« 「山と渓谷」が創刊1000号に。 | トップページ | 「キネカ大森」がリニューアル・オープン。 »

2018年7月 9日 (月)

「特別警報」再掲。

この度の「平成30年7月西日本豪雨」で被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。

今回は、数十年に一度の災害になる恐れのある気象警報の「特別警報」が数日に渡って出続けるという凄まじい豪雨でしたが、この特別警報は2013年(平成25年)8月30日から始まったもので、一般国民にもマスコミにも、恐ろしさがそれほどピンときていないような印象なので、微力ながら、以前書いたブログの関連部分を再掲します。

 * * * * * * * 

2013年8月30日から、近年、従来の想定を超える大型災害が相次いでいることから、気象庁の「特別警報」が始まりました。

・政府インターネットテレビ 「平成25年8月30日から特別警報がはじまります」

Image

※雨アラーム(スマホのアプリもある)

*国土交通省 防災情報提供センター

*川の防災情報(洪水情報も)

*国土交通省ハザードマップポータルサイト

*気象庁のHP

※政府インターネットテレビ・防災チャンネル
「防災気象情報がきめこまかくなりました~風水害から身を守ろう」

それから、被災者の今後の公的な生活支援が必要なのはもちろんで、また、災害時も、国民の側は警報を聞いても避難するしか手がないわけですが、日頃の防災対策として、砂防ダムや川の堤防の整備の見直しなど、むやみに公共事業を悪者にするのではなくて、しっかりとした公的な防災事業を継続してもらいたいものです。

道路や改修河川で天災による事故が起きた場合、予算不足で対策できなかったというのは、裁判所も認めてくれないのが判例のようですし。

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

|

« 「山と渓谷」が創刊1000号に。 | トップページ | 「キネカ大森」がリニューアル・オープン。 »

・防災ボランティア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567536/66923947

この記事へのトラックバック一覧です: 「特別警報」再掲。:

« 「山と渓谷」が創刊1000号に。 | トップページ | 「キネカ大森」がリニューアル・オープン。 »