カテゴリー「旅行・地域」の246件の記事

2017年8月11日 (金)

神保町ブックカフェ散歩

東京の書店・古書店街の神保町(東京都千代田区)では、最近書店内にカフェを併設するところが増えてきましたので、そこを何軒か回ってきました。

◎↓古書@(アット)ワンダー2Fの「ブックカフェ二十世紀(神田神保町2-5-4 地下鉄・神保町駅すぐ)

Dsc_0931

エンタメ系やミステリー系の古書が充実した古書店です。

2fdsc_0929_2

2fdsc_0930

◎↓北沢書店1Fの「ブックハウスカフェ(神田神保町1-17/@ワンダーと隣接)

洋古書や絵本の専門書店です。食事をしたことはないですが、きれいなお店です。

1fdsc_0967

◎↓澤口書店・東京古書店2F「くつろぎの空間」(神田神保町1-7 源興號ビル)

Dsc0976

500円以上の古書を購入すると、自販機を無料で使えるコインをもらえます。コインがなくても100~150円で普通に自販機が使えて、見晴らしのいい2階で古書を見ながらくつろげます。

2fdsc_0817 2fdsc_0815

◎↓東京堂書店1Fの「ペーパーバックカフェ(神田神保町1-17)

Dsc_0972

大型新刊書店の1Fのおしゃれなカフェ。

Dsc_0973 Dsc_0974

◎あと、三省堂書店神保町本店の2FとB1Fにもレストラン(UCCカフェ・コンフォート/BEER膳・放心亭)があります。

※神保町周辺の地図はこちら。

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

昭和の暮らしを知るスタンプラリー

S

昨年(2016年)は、アニメ映画この世界の片隅にの大ヒットで、改めて昭和の戦中・戦後の暮らしに対する関心が高まりましたが、東京には九段と西新宿に、昭和の暮らしや引揚者の労苦を伝えるための施設があり、例年、終戦記念日もある夏休みの季節には、スタンプラリーが企画されています。各館では常設展示の他、夏季期間中の企画展も開催されており、関心のある方にはおすすめです。

※「この世界の片隅に」-すずさんのありがとう(Youtube)

*昭和館 (九段下の旧・九段会館の隣。靖国神社から坂を下ったところ)
戦中・戦後の国民生活上の労苦 昭和館

*しょうけい館(九段下、昭和館の近く。今上天皇陛下がご訪問されたこともあります)
戦傷病者等が体験した労苦 しょうけい館

*平和祈念展示資料館(これは西新宿)
平和祈念展示資料館

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月27日 (木)

日本唯一のファイヤーナイフダンスチーム来場!第22回新橋こいち祭

Top1

東京・新橋の夏の風物詩、第22回新橋こいち祭が今年(2017年)も7月27、28の両日、JR新橋駅前SL広場などを会場に、開催されていました。

「新橋のサラリーマンなどの人々が小一時間で楽しめるお祭り」という意味で「こいち祭」というのだそうです。

01

今年は、福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズ・ファイヤーナイフダンスチーム「Siva Ola」が初来場(27日)。ファイヤーナイフダンスチームとしては日本唯一とのことです。また、例年通り、ハワイアンズのダンシングチーム(フラガール)も来場(28日)。その他、各種ステージショーや盆踊り、ゆかた美人コンテスト、屋台村など、盛り沢山なプログラムで例年通り、会場は人で溢れ大盛況でした。

関連記事 : 東京・新橋にフラガールが登場。(2012.7/26)

※ステージ・ショー : チャクリカのインド特急列車(インド舞踊)
02

※スパリゾートハワイアンズ・ファイヤーナイフダンスチーム「Siva Ola」
03

04

05

※屋台村
06

07a

※ステージ裏のSL周辺の屋台
08

09 10

※7月28日追記 : 28日のフラガールの写真追加です。この日は屋台でフードもいただきました。新橋亭屋台の焼きそば(400円)とキリンビール屋台のSLハイ(200円)。他のフード類もおおむね200~500円で、リーズナブルでした。

Dsc_0909

Dsc_0918

Dsc_0925

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月26日 (水)

京都「祇園祭」に行ってきました。

さる2017(平成29)年7月24日、私としては初めて京都の祇園祭 後祭=あとまつり=花傘巡行・山鉾巡行見物に行ってきました。

Top

非常に蒸し暑かったですが、曇の天気ながら雨が降ることはなくて幸いでした。外国人観光客も含め当然大変な人出でしたが、月曜日だったせいか、移動はかなり自由にできて、歴史的な祭と間近で見る山鉾双方の迫力を楽しむことが出来ました。

八坂神社(花傘巡行の出発点)
01yasaka

※巡行前に八坂神社にお参りする子どもたち
02

●花傘巡行

03

04

041

05

※祗園祭・後祭の花傘・山鉾巡行ルート(7月24日)
Photo_5

●山鉾(やまほこ)巡行

※動画(Youtube) : CANON EOS70Dで撮影。途中シャッター音がするのは動画撮影中に静止画写真を撮ったため。また、後半は縦位置撮影の映像です。

※↓こちらは朝日新聞社撮影の動画。「祇園囃子も華やかに 祇園祭後祭の山鉾が巡行 京都」(朝日新聞社 Youtube 2017.7/24…7/23公開と表示されているのは、アメリカ時間なのかも?)。辻回し(方向転換)の様子がよく分かります。

弁慶・牛若丸の対決シーンがのった山鉾
06

07

08

09

巨大な車輪に注目
10

11

ヨーロッパの絨毯(じゅうたん)が使われた山鉾
12

※写真右手奥に見えるのは、救護所として使われていた京都市消防局のスーパーアンビュランス(大型特殊救急車)
13sa

※整然と並んで行進する山鉾の列
14

※河原町の交差点で辻回し(方向転換)する山鉾
15

大船鉾の雄姿
16

17

18

19

※巡行を終え、すぐに片付け作業に入る山鉾
20

※こちらは、川辺の遊歩道にお店が並ぶ京都市内を流れる鴨川
Photo_2

Photo

JR京都駅は新駅舎になって20周年
Y20

※京都市内でも、他地域の交通系電子マネーが使えるので便利です(写真はJR京都駅の券売機の表示。京都市営地下鉄なども同様です)。
C

※帰りの新幹線では久しぶりに駅弁を買いました。ベタに「東海道新幹線弁当」(1000円)。お茶は別売り。昔あった無料のお茶のボトルは最近はすっかり見なくなりました。
Photo_3

Photo_4

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

気象庁・気象科学館へ行ってきました。

0
※右手前が気象庁。背後のビルは、右から日経新聞、JA、経団連がそれぞれ入っているビル。

集中豪雨や震度5クラスの地震が相次ぐ昨今。東京は大手町の気象予報・防災情報を扱う気象庁気象科学館(本庁舎1F)を見学してきました。

1

年末年始以外の10:00〜16:00、予約不要、無料で、入り口で入館証をもらって入ります。

(追記 : イベントとか見学会がない限りは、だいたいいつも空いています)

2

今年(2017年)前半と7月の地震は直下型が多く、震度5以上でも緊急地震速報が出ていないですが、一応、速報の仕組みの説明展示もあります。また、津波や集中豪雨、火山噴火など、地震以外の災害や警報発令の仕組みの解説展示がされています。

見学者が立ち入ることのできる1Fには食堂や書店があり、こちらも利用できます。もっとも、お昼時は当然職員の食事時間で大変に混むので、こちらの利用は時間をずらした方が良いと思います。

3 4

5

6_2

7

8

9

10

11

12

13

131

132

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

※↓書店。入り口右側にはテレビでおなじみの気象予報士の皆さんの写真が。

26

※↓食堂。第二食堂の部屋は、以前は牛丼の吉野家が入っていました。

追記 : 写真は午前11時半頃で空いていますが、正午前頃から、職員でごった返します。入り口脇にはドリンクの自販機もあります。

27

28

今回はヘルシー弁当(600円)をいただきました。

29

30

31

32

33

 

※気象庁はここ。

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

「ジャコメッティ展」に行ってきました。

Dsc_0722

国立新美術館開館10周年記念として行われている「ジャコメッティ展」(2017年6月14日~9月4日)に、先日、行ってきました。

*ジャコメッティ展の公式サイト

*公式Facebook

*公式twitter

Dsc_0704 Dsc_0701

ジャコメッティといえば、あの細い針金細工のような彫刻で有名ですが、写真好きの私としては、写真家のアンリ・カルティエ=ブレッソンが雨の日のパリでジャコメッティを捉えた、下の本の表紙の写真が何より思い出されます。

Giacometti Alberto et Diego (French Edition)
Giacometti Alberto et Diego (French Edition)

また、本展示会のテーマ曲「流星」を、我が母校の高校(高松一高)の偉大な先輩・・・ではなく、後輩のヴァイオリニストの川井郁子さんが作曲されたので、そちらの方も感慨深いです。

*川井郁子さんのオフィシャルサイト

作品は、さすがにキュービズムシュールレアリスムなどの作風が多いので、どう鑑賞すれば良いものやら、かなり悩むのですが、まあ、しかし、芸術は勉強と訓練を積めば、多少は理解できますが、プライドばかり高いコミュ障の大人の心のウチを「忖度」するのは、ほとんど困難で、こちらの心が疲れます。そうした時に心に潤いをもたらすのが芸術。

芸術は、ほんと人類の宝ですね。(^o^)

(※写真は、記念撮影可能作品です)

Dsc_0706

Dsc_0712

Dsc_0715

※国立新美術館10周年 ジャコメッティ展 1章「初期・キュビスム・シュルレアリスム」(InternetMuseum/Youtube)

Dsc_0744

Dsc_0749

Dsc_0739

ちなみに、下↓は、この6月はじめ、同じ国立新美術館に「ミュシャ展」を見に行ったときの様子。ほとんど最終日なので、非常に混んでました。

Dsc_0450

Dsc_0461

ちなみに、東京での美術館・博物館巡りでは80の施設を対象にした「ぐるっとパス」というのがあります。ご参考まで。

ぐるっとパス

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

神田明神で七夕祭。“明神カフェ”ではヤマト2202とコラボ!

当ブログ始まって以来の七夕ネタ。本日、2017(平成29)年7月7日、江戸東京総鎮守・神田明神で「七夕祭(成就祭)」が行われていました。

Dsc_0663

参拝客には外国人も多く、暑かったですが、皆さん、思い思いの願いを短冊にかいて、お参り後、笹に結びつけていました。

Dsc_0657

Dsc_0662

Dsc_0664

また、鳥居脇の明神カフェでは、アニメ宇宙戦艦ヤマト2202」とのコラボイベントが行われており、今日までの予定でしたが、公式ツイッターによると、7月11日まで延長になったようです。

明神カフェ@ヤマト2202コラボ (@MYOUJIN_CAFE) | Twitter

Dsc_0665

Dsc_0659 Dsc_0666

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

幸運のポルコ・ロッソ…いやポルチェリーノ(猪or仔豚)

Kobe Yaesu

いよいよ今年も半分が終わり、今日から2017年も後半です。で、今月は7月です。7月2日は「うどんの日」ですが、7月7日は七夕です。ラッキーセブンが続いてめでたい!

※↓東京・千代田区のパレスサイドビル(毎日新聞社本社ビル)の七夕まつりイベント。
Dsc_0555 Dsc_0554

…というわけで、ネタがないので、強引に東京・神戸&moreにある「幸運の猪(仔豚)」ブロンズ像ルネッサンス後期・イタリアの彫刻家、ピエトロ・タッカの作。ブロンズ像は鋳型が同じなら同じ作品だというわけで、有名な作品は世界中にいくつも同じものがあったりします)をご紹介。

この象、いや、像の鼻の部分を撫でると、幸運があるとのことです。説明板によればですが。 (^_^;)

※トップ写真の、左が神戸北野異人館街・うろこの家、右がJR東京駅の八重洲地下街に設置されているものです。

※神戸異人館街・うろこの家での設置の様子。
Dsc_0134

Dsc_0136

Dsc_0135

※JR東京駅・八重洲地下街での設置の様子。
Dsc_0584

Dsc_0590

Dsc_0586

※↓こちらが、「紅の豚」のポルコ・ロッソさん (^^ゞ
      (Porco=豚 Rosso=赤・紅)

紅の豚(イタリア語版) Porco Rosso (DVD)
紅の豚(イタリア語版) Porco Rosso

もし、幸運が得られれば、グリコのキャラメルマン…いや、駅伝の優勝選手のように、両手を挙げて1位で、何かのゴール・テープを切れるかもしれません。

※↓東京・大手町の読売新聞本社ビル脇にある駅伝選手の記念像。
Dsc_0559

グリコ グリコ 4粒×10箱
グリコ グリコ 4粒×10箱

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

「昭和館」で防空壕体験。

東京は千代田区の九段南にある、昭和時代の暮らしを伝える施設「昭和館」の常設展示(入場料・大人1人300円)がこのほどリニューアルされ、新たに戦時中の「防空壕」を体験できる展示などが加わったとのことで見てきました。

Boukugou

昨年(2016年)に大ヒットしたアニメ映画「この世界の片隅に」にも、主人公らが防空壕で爆撃の恐怖に耐えるシーンがありましたが、それを多少、追体験できるかもしれない、といった設備でした(休憩時間に足早にまわったので、あまりじっくりは見られなかったので…)。

   戦中・戦後の国民生活上の労苦 昭和館

*「昭和館」常設展示室リニューアル=防空壕や当時の電話機など体験コーナー充実 (時事通信・JIJI.COM 2017.6/12)

この世界の片隅に(海外向け予告編・防空壕シーンあり)

Dsc_0521

S Photo

Dsc_0520

Dsc_0522

当館では、他にも昭和、特に戦時中・終戦直後の日本人の暮らしに関する展示・資料が多数あるので、興味のある方はおすすめです。

※ ↓ リニューアルされた展示の中には、昔の電話機などもあります。スマホなどなかった時代の固定電話の利用体験ができます。

Mukashi_no_denwa

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

※ ↓ 終戦直後の銀座4丁目で、防空鉄帽をかぶって勤労奉仕をしていた頃の私・・・ではなく(生まれてもいません)、体験ひろばの記念撮影コーナーで撮った写真(加工・合成してます)です。
     Ginza4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

「点字毎日」が95周年。

Dsc_0442

日本で唯一発行されている点字新聞「点字毎日」が、今年創刊95周年だそうで、その歩みを紹介する展示が、東京・千代田区のパレスサイドビル(毎日新聞東京本社ビル)のロビーで開かれていました(2017.5/31〜6/6)。

*「点字毎日」の紹介(毎日新聞会社案内)

Dsc_0449

Dsc_0443

Dsc_0444

Dsc_0445

案内の人の説明によると、製作・発行は大阪本社で行われており、部数は約1万部、週刊で年間購読料は2万円とのことでした。

新聞製作の方は、もちろん電子化がかなり進んでいるとのことでしたが、会場では上の写真の機械式点字タイプライターで、点字プリントの体験ができました。

Dsc_0446

Dsc_0448

こういう地道な福祉的活動はふだんあまり話題になりませんが、今後も途切れることなく続いていってほしいものです。

Dsc_0447

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧