カテゴリー「旅行・地域」の322件の記事

2019年5月20日 (月)

JR大森駅東口広場の整備工事が始まりました。

2019年5月20日、少女像や縄文土器の大型オブジェの噴水がある、東京・JR大森駅東口駅前広場(バスターミナルの隣りにある交通島)の整備工事が始まりました。工期は2020年2月3日までの予定。

Dsc_4443

Dsc_4444

 大森駅水神口から線路沿いに北側に伸びる水神公園や自転車置き場はすでに再整備工事が終わっており、従前からあった桜並木も維持され、快適な空間になっています。

また、いずれは飲み屋街「地獄谷」で有名な西口(山王側)の再開発も予定されており、城南の大田区・品川区全体の再開発の一環ではありますが、大森駅周辺の再開発事業がついに本格化しました。

東口公園の再整備工事では、噴水や段差を解消し、少女像や土器のオブジェは撤去・保管、年間を通して数々行われるイベントの際の使い勝手が良くする計画のようです。

もっとも、来年の東京オリンピック・パラリンピックの時期には間に合ってお祝いムードの中で、いろいろイベントが開催されると思いますが、当然ながら、大井・大森夢フェアはじめ、DDTプロレスの”無料興行”で人気のUTANフェスタなど、特に秋ごろ行われる今年のイベントの数々は中止になるでしょうから、ちと寂しいですね(ひょっとしたら、近所の大森ベルポートのアトリウムで開催されるかも知れませんが)。

工事終了後は、さらに賑わってほしいですね。ちなみに、公衆電話BOX脇の喫煙所は残ってます。大田区・品川区とも、歩きタバコは禁止です。ついでに、歩きスマホも危険です。

 *大森駅東口駅前広場の暫定整備計画(大田区・2018年7月)

 *大井水神公園改修工事について(品川区・2018年2月 リンク先はPDF)

 *地獄谷が消える!? 隠れた高級住宅街「大森山王」(ダイヤモンド・オンライン 2019.1/31)

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年5月 5日 (日)

大森音楽の広場 Vol.9 が開催されていました。

Dsc_4399

史上初の公休10連休も終盤に近づいた令和元年(2019年)のこどもの日の5月5日、東京は大森のJR大森駅東口広場で、第9回目となる大森音楽の広場が開催されていました。

当日は過ごしやすい天候で、いつものようにキッチンカー屋台も集結して、終日多くの聴衆で賑わっていました。

Dsc_4397

Dsc_4398

Dsc_4401

Dsc_4402

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年5月 2日 (木)

うどん県への令和勅使は実現するか?

天皇陛下の御代替わりのあった本年(2019年)は、讃岐に配流された崇徳天皇が亡くなられてから855年になります。

明治天皇即位礼のときに、昭和天皇は前回の東京オリンピックの年(1964年)の崇徳天皇800年祭のとき、それぞれ勅使香川県の崇徳天皇白峰御陵(坂出市の白峯寺)に使わされたとの由。そのためかどうか、例によって水不足だったその年の香川はすぐに雨に恵まれたとか(ピクシブ百科事典・崇徳上皇より)。

※崇徳天皇御肖像(Wikipediaより)
Emperor-sutoku 

というわけで、来年(2020年)は再び東京五輪だし、瀬戸内国際芸術祭2019が11月4日まで開催中だし、新天皇陛下は水問題・瀬戸内海運史にも造詣が深いとのことだし、国内外の平和と天変地異のないこと、来年の東京五輪の成功などを祈念するため、今年10月22日に即位の礼のある新天皇陛下が水問題(渇水や洪水や水利権)でいろいろと話題(問題と対立)の多い四国うどん県再度勅使を派遣されればいいなあ、と思ったりする今日このごろでした。

水研究、原点は瀬戸内海 新天皇陛下(2019.5/1 中国新聞)

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ 

| | コメント (0)

2019年4月 7日 (日)

池上本門寺へ「春詣」に行ってきました。

平成(31年)も最後の月、2019年4月7日、毎年恒例となっている池上本門寺の「春詣(春まつり)」に行ってまいりました。今年は気候も穏やか、桜も満開で、多くの来場者で賑わっていました。

T

A

ちなみに、翌日の4月8日はお釈迦様の誕生日です。

1

2

3

4

5

6

7

※↓五重塔の特別開帳。

8

9

10

11

※春祭りフェスティバル会場では、多くの模擬店が出ていましたが、今回は東北復興支援ということで「すいとん」をいただきました。また、これを食べていると、地元・大田区のレコード会社「トランジスターレコード」の方にお声がけいただき、本日も所属歌手の方が出演されていたとのことでした。

12

13

※↓お坊さんによる(砂糖の入ってない)甘茶のサービス。左の行列は、大堂内に設けられたお釈迦様の像に甘茶をかけて願を掛けるコーナーへ参るために並んでいる方々です。

14

※↓春祭りフェスティバルで熱唱するシンガーのMadokaさん。

15

関連記事 :池上本門寺の春まつりに行って来ました。(2012.4/8)

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年4月 4日 (木)

特別展・両陛下の「国民とともに歩まれた平成の30年」展(日本橋高島屋)を見てきました。

Dsc_4161

天皇、皇后両陛下の平成の歩みを紹介する特別展「国民とともに歩まれた平成の30年」毎日新聞社主催宮内庁侍従職特別監修/平成31年4月3~21日・無料)が東京の中央区・日本橋高島屋で開催されていたので見てきました。

*特別展「国民とともに歩まれた平成の30年」開幕 両陛下の足跡たどる(毎日新聞 2019.4/3 有料記事)

高島屋のロビーに儀装馬車の実物が展示されていて、こちらだけ撮影可能。8Fの本館ホールの展示場で両陛下の様々な公務の歩みの写真の他、御束帯・御装束、陛下のご稲作道具、記念工芸品のボンボニエール(菓子器)、全国の都道府県からの献上品などの実物が展示されていて興味深かったです。

Dsc_4152

Dsc_4155

Dsc_4159

Dsc_4166

また、日本橋周辺では桜が満開で、こちらもたいへんきれいでした。

Dsc_4170

ちなみに、主催の毎日新聞の本社ビル(千代田区のパレスサイドビル)では、周辺に桜の名所が多いので、この季節は桜の名所ガイドと販促資料の配布コーナーが設置されますが、その隣で、今年は同社制作の皇室関係の写真集・図録などを販売するコーナーもできて、お買い上げの方々には新元号「令和」発表の号外が付録(?)でついてきたみたいです。(^_^;)

参考記事 : 日本橋・高島屋で「天皇皇后両陛下の80年展」観てきました。(2014.10/23)

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年3月17日 (日)

北区の文学話二題。内田さんとキーンさん。

田端文士村記念館もある)など、実は文学と関係の深い東京都北区。昨年(2018年)3月に、浅見光彦シリーズで有名な推理作家の内田康夫さん、今年(2019年)に入って、2月に日本文学者のドナルド・キーンさんと、北区にゆかりの深い巨頭があいついで亡くなられてしまいましたが、両氏を記念する展示会と、資料室がありましたので見てきました。

Dsc_4061

ちなみに、内田氏は北区西ケ原生まれ、キーン氏は日本では同じ西ケ原に住んでいました。

いずれも、JR(または地下鉄・都電)王子駅利用です。すぐ近く(「北とぴあ」)と、徒歩約20分かコミュニティ・バス利用(「北区立中央図書館」。別名「赤レンガ図書館」。現代の建物と昔の赤レンガ倉庫を改装したカフェを連結しています。設備は充実しています。ちなみに自衛隊十条駐屯地の隣)です。

まずは、「野想忌(やそうき)」追悼特別企画展「思い出の内田康夫~北区~」から(「北とぴあ」で2019年3/13から3/31まで)。

内田康夫さんの足跡しのぶ 死去1年 出身の北区で特別企画展(東京新聞 2019.3/16)

Dsc_4048

Dsc_4059

Dsc_4063

Dsc_4060

Dsc_4049

Dsc_4046

 

それから、北区立中央図書館の「ドナルド・キーン・コレクションコーナー」。キーンさんが北区に寄贈した書籍や資料などの展示室です。同氏がこの2月に亡くなられたばかりなので、追悼の展示もありましたが、他の利用者とか書籍が写り込むとだめなど、撮影は規制が厳しかったので写真はあまりありません(職員に断って撮影しています)。

中央図書館「ドナルド・キーン コレクションコーナー」(キーンさんが寄贈した資料の展示室/北区立図書館)

Dsc_4071

Dsc_4070

Dsc_4069

Dsc_4064

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 1日 (金)

弘明寺(ぐみょうじ)に行ってきました。

Gumyouji

先日、横浜方面に用事があったので、せっかくなので横浜市最古のお寺にして、弘法大師にもゆかりのある「弘明寺」(ぐみょうじ)を参拝しました。

Dsc_3854

お寺は京急・弘明寺駅のすぐ前で便利。弘明寺と地下鉄弘明寺駅との間には活気のあるアーケード商店街があり、周辺は昭和レトロ感が満載。昔ながらの駅前の本屋さんも営業していて、なかなか興味深かったです。

Dsc_3855

Dsc_3857

Dsc_3859

また、帰りに食事をしようと隣駅の京急・上大岡(自分の頭の中では東急・大岡山とよくごっちゃになって困る)に寄りましたが、落ち着いた雰囲気の弘明寺界隈と違って、こちらはターミナル駅的な大都会で大変な賑わい。初下車だったので、びっくりしてしまいました。

Dsc_3867

Syoutengai

Kanban

Street

↓※こちらは上大岡駅かいわい。

Kamiooka

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 3日 (日)

日曜日で晴天。池上本門寺の節分追儺式。

Top_2

今年(2019年・平成31年)は6年ぶりに日曜日の節分。天気も晴天で寒さも和らいでいましたので、平成最後となる池上本門寺の節分追儺式(ついなしき/豆まき)に行ってきました。

※↓今年の福男・福女のみなさんが参道を通って本堂へ。

Img_0632

Img_0635

※毎度おなじみの屋台も賑わっていました。今年は広島風お好み焼き(500円)や甘酒(300円)をいただきました。他に焼きそばやチョコバナナなどの屋台がありましたが、どれもなかなかのボリューム。

Img_0637

Img_0640 Img_0642

Img_0645

Img_0647

※↓大導師を先頭に、いよいよ福豆まきの開始。

Img_0654

Img_0656

Img_0676

※↓今年登場のゆるキャラ、「こぞうくん(日蓮宗新聞社のマスコット)」と「はねぴょん(大田区のマスコット)」。

Img_0657

Img_0679

関連記事 :
・池上本門寺の節分追儺式に行ってきました。(2018.2/3)
・今年は日曜日。池上本門寺の節分豆まき。(2013.2/3)
・池上本門寺の節分豆まき(2011.2/3)

会場は、寺の関係者のほか、警察・消防・消防団・警備会社などなどの方々が、会場警備や整理にあたっていましたが、最近は、女性警官や女性警備員の方も多く、その上、きれいな方が多くなった気がします。(^_^;)

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 1日 (金)

「温泉〜江戸の湯めぐり〜」展を観てきました。

東京・千代田区の国立公文書館で企画展「温泉〜江戸の湯めぐり〜」展(2019.1/26〜3/9)が開催されていたので、観てきました。

Onsen1

主に江戸時代の、有名温泉ガイドブックや貝原益軒の湯治ガイド本などが展示されていて、公文書館にしては庶民的な内容の資料が多くて面白かったです。

Dsc_3798

Dsc_3799_2

Dsc_3803

Dsc_3804

Dsc_3805

Dsc_3808

Dsc_3811

Dsc_3814

Dsc_3820

Onsen2

次回の企画展(4月から)は、譲位と関連してタイムリーな「江戸時代の天皇」展です。また、兵庫県立歴史博物館では2月から国立公文書館の資料を一部貸し出して「近代日本と兵庫の歩み」展が開催されるそうです。

Kikakuten

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 2日 (水)

大寒波だけど頑張れ! 2019箱根駅伝。

Dsc_0918

第95回箱根駅伝。大寒波襲来中で非常に寒い中ですが、選手たちは元気に走り抜けていきました。写真は、1区約12Km地点のしながわ水族館前辺りです。今年は先頭集団が1区からかなりばらけてのスタートです。

Dsc_0921

*第95回箱根駅伝(日本テレビ)

Dsc_0912

※上の写真は、今年のコースマップ・ネックウォーマー・初売りチラシなどを配る東京トヨペット・大森店のみなさん。

*関連記事 : 今年はハイスピード! 2018年箱根駅伝。(2018.1/2)

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧