カテゴリー「旅行・地域」の284件の記事

2018年2月20日 (火)

キネカ大森に“政府”からお祝い花が…!?

Dsc_2500

東京・大森の「キネカ大森の名画座プログラムで、現在シン・ゴジラ」(庵野秀明総監督・2016年)と「激動の昭和史 沖縄決戦」(岡本喜八監督・1971年)の2本立て(2018.2/17~2/23)をやってますが、なんと、というか「シン・ゴジラ」のトークショーがあったから当然なのか、岡本喜八監督の人徳なのか、官邸・内閣官房・防衛省・統合幕僚監部の方々からお祝いの花が贈られていました。

(…といっても「シン・ゴジラ」に出てくる役名の人たちでしたが。(^^;ゞ 一瞬信じ込んでしまった)

岡本監督の映画には、けっこう政府や軍部不信の内容のものもあるのですが、現実世界では、災害派遣などで、自衛隊への国民の信頼が高まってきたという社会情勢や、映画撮影に協力的になったという役所の意識の変化もあります。

Dsc_2501

ちなみに、「沖縄決戦」は、デジタル上映が主流の今では珍しい35ミリ・フィルムの上映。本編が長いのもあって(148分)、映写機にフィルムを掛け替える時間=インター・ミッション(休憩時間)もありました(フィルム自体も相当使いこまれてましたね)。

また、「シン・ゴジラ」は大田区など大森周辺も多数登場する、このあたりの“ご当地映画”でもあります。

※右の写真の人が岡本喜八監督。
Dsc_2502

Dsc_2503
※キネカ大森は西友大森店5Fにあります。
Dsc_2506

参考記事 : 東京・城南”地元映画”…「シン・ゴジラ」観てきました。(20167/29)

激動の昭和史 沖縄決戦 [東宝DVD名作セレクション] 岡本喜八の全映画

シン・ゴジラ Blu-ray特別版3枚組 シン・ゴジラ政府・自衛隊 事態対処研究 (ホビージャパンMOOK 789)

それから岡本監督には、ほかに「日本のいちばん長い日」や「肉弾」、「ブルー・クリスマス」、「ダイナマイトどんどん」「大誘拐」など著名な作品が多いですが、私としては「独立愚連隊」「同・西へ」がおすすめ。日本の戦争映画には珍しいアクションとサスペンスのストーリー展開で見せる手法が秀逸(反戦映画は他にいくらでもあるし、そもそもドキュメンタリーではないので。なお、製作当時は西部劇が大ヒットしている頃で、そのテイストを取り入れているとのことです)。主演の佐藤允さんがなくなった時に、あまり大きいニュースにならなかったのは残念でした。それと、ここで挙げた作品はじめ1960~70年代の戦争映画に「若大将」の加山雄三さんがよくでているのですが、もちろん今もバリバリ現役。すごいですね~。

独立愚連隊 [DVD] 独立愚連隊西へ [DVD]

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

穴守稲荷・羽田界隈さんぽ

京急・穴守稲荷駅近くの羽田図書館「羽田航空博物館展」があるというので見てきました。「羽田空港博物館(開設を目指す)プロジェクト(HASM)」さんの主催です。

※京急・穴森稲荷駅
00

また、穴守稲荷神社羽田空港も近いので寄ってきました。

羽田空港の無料博物館・ディスカバリー・ミュージアムでは、現在、日本で開催されたオリンピックに関する記念の品々が展示されています。

※駅前の「コンちゃん」
0a 0b

※羽田図書館
01

02

03

Ka

Kb

Kc

07

08

09

10a

10b

11

12

13

14

Hasm1 Hasm2

※穴守稲荷神社
15

16

※羽田空港のターミナルビルで昼食。他の店がほとんど「観光地料金」なので、結局、いつもの讃岐うどん屋さんへ。
17

※羽田空港内の無料博物館「ディスカバリー・ミュージアム」。
18

19

20

※羽田空港ロビーに貼ってあったポスター。全国で大雪による空港の閉鎖が相次ぐなか、旭川空港は頑張ってます。
21

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

新田神社で武者パレード!

01top

東京・大田区の、南北朝時代の武将・新田義興公ゆかりの新田神社周辺で行われた武蔵新田商店会の武者行列を見てきました。今年で3回目だそうです。

(武者の写真は全てパレードを終えて神社の境内に帰還したところです)

02img_2266

外国人を含む老若男女が鎧兜をつけて武者に扮し、地元商店街を威勢よく練り歩いていました。天候に恵まれ、縁日の模擬店も多くでて、懐かしの(というかテレビでしか見たことのない)ガマの油売りなどの大道芸も披露されていて、非常に賑わっていました。

03img_2267 04img_2211

ちなみに、ここは、江戸時代、平賀源内先生が義興公の悲話を元に浄瑠璃「神霊矢口渡」を書いたり、それにちなんだ「矢守」を考案、破魔矢発祥の神社でもあり、その他、少将局との悲恋話由来の縁結びお守りや、若返り欅(けやき)でも有名なパワースポットでもあります。また、コミック・アニメ「それでも町は廻っている」にも登場しました。

関連記事 :
「それ町」神社に初詣(2011.1/2)
アニメ「それ町」第12話(最終回)レビュー(…の下の方。2012.12/24)
作品のロケ地・舞台巡礼・・・アニメ「それ町」を見て平賀源内ゆかりの新田神社を訪問(2010.11/10)

 05img_2212

06img_2214

07img_2217

08img_2224

09img_2227

10img_2234

11img_2240

12img_2242

13img_2244

14img_2245 15img_2251

16img_2254

17img_2261

18img_2221 19img_2220

20img_2222 21img_2223

22img_2231

23img_2228

おみくじは「大吉」! ここで引くとは大吉の確率がかなり高い気がします。

24img_2269

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 3日 (土)

池上本門寺の節分追儺式に行ってきました。

今年(2018・平成30年)の節分は土曜日なので、久しぶりに東京・大田区の池上本門寺の節分追儺式(せつぶんついなしき=豆まき)に行ってきました。

Top

曇り空でやや寒かったですが、毎年おなじみのプロレスラーや芸能人が来場し、近隣の老若男女、家族連れ、カメラ小僧・オヤジなどなどがつめかけ、警備の警官・消防団・警備員も大量動員されて、盛況でした。

*天龍、小橋、武藤、神取、イオらが池上本門寺で豆まき(東スポ 2018.2/3)

Img_2142

境内の墓地には力道山のお墓があるので、毎年プロレス関係の参加者が多いのが特徴ですが、芸能人やスポーツ選手、地元選出の議員なども来場します。

Img_2143

※↓大導師を先頭に福男・福女が入場。

Img_2152

Img_2153

※上の写真の白のタートルネックのセーターの人がおそらくプロゴルファーの木戸愛さんで、周囲にプロレスラーの面々。下の写真中央が矢田亜希子さん。※

Img_2157

Img_2175

Img_2180

Img_2197

Img_2199

ちなみに、最寄り駅の東急・池上駅は現在改築中です。

Img_2208

関連記事 :
・今年は日曜日。池上本門寺の節分豆まき。(2013.2/3)
・池上本門寺の節分豆まき(2011.2/3)

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 1日 (木)

「太田道灌と江戸」展、観てきました。

東京・千代田区の国立公文書館で企画展「太田道灌と江戸」展(2018.1/13〜3/10)が開催されていたので、観てきました。

Dsc_2403

江戸城を築いたことで有名な太田道灌の数々の逸話や江戸城関連資料、最後には殺されてしまったことの背景資料などが展示され、興味深かったです。

Doukan1 Doukan2

Dsc_2405

Dsc_2404 Dsc_2406

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月27日 (土)

接待客気分で同窓会!

先日、高校時代の同期の関東&信州の仲間で新年同窓会をやりました。

Dsc_2378

場所は東京・神田/大手町の会席料理の「かまくらクラブ」(日立鎌倉橋ビル内地下1F。同じフロアに社員食堂もありました)。

Dsc_2379

日立グループの福利厚生施設で完全予約制ですが、この同窓仲間の予約で利用することが出来ました。

いや~持つべきものは友。完全個室制で仲居さんがついてくれて、接待客気分。

同期とのお話とともに、おいしい料理をいただいて、楽しいひと時でした(外は超寒かったが)。

なお、予約すれば、一般の方も利用でき、お値段もリーズナブルです。

(*食べログの紹介記事→「かまくらクラブ」)

Dsc_2381

Dsc_2384

Dsc_2387

Dsc_2385 Dsc_2390

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月24日 (水)

草津白根山が噴火! 地元紙の報道。

Dscn1601

昨日(2018.1/23)群馬・長野県境にある草津白根山が噴火したということで、今日の地元新聞の報道はどんな感じだろうと思って、東京・千代田区の全販という地方紙などを扱っている会社のお店で買ってきました。

*草津白根山が噴火 噴石1人死亡、11人負傷(上毛新聞 2018.01/24)

購入したのは、本日付(1/24)の群馬・上毛新聞と長野・信濃毎日新聞(と、自分の地元・香川の四国新聞を義理で。ただし東京から遠いので昨日付のもの)。

さすがに、地元の上毛新聞は扱いが特大でグラフ特集になってます。日経以外の全国紙はどこも1面で大きい扱いでしたが、隣県・長野の信毎もやはり大きい扱いです。噴火したこの山は群馬県ですが、主要都市は長野の各都市の方が近いし、県民の関心は高いでしょう。

また、長野では2014年に御嶽山が噴火したし、群馬では1985年に日航機が御巣鷹山に墜落、地元・上毛新聞の取材活動が小説・映画「クライマーズ・ハイ」のモデルになりました。

さらに、近隣のスキー場に噴石・火山弾が降り注ぎ、不幸にして訓練中の自衛官をはじめ数名の死傷者がでたことで、砲弾の破片(といっても縁がギザギザの厚さ数センチ以上の金属の塊)などが飛び散って兵士を死傷させる戦場を連想した方もいると思います。砲弾の破片も噴石の雨も生身の身体では防ぎようがなく、恐ろしいことです。現場にいた方々の恐怖は計り知れなかったことと思います。

火山噴火については、日ごろから活動していて観測体制がしっかりしているところは、相当正確に噴火予測が出せるそうですが、今回のようにノーマークだと、予測はほぼ無理だとのこと。日本は火山列島だし、今年は年明けから環太平洋地域で大地震や噴火があちこちで起きているので、気が抜けません。

いろいろなことが思い出される噴火です。

関連記事 :

*熊本で大地震…(2016.4/15 *こちらも地元紙報道の比較)

*御嶽山が突然噴火。(2014.9/27)

*重力波より「うどん値上げ」ニュース…地元紙の役割(2016.2/16)

※↓ 上毛新聞には「上毛スポーツ」が別刷りで、うどん県の四国新聞は「こどもニュース&スポーツ」が別刷りでついてました。香川は遠いので、東京で今日買った新聞は昨日付け(1/23)。本日付け(1/24)の1面はもちろん草津白根山の噴火。

Dscn1600

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月22日 (月)

東京都心でも大雪。

Dsc_2353

本日(2018年1月22日)は、東京では4年ぶりの大雪となり、都心でも20cm以上の積雪だそうです。

*【東京で積雪20cm超える】2014年以来4年ぶりの記録(22日21時現在)(ウエザー・ニュース 2018.1/22)

私も仕事帰りの電車はぎゅうぎゅう詰めでしたが、外で働く方々は誠にご苦労様です。皆様くれぐれも安全にはご留意下さい。

写真は、東京・JR大森駅と大森ベルポート周辺、午後7時頃の様子です。

Dsc_2354

Dsc_2355

Dsc_2357

Dsc_2358

Dsc_2360

Dsc_2365

Dsc_2368

Dsc_2371

Dsc_2373

Dsc_2374

雪が降ると、子どものように外を歩き回って写真を撮る私であった…。(^^ゞ

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月19日 (金)

「こんぴら狗(いぬ)」の本出てました。

先日、東京・千代田区役所10Fの食堂で昼食をとったあと、9Fの千代田図書館に行こうとして、子ども室の児童書コーナーの前を通ったところ、今年が戌(犬)年であることにちなんだ「いぬのほん」のコーナーがあり、なにやら興味深い本が表紙をこちらに向けて立っておりました。

こんぴら狗 (くもんの児童文学)

題名がズバリ(?)「こんぴら狗」。江戸時代にあった犬の金ぴら代参を素材に取った児童向け小説で、讃岐出身の私は、思わず、おおっと思って手に取ったのでした。

奥付を見ると昨年(2017年)12月に出たばかり。著者は今井恭子氏。動物行動学にも詳しい児童文学作家さんとのこと。くもん出版・1620円です。

その場で少し中を見た程度ですが、江戸時代が舞台のこんぴら狗代参ロード・ムービー…いや道中記。児童書とは言え、342頁もある単行本。分量もなかなかだし、興味深いです。

Books
※千代田図書館・児童書コーナーの「いぬのほん」コーナー。なお、写真は図書館職員立ち会いで撮影しています。(^_^;) 下の写真は、讃岐の金刀比羅宮本宮参道の階段途中にあるこんぴら狗の銅像※
Konpirainu

※↓こんなのもある。

東海道中膝栗毛 (21世紀版・少年少女古典文学館 第20巻) 走れゴン―こんぴら狗物語

駄犬道中こんぴら埋蔵金 基礎 古文書のよみかた (〈シリーズ〉日本人の手習い)

讃岐と金毘羅道 (街道の日本史)

清水次郎長伝(石松金比羅代参、石松三十石船道中)

ちなみに、「東海道中膝栗毛」を書いた十返舎一九は「金毘羅参詣膝栗毛」も書いてます。残念ながら現代語訳はないようですが。興味のある方は、国会図書館デジタルアーカイブなどで見られますが、その前に古文書(くずし字)の読み方の学習が必要かも…。また、CDの清水次郎長伝は森の石松金毘羅代参の浪曲です。

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月10日 (水)

JR東日本でガンダム・スタンプラリー!

JR東日本の東京周辺65の各駅で、ガンダムのスタンプラリーが展開中です(2018.1/9~2/27)。賞品はいろいろですが、65全駅制覇の場合はオリジナル・ガンプラとのこと(JR東日本カラーの「グリーン・ガンダム」)。

Dsc_2295

「JR東日本 機動戦士ガンダムスタンプラリー 行きまーす!」専用サイト(2017.12/18)

中野駅にアムロ、品川駅にシャア、大森駅にララアがいます。ぐずぐずしているとララアに「遅すぎたのよ!」と怒られるかもしれませんが、我こそはと思う方は挑戦してみてはいかがでしょう (^^) 。

Dsc_2297

Dsc_2298

※↓JR大森駅のスタンプ台。なお、ガンダムと関係ありませんが、50歳以上の人には「大人の休日倶楽部」というサービスも。怒るララアの隣で、吉永小百合さんが優しくお勧めしています。

Dsc_2296 Dsc_2294

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧