« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月の13件の記事

2017年12月28日 (木)

科博で「古代アンデス文明展」見学。通常展示もお勧め!

東京・上野の国立科学博物館で開催中の企画展「古代アンデス文明展」(2017.10/21~2018.2/18)を観てきました(企画展のチケットで通常展示も見られます)。

アジアともヨーロッパとも全く違う古代南米の文明・文化は興味深かったです。

Ac

K1

A1

A2

A3

※古代アンデス文明展紹介動画

また、同時開催中の“智の巨人”の「南方熊楠展」と(熊楠が特に詳しかった)「地衣類展」も見ました。

A4

At

それから、科博は今まで何回か来たことがあるのですが、いつも企画展を夕方頃に見に来て、通常展示は見られなかったので、今回は通常展示ももれなく見てきました。

「地球館」と「日本館」の二つがあり、古代生物から最新技術まで見どころ満載、家族連れや子どもたちの他、外国人来館者も多く、「通常」といっても、侮れない幅広い内容でした。

K2

K3

K4

K5

K6

K7

K8

K9

K11

K10

Dogs

Kd51

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「衝撃のスター・ウォーズ展」見てきました。

東京新橋・汐留の日テレタワーで開かれている「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」公開記念「衝撃のスター・ウォーズ展」(2017.12/22~29・入場無料)を見てきました。

S1

S2

S3

S4

S5

07

まあ、「最後のジェダイ」を一言で言えば、言葉のイメージどおりの意味で「ディズニー映画」。シンデレラとリロ(「リロ&スティッチ」のリロ)が、「アナ雪」×「アラジン」の筋立てで活躍するお話。現代版古代神話風だった今までのS.W.シリーズとはかなり趣が違うので、賛否両論があるのは無理もない感じです。とはいえ「家族で見られる作品」にはなっています。

そういえば、ちょうど昨年の今頃、同じこの場所で「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」公開記念の「もうひとつのスター・ウォーズ展」をやってました。

S6

参考記事 :

・映画のアニメ・特撮モノの当たり年だった2016年。(の、中間部分。2016.12/27)

・クリスマス・ナイトは…“ディズニーの”「スター・ウォーズ」を観ました。(2017.12/25)

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月25日 (月)

クリスマス・ナイトは…“ディズニーの”「スター・ウォーズ」を観ました。

「スター・ウォーズ 最後のジェダイ(Ep.8)」観てまいりました。

Star_wars_the_last_jedi
(※劇場用パンフレット・税込み1000円。152分)

ん~~~~一言で言って「ディズニー・ストーリーの詰め合わせ」。やっぱり、「スター・ウォーズ・オブ・ザ・ディズニー」なのでした。

主役は前作「フォースの覚醒」同様、フォースに目覚めた(昭和SF風に言えば超能力を持ったエスパーかな)若くてきれいなレイ(デイジー・リドリー)で、これは「シンデレラ」のシンデレラ系

で、準主役はダース・ベイダーのあとを継ぎたかったカイロ・レン(アダム・ドライバー)でも、ストーム・トルーパーを脱走したフィン(ジョン・ボイエガ)でも、名パイロットのポー・ダメロン(オスカー・アイザック)でもなく、女性整備士でまんまる顔のローズ・ティコ (ケリー・マリー・トラン)。話の中盤3分の一くらい、フィンと一緒に大活躍。

つまり、こちらは「リロ・アンド・スティッチ」のリロ系なのでしょう。

で、その他の方々は、もはやルークもレイアもヨーダも森の精霊とか魔女扱いだし、ポー・ダメロンのようにハンサムであってもお気楽2枚目キャラ扱い、まして人間以外の異星人は森の小人かゴブリンの役回りに。

キャラの違う女性2人が話の中心軸にいて、それぞれ波乱万丈な体験をするというのは「アナと雪の女王」をちょっと連想しました。男の方のハンサムガイが、真面目そうだけど悪人、いいヤツだけどお調子者と2タイプ登場するとこも似ています。

要するに「中心女子」が、周りの人を引っ掻き回したり、助けられたりしながら、何かを成し遂げようと東奔西走するという筋立て。シリーズ物なので、単発のディズニー作品のようにハッピー・エンドばかりとは行きませんが、かなりそれに近い作りです。

◎後から追記 : 悪い権力者と戦う純朴なヒーロー・ヒロインのディズニーの冒険物語といえば「アラジン」。“魔法”も“精霊”もいっぱい出てくるし、絨毯で空を飛べるし、そうかあ、本作はやっぱり「ディズニー・ウォーズ」だったのね。

また、作中で、ダーク・サイドを継承するつもりらしいカイロ・レンが言ってましたが「古いものは滅ぼす」という感じで、全体的に旧世代引退のお話でもありました。

まあ、1977年の最初の「スター・ウォーズ」(Ep.4 新たなる希望)は、ジョージ・ルーカス監督が「家族で見られる健全なスペース・オペラにしたい(それまでスペース・オペラものはセクシー路線が多かった)」(「インディ・ジョーンズ」シリーズについても単純な娯楽作品にしたい)といってたのに、その後、ルークとダース・ベイダーが親子だったという設定になってから、やたら血筋が絡んだりして、どんどん重い話になってきていたので、初心の精神からすれば、本作は原点に近いのかもしれません。

「健全娯楽作品」か「新たなる神話」か、ということで、「スター・ウォーズ・シリーズ」のファンの間で賛否両論になるのは分かる気がします。

私は、まあ、どっち系の話も観ますけど。(^_^;)

*関連記事 : 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」観てきました。(2015.12/28)

それと、ディズニー作品ではないですが、一般論で言えば、田舎の普通の若者が旅に出て、善と悪の壮大な争いに巻き込まれるという点では「指輪物語」「ロード・オブ・ザ・リング」「ホビット(の冒険)」に通じるものもあるような気もします。

※「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」本予告

【Amazon.co.jp限定】 スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) (Amazonロゴ柄オリジナルケース付) [Blu-ray]

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray] ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

シンデレラ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray] リロ&スティッチ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

アナと雪の女王 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray] アラジン ダイヤモンド・コレクション MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

ロード・オブ・ザ・リング 劇場公開版 ブルーレイ コンプリート・セット(初回仕様/3枚組) [Blu-ray] ホビット 劇場公開版 ブルーレイ コンプリート・セット(初回仕様/3枚組) [Blu-ray]

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

…それにしても、ファースト・オーダーは見かけだおし。なんやねん、あのオッサンは。まさにディズニー・アニメに出てくる(オマヌケ)悪役。あの程度の者にすぐ権力を乗っ取られた共和国のみなさんも反省が必要です。で、真っ赤っ赤な日本の甲冑みたいなのを着た衛兵(エリート・プレトリアン・ガード)がチャンバラをたくさん見せてくれるけど、よくよく考えると本来の任務を全く果たせていないという話なのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月24日 (日)

イブの夜に…「GHOST IN THE SHELL」\(^o^)/

…を、今ごろ名画座で見てきました。

Ghost_in_the_shell
(パンフレット・税込み720円。本編106分)

*「GHOST IN THE SHELL」公式サイト

甲殻類が好き!・・・もとい攻殻機動隊の待望の実写版。押井守監督のアニメ版劇場映画第1作へのリスペクトが随所に見られますが、全体的には「攻殻機動隊」というより「ロボコップ」みたいかも。ビジュアル的には立体ホログラム広告で埋め尽くされた大都会の風景が印象的。

仮想世界が繁雑に出てくるので「マトリックス」を連想する風味も少々。

「私は誰?」とか「現実と仮想の間」「肥大化した企業の横暴」というテーマを追求すると、どうしてもこうなってしまうのかもしれません。これらのテーマはアメリカ映画としては外せないのでしょう。

いろいろな「処置」をする際に、いちいち「同意」の確認のシーンがあるのも、個人の意思確認や情報セキュリティにうるさいアメリカならではかも。

アニメ版ではチーム・リーダーとしての「少佐」の強い個性が際立っていましたが、本作ではテーマが変わって、「少佐」の自我が揺れ動いてます。

スカーレット・ヨハンソンの少佐(素子。最初のうちはミラ)は悪くないです。他に適役もなかなかいなさそうだし。

ピルー・アスベックのバトーはかっこいい。ヨン・ハンのトグサははまり役でした。荒巻をビートたけしが演じているが、やはりどうも「アウトレイジ」のイメージが…。

それより何より、クレジットがほとんど見当たらないが、桃井かおりが出ていて、台詞が全部英語だけどこの演技が良かったです!

本作自体は及第点という感じでしたが、この作品の関係者は今後他で活躍してくれそうな気がする一作でした。

※『ゴースト・イン・ザ・シェル』 本予告

ゴースト・イン・ザ・シェル ブルーレイ+DVD+ボーナスブルーレイセット [Blu-ray]

ghost in the shell 25th Anniversary 攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL 日本語対応[Blu-ray][Import]

攻殻機動隊 (1)    KCデラックス 攻殻機動隊 PERFECT BOOK 1995→2017

ロボコップ ブルーレイコレクション(4枚組) [Blu-ray]

The Matrix [Blu-ray] アウトレイジ [DVD]

*全然関係ないけど、こちら↓は、クリスマス・イブの夜にスクルージおじさんのとこに3人の「ゴースト」が現れるお話。(^o^)

3人のゴースト [レンタル落ち] クリスマス・キャロル [Blu-ray]

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

(※パンフレットの裏表紙 ^_^; )
Ghost_in_the_shell_ura

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フリーマガジンで肉料理特集。対談で「島の害獣」をジビエに。

Metromin

現在配布中(2017.12/20~)の東京メトロ(地下鉄)のフリー・マガジン「メトロ・ミニッツ」(2018年1月号)は「肉料理」特集。

いや~おいしそうだけど、この歳で肉ばっかり食ってたら痛風とかになりそう…と、それはさておき、意外にも「小豆島」を舞台に対談記事が。

「世界屠畜紀行」の内澤旬子さん、東洋オリーブ社長の南安子さん、料理研究家の松田美智子さんという豪華な顔ぶれ。

今の小豆島では猿・鹿・猪、そして、ヌートリア(!)が暴れまくって被害を出しているので、(猿以外の)これらをジビエなどに利用できないか、鹿がオリーブの幹の皮を食べてしまうがその木では実の生育が早まった…などなど興味深い内容でした。

世界屠畜紀行 THE WORLD’S SLAUGHTERHOUSE TOUR (角川文庫) 東洋オリーブ トレアオリーブ油ギフトセット273g×2本セット

日本の味 ジビエ・バイブル

アニマル・ウォッチング―日本の野生動物 ヌートリア スナップ写真集

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月16日 (土)

米空軍と空自の音楽隊合同で「Christmas Special Concert 2017」

2017年も年の瀬になりました。12月15日の夕方、東京・千代田区の神保町三井ビルで、米空軍太平洋音楽隊と空自中央音楽隊合同のクリスマス・スペシャル・コンサートが開かれていました。

Dsc_2122

ビルのホールを会場にして、入場料なし・出入り自由のフリーコンサートでしたが、ゲストにサックス奏者の永井香織さんとボーカリストの堀信之さんを迎え、非常に盛り上がっていました。(2部構成だったが、仕事が長引いて1部は聞けなかった。残念)

20171215

Dsc_2117

Dsc_2116

Dsc_2126

Dsc

米空軍音楽隊の人は演奏後に近くの聴衆と次々握手をしたりして、アメリカ人らしい気さくさでしたが、挨拶のとき(もちろん英語)は空自のことをAir Forceではなくわざわざ“Jieitai"と言っていて、公の場所では気を使っているのが分かって興味深かったです。

下の写真は神保町三井ビルの入口付近のイルミネーション。遠くに三省堂の辞書広告のネオンが見えています。

Dsc_2120

追記 : 自衛隊の新聞「朝雲」にも記事が載ってました。
*空音と米空軍音楽隊 Xマスコンサート 陸自隊員の子息、堀さん熱唱 (2017.12/15)

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月 7日 (木)

JR東京駅丸の内駅前広場リニューアル&KITTEのクリスマス

Tokyostekimaehiroba_from_kitte

長らく工事中だったJR東京駅丸の内口の駅前広場のリニューアル工事が終了し、本日(2017.12/7)供用開始になりましたので、夜になってしまいましたが見てきました。

駅前を占領していた工事機材などがなくなり、皇居からJR東京駅まで伸びる「行幸通り」も整備され、東京駅の丸の内側が何年かぶりですっかり見違えるようにきれいになりました。

また、隣接する、東京中央郵便局が入る日本郵政のJPタワー・KITTE では「WHITE KITTE」ということで、クリスマスのホワイトツリーのライトアップイベントなどが行われていました。

*東京駅 丸の内駅前広場リニューアル 「行幸通り」と調和(毎日新聞 2017.12/7)

※東京駅から皇居への馬車列復活へ 丸の内広場改修完成で(朝日新聞 2017.12/1)

※行幸通り
Gyokodori_2

※行幸通りの地下通路
Gyokodorichikatuuro_2

※JR東京駅丸の内口・駅前広場
Tokyostmarunouchiguchi

Tokyostchyuouguchi

Marunouchiekimaehiroba

※JPタワー・KITTE6階の展望テラスから。
Marunouchisidebuilding

Tokyostation

※JPタワー・KITTE・東京中央郵便局と内部のクリスマスツリー
Jptowerkitte Kittetrees

White_tree Snow

Biscotree Whitekitte

※郵便局エリアの「ぽすくま」くん(左)と「ぽすこぐま」
Posukumaposukoguma

※JR東京駅丸の内駅前広場はここ。

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧海軍の艦艇5隻を海底で発見!

おととし(2015年)、フィリピンのシブヤン海で旧日本海軍の戦艦「武蔵」を発見した、マイクロソフトの共同創業者のポール・アレン氏のチームが、このたび、1944年のレイテ沖海戦で沈められた戦艦「山城」「扶桑」、駆逐艦「満潮」「朝雲」「山雲」の5隻を海底で発見したとのことです。

*戦艦「山城」「扶桑」などか フィリピン沖海底で発見(NHK NEWS WEB 2017.12/7)

*戦艦山城など5隻か=比沖で旧日本軍の艦艇発見―米チーム(JIJI.COM) 2017.12/7)

学問的な検証のほか、戦没者の遺品回収などもできるかもしれないし、いくら大富豪とは言え、沈没船を探索する熱意には驚かされます。

扶桑型戦艦―帝国海軍初の超弩級艦「扶桑」「山城」、その誕生と最期 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ (30)) 艦船キットコレクションvol.6 スリガオ海峡 [4B.駆逐艦 山雲/満潮/朝雲(3隻セット) 洋上Ver.](単品)

日本軍艦ハンドブック (光人社NF文庫) 日本海軍艦艇大図鑑 (宝島SUGOI文庫)

関連記事 : 戦艦「武蔵」発見!(2015.3/4)

それにしてもレイテ沖海戦のわが方の損害は甚大ですね…。

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「平成29年 秋季皇居乾通り一般公開」行ってきました。

Top

皇室の話題が多い昨今ですが、先日、平成29(2017)年秋季皇居乾通り一般公開」(12月2日~12月10日の9日間)に行ってまいりました。

坂下門から入り、乾門または東御苑からまわって北桔橋(きたはねばし)門まで約30分ほど。

警官がたくさんいて、坂下門までの距離が最寄りの駅から遠いですが(徒歩15分くらい)、入場時に簡単な手荷物検査があったあとは、ルート内を概ね自由に散策できました。

宮内庁職員も案内にたっていて、仮設トイレも十分用意されていました。

少し寒かったですが、爽やかな秋晴れで、紅葉は美しく、多くの人が皇居内探索を楽しんでいました。

関連記事 :

皇居東御苑の「富士見多聞」の内部などが公開。(2016.11/15)

皇居乾通りの一般公開に行ってきました。(2015.12/16)

01koukyomaehiroba

02tenimotsukensa

03sakashitamon

04kunaicho

05kyuden

06inuidori

07monnagaya

08kouyou

09fujimitamon

0910wakaremichi 15routemap

10hasuikebori

11tensyudai

12tensyudaiura

13kitahanebashimondsc_2014

14hirakawabori

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 5日 (火)

クリスマス・ディスプレイ2017「銀座・有楽町」特集

昨日(2017.12/4)、「日本橋三越本店」のクリスマス・ディスプレイを見てきましたが、高校の同窓生仲間に銀座三越のサンタもすごいと教えてもらったので、仕事帰りに銀座・有楽町に寄ってみました。

Ginzamitsukoshi02

もっとも、銀座三越のサンタ・クロース&トナカイ・ソリのディスプレイをスマホで撮影すると、サンタの顔の部分が照明でとんでしまいましたが…。

Ginzamitsukoshisanta01

Ginzamitsukoshib Ginzamitsukoshia

Ginzamitsukoshi

Tenshodobuilding

Tenshodoangelfront Tenshodoangelback

Yurakuchomickey_mouse

Yurakuchominnie_mouse

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

クリスマス・ディスプレイ2017「日本橋三越本店」特集

Dsc_1902

さすがは日本橋三越本店のクリスマス・ディスプレイ。1店舗でこれだけ凝っているのは珍しいと思って、写真に収めてまいりました。

Dsc_1903

Dsc_1904 Dsc_1905

※↓中央通りに面したディスプレイは、サンタクロースが準備して出発するまでのシリーズ展示になっていました。

Dsc_1906

Dsc_1907

Dsc_1909

Dsc_1911

Dsc_1912

Dsc_1919

Dsc_1915

Dsc_1916

Dsc_1917

Dsc_1918 Dsc_1924

Dsc_1922

Dsc_1923

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 2日 (土)

毎年恒例!NORADのサンタ追跡。

1955年から続くNORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部)サンタ追跡。近年は“北”のICBMが飛んだりして宇宙も物騒になってきましたが、今年で62周年を迎えました。

*「サンタは実在します」と米空軍(ITメディア・ニュース 2017.11/7)

NORAD Tracks Santa サイト(日本語あり)

Norad_tracks_santa2017

*NORAD Tracks Santa (YouTubeのチャンネル)

※NORAD Tracks Santa 2017

2007~2011年の間は「サンタの追跡ライブ」はGoogleのワールド・マップでしたが、2012年からマイクロソフトのマップになり、Googleの方は独自にサンタ追跡サイトを公開。今年もやってます。

*Google Santatracker サイト(こちらも日本語あり)

宇宙の利用はどんどん進んで、地球周辺もいろいろ混雑してるだろうと思いますが、サンタが安全に飛び回れる世界であってほしいものです。

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 1日 (金)

東京の街かどクリスマス・ツリー巡り

Top_yurakucho

2017年も早くも12月に。クリスマスを前に東京の街角で見かけたクリスマス・ツリー、リースなどを集めてみました。

Yurakucho_building

Omoribellport_wreath

Jinbochombwreath

Otemachi_building Otemachi_tower

Sankei_building Palace_side_building01

Palace_side_building02

Yaesu_basement_shopping_mall Yebisu_garden_place

Yebisu_garden_place_mitsukoshi Yebisu_garden_place_baccarat_eterna

Ygp_baccarat_eternal_light

Yebisu_garden_place_gate

Yurakucho_itocia Yurakucho_marui

Yurakuchodd Jinbocho_mitsui_building_ct

Jinbocho_mitsui_building_p

Atre_oimachi Omoribellport_tree

Omoribellport_clock Omoribellport_gate

Nakano_broadway

Oomorisannoend Oomorisannoenn

※↓おまけ。JR大井町駅前にあった、品川区観光大使のサンリオ・シナモロールの像

Cinnamoroll_shinagawa_tourism_ambas

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »