カテゴリー「日々雑感」の265件の記事

2017年10月 9日 (月)

「行動経済学」の研究者にノーベル経済学賞。

今年(2017年)のノーベル経済学賞は「行動経済学」研究者のリチャード・セイラー 教授に決まったそうです。

*ノーベル経済学賞にセイラー氏=米シカゴ大教授 (JIJICOM/時事通信 2017.10/9)

*ノーベル経済学賞にセイラー氏 米シカゴ大教授、心理学を応用(47NEWS/共同通信 2017.10/9)

お~そういえば、私の蔵書にセイラー教授の「行動経済学入門」が何年も前から加わっていて背表紙が見えているが・・・。

う~む、本が寝ているし、上に何冊も別の本がのっているな・・・。これをツンデレ、いや積読(つんどく)といいます。(-_-);

セイラー教授の行動経済学入門

すぐ上にのっているのは「法と経済学入門」で、これは大学のゼミで使った本だから、読んだはずだが、それもはるか昔。

「法と経済学」入門

その上にのっているのは、え~と、何々、古本で買った「絵画入門」に図書館の除籍図書でもらってきた「OJT推進マニュアル」に、その他多数の文庫本か・・・。

まあ、可及的速やかに、運動がてら本を整理し直して、セイラー教授の本を読もうと思いますが、難しそうだなあ。(^^ゞ

2017年10月13日追記 :

所用で有楽町近くに来たので、「ぐるっとパス」で東京国際フォーラム内にある「相田みつを美術館」を訪問したところ、リチャード・セイラー教授が相田みつをファンだったとのことで、下記の記事の切り抜きが作品横に貼られて紹介されていました。 新鮮な驚きでした。

行動経済学の本質、それは「にんげんだもの」にあった!リチャード・セイラー米シカゴ大学教授が語る新著と「相田みつを」(日経ビジネスオンライン 2009.10/06)

Dsc_1638

  *************************************

「行動経済学」は「経済活動は(不完全で感情のある)人間が人間のために行うもの」だとして、従来の「完全に合理的に行動する経済人」を前提にした経済学を批判してきた、とのことですが、うなずける話。

人間が完全に損得だけで合理的に行動するなら、「年末クリスマス商戦」とか「ギフト商戦」とかありえないか、あっても年中平均したものになるはずだし、「ショービジネス」なんか成り立たないですよね。

ほんと、経済活動=人間活動で、AIやロボットだけで自己完結する経済社会というのは、SFのアイデア以外には、まあないと思います(全自動工場というのがあっても、そこで作る製品は人間消費者のためのものです)。

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

「街角経済」を活気づける地元イベント

自分が今住んでる近所の、品川・大田両区で、この9月10月だけで、こんなにイベントが予定されてました。

Shinagawa_kanko

Mizube_no_kanko

この他にも、神社やお寺の例大祭や縁日、その他の草の根イベントもあるでしょうから、ほぼ毎週、区内のどこかで何かのイベントやお祭りがあるのではないかと思われます。

日本の「街角経済」はこうした庶民の営みで活気づけられているのだなあと思う初秋の今日このごろでした。

ちなみに「街角景気」は内閣府が市井の「景気ウオッチャー」に協力を仰いで毎月行っている景気調査です。

なお、いろいろ検索したところでは、JR大森駅東口広場で開かれる恒例の「大森まち活フェステバル2017」は10月1日(日)、「UTANフェスタ2017」は10月15日(日)、池上本門寺の「お会式」は10月11〜13日、大田区最大のイベント「OTAふれあいフェスタ2017」(平和島周辺公園)は11月4、5日(土日)の予定のようです。

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

昭和の暮らしを知るスタンプラリー

S

昨年(2016年)は、アニメ映画この世界の片隅にの大ヒットで、改めて昭和の戦中・戦後の暮らしに対する関心が高まりましたが、東京には九段と西新宿に、昭和の暮らしや引揚者の労苦を伝えるための施設があり、例年、終戦記念日もある夏休みの季節には、スタンプラリーが企画されています。各館では常設展示の他、夏季期間中の企画展も開催されており、関心のある方にはおすすめです。

※「この世界の片隅に」-すずさんのありがとう(Youtube)

*昭和館 (九段下の旧・九段会館の隣。靖国神社から坂を下ったところ)
戦中・戦後の国民生活上の労苦 昭和館

*しょうけい館(九段下、昭和館の近く。今上天皇陛下がご訪問されたこともあります)
戦傷病者等が体験した労苦 しょうけい館

*平和祈念展示資料館(これは西新宿)
平和祈念展示資料館

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

色々な色の羽根

7月になって、いろいろと「釈明」に追われるセンセイ方が、胸に見慣れない「黄色い羽根」をつけていました。

調べてみると法務省「社会を明るくする運動」(再犯防止運動)のシンボルのようです。

※第67回“社会を明るくする運動”広報用ポスター
Kiiroihane

*法務省「第67回社会を明るくする運動」の紹介ページ

他に有名な色の羽根としては、

赤い羽根・・・中央共同募金会(社会の助け合い運動)

緑の羽根・・・国土緑化推進機構(国土の緑化推進)

青い羽根・・・日本水難救済会(水難・海難救助団体への支援)

(ちなみに、日本水難救済会は、明治時代に「海の神様」の讃岐・金刀比羅宮の宮司さんが設立した団体です)

(全部仕事で行ったことがあるな…(^_^;) )

などがあり、他に地方で独自に行われているものもあるようです。

※↓「政府インターネットテレビ」の「青い羽根」運動の紹介動画。冒頭で、(黄色以外の)他の色の羽根の説明もあります。なお、今年(2017年)の「海の日」は今月17日

*「青い羽根が支える海の救難ボランティア」(紹介動画のページへ)
Aoihane

羽根を提供する鳥さん(そういえば今年は酉年だ)のご冥福を祈りつつ、私もできる範囲で、ご協力をさせていただこうと思います。

・・・ところで、私は誰が助けてくれるのかなあ? 高校・大学で、少しばかり奨学金をもらったことはあるが、それくらい。税金控除もほとんどないし。

恵まれない中年に合いの手、いや愛の手を \(^o^;)/

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

犯罪発生率は戦後一貫して低下しているのに、「テロ等準備罪処罰法」という、テロとはあまり関係のない「共謀罪」もどきを強引に成立させ、一般人が果てしなく犯罪組織やテロ組織の「関係者」にされないか、「あいまい」なまま(刑事罰がつく法律がこれでは困る)の状態では、捜査機関に対しての国民の疑念が沸き起こってしまい、「社会が明るく」なるかどうか疑問ですが、まあ、犯罪追放運動や再犯防止活動自体は必要なものです。

そもそも、法制度で「犯罪の抑止」が効くのはまともな市民だけであって、犯罪組織やテロ集団というのは、本質的に「無法者」なので、法で裁くことは出来ても、「抑止」するのは無理。

ですので、「防犯活動」というのは、「社会的努力」の方が重要です。

といっても、それは「社会格差の是正」とか「雇用環境の安定」とか、「民生委員」や「保護司」活動の充実とか、今回の「テロ~」法案を推し進めた人々には、あまり関心がなさそうな「地味」で「社会福祉的」な分野ばかり。「情報提供」と言う名の密告なんて、社会を破壊するだけで、「信用」が最優先の、経済活動も停滞するでしょう。日本社会は、このさき、どうなるのでしょうねえ。

ちなみに、旧東ドイツでは密告制度が奨励されていたおかげで、市民同士の信頼関係が大きく阻害され、東西ドイツ統一後の現在でも、市民の心に大きな傷を残しています。(なにしろドイツなので、どっかの国と違って「記録」が全て残っている。それを見た市民がまた衝撃を受けている、とのことです)

「共謀罪」がないのは、主要国で日本だけだったと申されますが、先進国では当たり前の警察の取り調べの透明性とか、容疑者の人権保護の諸制度とか、「刑事訴訟法」関連の各種制度が、日本では未整備な場合が多いのです。また、公安警察と刑事警察が後進国のように未分化。「テロ~」法自体よりも、こっちが問題なのです。野党の弁護士議員さんには、その辺りのとこも、もっと国会で追及してほしかったのですが。全く低調な議論で、がっかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

参議院も見てきました。

P1040756

今年(平成29・2017年)は、日本国憲法70周年ということで、国会議事堂の特別参観があり、GWの衆議院に続いて、参議院も公開されたので見てきました(写真は5月21日)。

*参議院70周年のページ

P1040867

参議院の方は、今回特別に議場の中まで入れたので貴重な体験でした。

P1040890

P1040892

※もともと「貴族院」なので天皇陛下のお席も豪華です。
P1040772

P1040764

※レゴブロックで作った1/70・国会議事堂と本物の議事堂
P1040850

P1040871

今回も記念に、速記で名前を書いてもらいましたが、衆議院式と参議院式では速記の書き方が全然違っていて、驚きました。

P1040916

最近は迎賓館など、国の施設が公開されることが多くなりましたが、特別に非公開にする必要があるものを除き、原則、公共物は公開されて、広く国民が見られるようにしてほしいものです。

関連記事 : 国会議事堂・衆議院&憲政記念館を見てきました。(2017.5/6)

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

国会議事堂・衆議院&憲政記念館を見てきました。

Dsc_0221

Dsc_0183

2017(平成29)年、5月3、4両日、「日本国憲法施行70周年記念」の国会議事堂・衆議院の一般参観と、憲政記念館での同記念展が行われていたので見てきました(写真は4日・入場無料)。

Dsc_0232

衆議院議場
Dsc_0080

大臣の控室。正面が総理の席。天皇陛下や皇族方の部屋もそれぞれ別にあります。
Dsc_0100

※議員の控室。ここは無会派の議員の部屋。通常は政党別。
Dsc_0106

↓ロビーには伊藤博文大隈重信の銅像があり、また、国会議事堂に使われている石材は全国47都道府県すべての石が使われているそうです。ステンドグラスはイギリス製で修理の際も、わざわざ取り寄せるとか。

Dsc_0127_2

Dsc_0130

Dsc_0134

Dsc_0141

※証人喚問で最近話題になった、第一委員会室。重要な議題を討議する際に使われるそうです。各席の距離の近さに注目(という説明でした)。
Dsc_0169

Dsc_0172

Dsc_0215

Dsc_0223

Dsc_0216

Dsc_0259

国会議事堂会場では、パンフレットが最初にもらえた他、案内の職員の皆さんが詳しく解説してくれたり、記録部の人が来場者の名前を速記式に書いてくれたり、記念スタンプが押せたり、正装した国会の衛視との記念撮影ができたりと、予約なし・入場無料の来場者へのサービスが思ったより充実していて感心しました(テレビのニュースでもやっていたし、天気もよく、非常に大勢の来場者が訪れていました)。

また、記念品や国会内郵便局の記念フレーム切手の販売なども行われていました。

憲政記念館
Dsc_0237

尾崎行雄の銅像
Dsc_0238

Dsc_0240

Dsc_0244

Dsc_0246

※憲政記念館 日本国憲法施行70周年記念展示(衆議院事務局チャンネル2017.3/28)

なお、参議院についても、5月20、21の両日、公開されるようです。

参議院70周年記念のページ

Dsc_0241

関連記事 : 「誕生 日本国憲法」展、見てきました。(2017.4/28 ・ 国立公文書館で)

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年4月29日 (土)

文庫と新書で読むおカネの流れと歴史の関係。

「世の中カネや〜〜〜!!」…あ、いや失礼しました。え〜と、社会というのは経済抜きでは語れないものであって、その経済の血液、または、経済規模や信用力の指標として、おカネが存在します。で、そのおカネの流れから日本史と世界史を考察した本が、文庫判と新書判で最近それぞれ出ていましたので、ご紹介です。

お金の流れで読む日本の歴史 元国税調査官が「古代~現代史」にガサ入れ (中経の文庫) 「お金」で読み解く世界史 (SB新書)

(※こっちは単行本ですが、ご参考)
お金の流れでわかる世界の歴史  富、経済、権力・・・・・・はこう「動いた」 帳簿の世界史

おカネといっても、広い意味で使われていて、経済全般の通史として分かり易く解説されており、非常にInterest(面白いし興味深い)です。

私には「戦費調達」の分野など、いろいろと意外な事実の新発見がありましたが、そこはぜひご一読を。

「○○経済史」と言う本は数多くありますが、だいたいが分野限定で、大学の講義で使うような専門書が多くてとっつきにくいですが、こちらは価格も手頃で読みやすいです。

関連記事 :

栄枯盛衰は帳簿とともに…「帳簿の世界史」(2015.4/13)

「臨時軍事費特別会計」(2013.11/17)

「経済思想の巨人たち」(2013.12/15)

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

まあ、私としては、経済・おカネとは「循環」するものであって、子どもに渡す小遣いみたいに「トリクル・ダウン(したたりおちる/下々の者はオコボレを待つ)」などということはありえないし、一部の大企業や金融機関、地主や富裕層におカネを集中しても、持ってる本人以外には「(社会的に)存在しないのも同じ」(塩漬け状態)、むしろ、(昔のように「労働者が搾取されている」というよりも)「消費者を含む庶民全般からおカネが吸い上げられるブラック・ホール」(まともな商売なら「薄利多売」だが、悪徳業者がやると「貧困ビジネス」。悪徳ではないにしても、経営者が「利益率の高い(ボロ儲け)」商売を強引にしているというのは、顧客や従業員にカネが回ってない→消費にも回らない)になってしまって、国民経済全体は衰弱の一途になるのではないかと思っていましたが、歴史上、似たようなことが何度もあったようです。

最近、不景気で、売上も上がってないのに「過去最高益」とか、未払いの残業代を改めて払ったら「利益が半減」したなどというニュースを聞きますが、これは本来払うべき人件費を帳簿上、利益の欄に書き込んだだけで、そもそも本来の企業利益とはいえないでしょう。こういうところは下請け企業にも厳しくて、支払いが渋いのでは?こんなことが社会に蔓延したら、社会のカネ回り=景気がよくなるわけがないですね。

(おまけにパナマ文書に見られるように、税金も払わず、社会インフラにタダ乗りして儲けるだけの多国籍企業が増えたのでは、世界経済全体に悪影響が出ます)

こういう情勢で、いくら金融緩和をしても、国内ではおカネは出回らず、デフレが収まることもないし、外国に流れて企業買収などに使われ、しかもそれが失敗続き(外国で日本企業がカモにされているのでは?)というのが、現在の日本の状況。

日本(どこでも同じですが)の景気浮揚には、一般消費者=勤労者の可処分所得が増えるような、雇用・労務政策が必要であって、日銀に頼み込んでマネタリズム政策を繰り返しても、効果は薄いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)

「誕生 日本国憲法」展、見てきました。

Kc461315

東京・千代田区にある国立公文書館で、現在(2017.4/8~5/7)、日本国憲法に関する展示が行われているので見てきました。

Kc461300

昭和天皇が署名された日本国憲法の原本の他、憲法制定時の条文案の修正の跡が多く残った資料や英和辞書、公布後の普及活動の様子など、また、歴史の教科書にも出てきた明治憲法や五箇条の御誓文なども展示されていて、興味深かったです。

Kc461303

Kc461307

Kc461308

Kc461309

Kc461311

Kc461312

Kc461313

Kc461318

Kc461319

Kc461320

Kc461321

Kc461322

展示資料はフラッシュを使わなければ、大部分は撮影可能でもあり、記念にもなりました。

参考記事 : JFK展を見てきました。無料だ!(2015.3/15)

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

といっても、まあ、今の憲法で保証された言論の自由を目一杯、普通の人の何倍も満喫して放言を繰り返す割に、言論を制約するような国家体制が恋しいという変わった人は興味ないでしょうから、アメリカのNSCが常時自動監視を行っているネットの世界で、大帝国妄想にでも浸るのが楽しくていいんじゃないかと思いますよ。そうそうあれ、映画「マトリックス」にでてくる「人間電池」みたいなもんですかね。

戦前大好き、家制度大好きで、実はキリスト教とアメリカかぶれの独身おばさん“有識者”などが「こんな憲法は破り捨ててしまいましょう」などと公言されているようですが、で、憲法のない状態になったら、この方が「女王サマ」にでもなって一般国民よりも「上から」、「天下に号令」でもされるんですかねえ。「号令」の前に、「教育勅語学園」内で、昔の左翼過激派のように「内ゲバ」が始まらなければいいですが(笑)。

改正ですらなく、現憲法をはじめから否定するなら、現憲法で即位された今上天皇陛下の地位も否定ですか? そうでないなら、そもそも昭和の終わり頃は一体何してたの? バブル景気で「日本は世界一だ~!!」と毎日浮かれてたんじゃないですか? この方自身が「マスコミ業界人」そのものだし。いやはや、大した妄想愛国者ドノですな。お婆さま、せいぜいお元気で。

「教育勅語」もお好きなようですが、あの藩閥政府制定の「お役所勅語」の徳目には、「正直」がすっぽりと抜け落ちてます。まさに政治家・役人用のご都合便利ツール。あんなものを崇拝する者など信用できませんね。だから戦後すぐの国会でもすんなりと失効・排除決議されたのでしょう。「現実」に戦争負けましたしね。負けた戦争の言い訳なんか聞く気はない。他人のせいにするな。

しかも、思うに、あなたの理想の国家体制は、半島の「隣国」で、なにもかも、とっくに実現しているのではありませんか?

私は近隣の国のようになるのはゴメンですね。比較検討した結果としては、「現代日本」が今のところ一番いいです。\(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

外務省がゴルゴ13に仕事を依頼!?

外務省がついにゴルゴ13に仕事を依頼したようです。
Golgo13

といっても、海外展開する中小企業の安全対策の話ですが…。

「ゴルゴ13」が安全対策指南 外務省HP、海外進出など対象(2017.3/22 47NEWS/共同通信)

外務省の「海外安全ホームページ」の特設ページで、PDFのコミック(安全対策マニュアル)が読めるようになってました。

外務省・「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」

ゴルゴ13の力、恐るべし。

参考記事 : 高松が”ゴルゴ13”の舞台に!(2011.4/26)

(↓以下の本は数年前の発行です。その点は留意してください)

オフィシャル・ブックTHEゴルゴ学 ゴルゴ13 presents:世界情勢裏ナビ (ビッグコミックススペシャル)

ゴルゴ13データファイル―TOP SECRET (SPコミックス) 各界著名人セレクション BEST13 of ゴルゴ13

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月23日 (月)

リアル図書館戦争の時代…戦前の「検閲官」展

東京は千代田区役所内にある千代田図書館(リンク先はFacebook)で、戦前に、出版物などの「検閲」を担った「検閲官」に関する展示が行われていました(2017年1月23日から4月22日まで)。

A B

小説・アニメ・映画の「図書館戦争」で描かれたような図書検閲が、かつての日本でも実際に行われていた時期があり(近隣大陸各国などでは今でもやってます)、その業務に携わった人たちや検閲図書の実例の展示です。

Kc461111

Kc461107

Kc461110

Kc461109

権力側がいくら検閲や情報コントロールをしても、情報というのは必ず国民の知る所となるのが常ですが、「公然の秘密」を誰もが知っていても、それをおおやけに議論できないようでは、結局世の中の問題は放置されたままになり、いずれ社会全体が破綻します。

トランプ新米大統領やどっかの国のソーリ殿は、気にいらないメディアに攻撃的ですが、オバマ前米大統領は、退任前の最後の記者会見で「メディアは権力者に対して疑い深くあるべきだ」と言ってました。

メディアもほとんどが「営利企業」だし、ニュースになるのは「普通でないこと」が多く、完全に公平とか正確とかがあるわけないので、当然批判はあるべきですが、議論ができる事自体が重要なので、最近多いメディア自体を「つぶせ」とかいうのは、明らかに行き過ぎ(第3者が「広告を止めろ」なんて、純粋に営業妨害。違法行為になります)。そんなこと言ってる「評論家」「識者」自体がメディアの「中の人=利益集団の一員」なのに、ほんとに滑稽、というか出来レース。読者・視聴者は、その辺りにも「リテラシー」を持って見てないと、ある日突然ハシゴを外されますから注意が必要です。

また、ネット社会の今日では、ネットで情報が拡散しやすくなる一方で、逆に、中国のネットポリスだとか、アメリカのエシュロンだとか、近日公開の映画「スノーデン」に出てくるCIANSA(米国家安全保障局)による全通信の盗聴・監視などが問題になっていて、世界中の個人の生活までが脅かされています。

千代田図書館での展示物は、70年以上も前の話のものですが、わが国における検閲の実例の展示は興味深いです。

なお、同図書館では、検閲に使用された本が「内務省委託本&出版検閲コレクション」として保存されているそうです。

Kc461112

Kc461114 Kc461113

…で、そのNSAですが、昔アメリカのTV局CBSの「60ミニッツ」(を日本のTBSが放送していた)で見たところでは、以前は「存在自体が秘密」で「予算も活動もノーチェック」。職員は「自分で自分の勤務評定」を書いて、絵に描いたような公務員パラダイスだったとか。今でも「テロ対策のための情報監視」とかいっても、結局コンピューター任せの監視じゃないかと想像されます。全自動=完全無責任ということ。恐ろしい話です。

それから、戦前の日本で検閲にあくまで抵抗した言論人に香川出身の宮武外骨と言う人がいましたが、世の自由のためには、こういう反骨精神が重要ですね。

図書館戦争シリーズ 文庫 全6巻完結セット (角川文庫)

【早期購入特典あり】図書館戦争 THE LAST MISSION プレミアムBOX (オリジナルCDジャケット付) [Blu-ray]

宮武外骨伝 (河出文庫) 笑の大学 スペシャル・エディション [DVD]

「笑の大学」三谷幸喜監督の映画。戦時下の日本での検閲官と劇団員の対立と交流が描かれます。上記の「検閲官展」でも、検閲官であると同時に劇団員としても活動したという変わった経歴の人が紹介されていました。

あとは、恐怖の管理社会を描いた古典的SF作品を。

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫) プレミアムプライス 1984 [DVD]

華氏451度〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫SF) 華氏451 [DVD]

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧