館(九段下、昭和館の近く。今上天皇陛下がご訪問されたこともあります)
戦傷病者等が体験した労苦 しょうけい館

*平和祈念展示資料館(これは西新宿)
平和祈念展示資料館

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ