カテゴリー「食べ物・うどん」の39件の記事

2017年2月26日 (日)

うどん県の“おいでまい”が特Aの米に。

久しぶりの更新です。もうすぐ(2017年4月)でサポートの終わるWindows VISTAのポンコツパソコンを多少まだサポート期間のあるWindows7マシンに乗り換えるために格闘しておりました。

     *     *     *     *

さて、先日職場近くの、大手町JAビルの農業ギャラリーを昼休みに覗いたところ(弁当コーナーや「日本農業新聞」や「家の光」の閲覧コーナーなどがある)、ちょうど、(私の地元の)香川県の農産物のアンテナ販売をやっていました(ときどき各地のJAさんが出張販売に来ているようです)。

「おいでまい」のご飯パック。右は、おまけにもらったオリーブオイルハンドクリームとお茶の試供品。
Oidemai

香川は、なんといっても、讃岐うどんが有名ですが、他にも小豆島のオリーブや牛、養殖ハマチなども美味しく、米に関しても、ブランド米の「おいで米(まい)」(=讃岐弁で「来てください」)が、2年ぶりに特Aランクに帰り咲いたとかで、せっかくなので(比較的安かったので・・・)、「おいでまい」のパックごはんを買ってみました。

Kc461148 Kc461149

*16年産米食味ランキング おいでまい「特A」奪回 2年ぶり、土壌改良など奏功(四国新聞 2017.2/24)

*日本穀物検定協会―米の食味ランキング

※おいでまいCM動画

少子高齢化社会で老人や子供の見守り、災害時の実情把握、過疎地の金融や宅配機関の維持などのためにもっとも効果的な組織である郵便局を強引に民営化したのが大いに「?」なのと同じように(アメリカですら郵便事業は「公社」)、協同組合である農協を攻撃することが、食料自給率が低く、過疎による人手不足で、すでに超高齢化産業となっている農業の活性化につながるとは思えませんが、旧態依然で効率化無視の姿勢のままであっては、今後立ち行かなくなることも確か。

日本の農業は、水資源や森林、土壌など環境保全、防災も兼ねているし、食料自給率も高くないので、関係者の皆さんには、ぜひ、業務・営業の「カイゼン」に励んでいただきたいものです。

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

・・・で、8年も使った(まだ使っているが)「VISTA」パソコンは、カタツムリのように処理が遅くなっていたので、バック・アップとった後は工場出荷状態にリカバリしてやったぜ。フッフッフッ。「7」はサクサクよく動くのでうれしいです。現在はWindows「10」の時代だけど。(-_-);

ちなみに、昔、Windows「98→me(アップグレードした)」マシンは10年近く使った。いやはや、なんとHDDは8G、RAMは64Mだったのだ。これを使い終わる頃、世間では「XP」の時代が既に終わろうとしていたのだった・・・。

*Windows OSの主なバージョンの歴史は・・・
・Windows3.1(1992年)→95→98→me/2000→XP→Vista→7→8.1→10(現行)

・GUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース:マウスで操作できる画面。ただしMacは最初からこれ)が使えるWindows以前は、真っ黒画面にコマンドを直接キーボードから打ち込むMS-DOS/DOS-Vで、ハードディスクにインストールしたソフトを、HDD管理ソフトに登録して使っていました(画面だけ見ると、スマホを意識した今のWindows8や10は、この時代に先祖返りした感じ。もちろん昔はタッチパネルはありませんが)。

さらにその前はBASICとか、更に昔からのマニアは2進法の機械語とか、プログラマーやSEが使うC言語とかFORTRANとか、リナックスとか、ホームページをつくるHTMLとかになると、一般人には、かなり高度な話になってきます。

有り金はたいて初めて買ったパソコンはNEC PC-6001でした(高校生だったが、自腹だ!)。いや〜記憶媒体はカセットテープでしたよ。

               みんながコレで燃えた!NEC8ビットパソコン PC-8001・PC-6001 CD-ROM1枚(Windows 2000、XP対応)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月 7日 (土)

新春、東京・新橋界隈で七草粥とお雑煮散歩。

P1040583
※愛宕神社での巫女(みこ)さんらによる七草粥(ななくさがゆ)のおふるまい風景

ほおずき縁日(6月)などで有名な東京・港区の愛宕神社では、毎年1月7日お焚き上げとともに、参詣者に七草粥がふるまわれます。というわけで、今年(2017・平成29年)は、1月7日が土曜日でしたので、行って参りました。

※愛宕神社

P1040525

P1040529

※お焚き上げ

P1040547

P1040553a

P1040577

※”おとなのふりかけ”付きの七草粥と、配布されているところ。七草粥のおふるまいは、お焚き上げの後です。

P1040569

P1040568

なお、愛宕神社のすぐ隣には、展示がリニューアルされたNHK放送博物館があります(入場無料)。

P1040586

また、歩いて20分位の新橋にある、香川・愛媛両県合同の物産品アンテナショップせとうち旬彩館の2階にある郷土料理店「かおりひめ」で、1月4日~1月15日の間の正月特別メニューのうち、お雑煮も食べてきました。もっとも、甘いものばかり食べていると太りそうなので、今年は、あん餅入りの香川雑煮ではなく、愛媛雑煮の方にしました。

P1040610

P1040612

P1040613

P1040614

P1040611

この他、近所の虎ノ門の金刀比羅宮で、お神酒をいただきました。

P1040602

P1040603

酉年でもあるので、新橋の烏森神社にもお参りしてきました。。

P1040605

非常に寒い一日でしたが、快晴だったので、お散歩には良い一日でした。

関連記事 :
・あん餅雑煮を(東京で)食べてきました。(2011.1/10)
・屋内に入りたい猫…愛宕神社の冬の日。(2012.1/28)

こちらはJR新橋駅前広場のクリスマス・イルミネーションの飾りつけがついたSL。

P1040608

***神社のお焚きあげには撮影に意気込む高価なカメラを抱えたカメラ・パーソン、特に高齢者が大集結。といっても、ここでも(駅伝応援と か、イベントの見物などの時も同じで)マナーの悪い一部の偉そうにした、とっしょり(年寄り。若者でも外国人でもない)のばーさん・じーさんが互いに喧嘩してましたねえ。割り 込みなんか当たり前の、あの感覚は理解不能。ばーさんは境内で何回も唾吐いてたし、「昔の人は礼儀が悪い」ねえ。ほんとに。お焚きあげにはゴミを放り込むし、身なりもだらしないし、大きなバッグを人にぶつけ回るし、交通の邪魔なとこで突っ立ってるし、他にも、差別的言動は繰り返すし(有名大学以外は見たくないなら駅伝応援しなくて結構だし、外国人留学生に偏見もろだして無駄に話しかけるのやめてよ)、スーパー店内で唾吐くし、カゴは散らかすし、荷台も独り占めするし、いやはや、うんざり。「昔は教育が悪かった」のでしょう。きっと(笑)。最近は世界的に、「日本人はやさしい」ことで評判ですが、昭和時代・高度成長期の日本人は「エコノミック・アニマル」と呼ばれ、世界から顰蹙をかっていました。彼らは今でもお元気過ぎるようですな。(直接見たことを報告してるだけなので、”全部じゃない”とか”オマエは聖人君子か”など分かりきった反論なんか知りません)***

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月16日 (火)

重力波より「うどん値上げ」ニュース…地元紙の役割

ツイッターでは、もちろん当日に盛り上がっていましたが、こちらは日遅れの追いかけ紹介。

世界中の新聞の一面トップを「重力波を初観測」という、ノーベル賞級の科学ニュースが飾った2016年2月12日、わが地元のうどん県(香川県)の地元新聞・四国新聞では、重力波ニュースは1面ではありましたが左肩に。トップは「県内うどん店であいついで値上げがあった」という記事でした。

*さすがうどん県 「四国新聞」朝刊トップが重力波でも円急騰でもなく「うどんの価格上昇」でTwitter民うなずく ノーベル賞級の功績よりも日本経済よりも、うどんが大事。(ねとらぼ 2016.2/12)

Shikokunp

四国新聞(四国・香川県の地方紙)は、ホームページに、「うどん」専門コーナーがあったり、「早明浦ダムの貯水率」が(水不足に備えるため)常時表示されていたり、ご当地色の強さでよく話題になりますが、今回もその面目躍如といったところ。

もっとも、「ねとらぼ」の記事の副題にあるように「ノーベル賞級の功績よりも日本経済よりも、うどんが大事」というふうに県外の方々に思われるのは、ちょっといただけない。

「重力波ニュース」が完全スルーされているならともかく、ちゃんと一面にはあるし、地元紙なら、地元ニュースが優先なのは当然。また、「うどん値上げ」の理由が、「うどん店が消費税増税の負担に耐えられなくなったから」ということなので、まさに、日本経済や政府の政策が、地方の食生活と直結していることを示してもいます。

(ついでに紹介すると、地方紙では全国・海外ニュースは主に、共同通信社の配信記事が多いわけですが、「重力波」のような(共同の)科学ニュースは、なかなか分かりやすくて一般全国紙よりも、読み甲斐があることが多い)

(主な通信社には、他に時事通信社があります。また、報道写真のデータベースでは時事通信フォトが有名)

さらに、現在、うどん用の小麦は大半がオーストラリアからの輸入なので、「円高・円安」や「異常気象(豪州の旱魃)」も、うどん価格に直結します(一方で、讃岐産の小麦の開発も続いている)。

関連記事 : 讃岐うどんから見た世の中。(2011.6/2)

ちなみに、週刊東洋経済2016.2/13日号(リンク先は目次のPDF)によると、「うどん県(それだけじゃない香川県)」のキャンペーンでは、その仕掛け人の方(PR会社㈱TMオフィス代表・殿村美樹氏。「うどん県」の他、「今年の漢字」「ひこにゃん」「佐世保バーガー」のPR戦略などを手がける)には大変な人生ドラマがあったようで、驚かされました。

今後、TPP条約が発効すれば、うどんにかぎらず、米や肉類をはじめ、他の食料品や農産物、各種地元産業にも大きな影響が出るでしょう。全国の地元メディアの皆さんは、日本全体や世界の動きと地元の関わりを分かりやすく伝えるよう頑張ってほしいものです。

*地方紙での最近の大きな地元関連ネタをもうひとつ。

指揮者の小澤征爾さんが2016年2月15日、第58回グラミー賞の「最優秀オペラ録音部門」で受賞されましたが、受賞作品は2013年に松本市の音楽祭「サイトウ・キネン・フェスティバル松本(現セイジ・オザワ松本フェスティバル)」で指揮・収録されたオペラ「こどもと魔法」だったので、長野県の地元紙「信濃毎日新聞」では号外が出ました。

*小澤征爾さんグラミー賞 SKF「こどもと魔法」(信濃毎日新聞 2016.2/16 「長野県のニュース」)

*小澤征爾さんグラミー賞(信濃毎日新聞 号外 2016.2/16 リンク先はPDF)

******************

***なお、政治がらみだと”ニュースのスルー”は、どこの新聞でも散見されます。「客観報道」といいつつ「読者を誘導」するような記事があるから、最近のメディアは批判されることが多いのでしょう。「社としての意見」は「社説」で、「事実」の報道は「記事」で、住み分けをできるかぎり明確にしてもらいたいですね。また、日本のメディアは基本、日本人しか読者・視聴者としていないので、国際機関や国際会議、アメリカ議会の公聴会などで日本マターが出た時だけ大々的に報道する傾向が強いです。すると、実は「世界中に数ある問題の一つとして取り上げられたもの」であっても、日本人は「また狙い撃ちにされた」と感 じて、外国への無用な反発を惹起することがあります。こういうところは、池上彰さんのように、きちんと背景説明や解説付きの報道をしてもらいたいものです***

*日本新聞協会(テレビ局も加盟)のサイト

*ニュースパーク(日本新聞博物館/横浜市/改装中)のサイト

*放送ライブラリ(ニュースパーク内)のサイト

*NHK放送博物館(東京都港区)のサイト 

*全国郷土紙連合のサイト

*ろこねっと(地域新聞図書館のサイト)

ちなみに、全国紙・ブロック紙・地方紙・地域紙・郷土紙(&スポーツ紙)などの一般(向け)紙の他、各業界などの業界紙・専門紙というのもたくさんあります。

*日本専門新聞協会のサイト

雑誌関係はこちら。

*日本雑誌協会のサイト

*全国タウン情報ネットワークのHP

こちらは、アメリカの新聞博物館(ニュージアム)のサイト。世界中の新聞の1面などが見られます。

*NEWSEUM(ワシントンD.C.)のサイト(英語)

「雑誌・新聞総かたろぐ」というのもある→メディア・リサーチ・センターのHP 

データブック 日本の新聞〈2015〉

(図解)池上彰の ニュースの基本が面白いほどわかる本 (中経の文庫) 池上彰に聞く どうなってるの? ニッポンの新聞

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月11日 (月)

あんもち雑煮と雑穀もち

さて、今年も東京は新橋のお食事処「かおりひめ」で、香川の「あんもち雑煮」を食べてまいりました。

Kc460957

あん餅2個入り・押し寿司付きで880円(税込み)。1月4~15日限定ですが、休日に行くと例年以上に混んでいたような印象でした(もちろん、他のメニューを食べている人もいます)。

香川・愛媛 せとうち旬彩館(「かおりひめ」)のHP

Kc460958

で、あんもち雑煮は「香川雑煮」ですが、「かおりひめ」が入る「せとうち旬彩館」は、香川・愛媛共同の物産館なので、両県の特産品が売られています。

Kc460960

そこで見つけたのが、愛媛県宇和島市の「マエダ」社製造の”雑穀餅”。名称は「玄米十穀もち」。餅を”つなぎ”につかって、玄米と雑穀を固めたもので、電子レンジやオーブントースターでも調理できて便利。歯ごたえもあって美味しかったです。

Kc460962

ちとエクスペンシブなので、たくさんは用意できないかもしれませんが、普通の餅に比べて喉に詰まりにくいのと、ヘルシーな点が良いのではないかと思って気に入り、こういうのもあるということでご紹介です。

玄米十穀もち 240g(40gx6個) 6袋
玄米十穀もち 240g(40gx6個) 6袋

関連記事 :

今年もあんもち雑煮を(新橋で)食べました。(2015.1/12)
あん餅雑煮を(東京で)食べてきました。(2011.1/10)

たこあげの年明けうどん。(2012.1/11)

なお、「かおりひめ」の正月特別メニューでは、いうまでもなく「愛媛雑煮」「年明けうどん」もやってました。

このほか、他府県のアンテナショップも盛況のようです。

JR・東京~有楽町~新橋、各駅付近のアンテナショップ一覧MAP(Let's Enjoy Tokyo)

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月10日 (火)

残念なニュース。

帝国データバンクの速報によると、京都の「うどんミュージアム」が破産したそうです。

*うどんミュージアム破産 京都・祇園、負債額8千万円 (47NEWS/京都新聞 2015.3/10)

*うどんミュージアムが破産(Yahooニュース/帝国データバンク 2015.3/10)

昨年から今年にかけては、大阪・東京への進出も予定されていて、楽しみにしていたのですが、残念な結果となってしまいました…。

うどん文化発信と、古い町家再活用の事例でもあったので、再起をお祈りしたいところです。

関連カテゴリー : 食べ物・うどん

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 5日 (火)

うどんミュージアムが大阪・東京に進出!

昨年(2013年1月)京都にできて新名所となっていた、全国のうどんを集めた「うどんミュージアム」。

「京都祇園うどんミュージアム」のホームページ

今年は、ついに、大阪(秋)・東京(冬)にも進出するとのこと。

「うどん県」香川には、いまだ「うどん博物館」はありませんが、今後の動きを「関心を持って推移を見守っていく」(前の日銀総裁か?)としましょう。

関連カテゴリー : 食べ物・うどん

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月20日 (日)

「さぬきうどん融資課」…NHK高松放送局70周年記念ドラマ

今年(2014年)はNHK高松放送局開設70周年だそうで、その記念ドラマが作られるのですが、それがやっぱり「うどん」でした…。

とある融資担当の銀行マンと、さぬきうどん店との関係の話だそうで、タイトルは「さぬきうどん融資課」

放送は2014年5月21日午後10時から、NHK-BSプレミアムで。

※「さぬきうどん融資課」の番組宣伝ポスター
P

何はともあれ、見るとしましょう。

*「さぬきうどん融資課」…NHK高松放送局のサイト

*やっぱり「うどん」だった! NHK高松 開局70周年記念ドラマ「さぬきうどん融資課」BSプレミアムで放送(日刊アメーバニュース 2014.4/17)

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 7日 (金)

一応…新刊の紹介。肌感覚の地域紹介シリーズ

昨年(2013年)の秋ごろですが、こんな本が出てました。

日本の特別地域 特別編集51 これでいいのか香川県

「日本の特別地域特別編集51 これでいいのか香川県 」
-うどんから風俗までしたたか香川の素性-

マイクロマガジン社 定価 (本体価格+税) 1,365円

“地域批評シリーズ”の記念すべき四国上陸第一弾、とのことです。

全県のがあるわけではないですが、まあ、興味のある方はどうぞ。(^_^;)

*日本の特別地域 【地域批評】 オフィシャルサイト

関連記事 :新刊紹介 : 「うどん県謎解き散歩」(2012.8/9)

他にも色々・・・

これでいいのか岡山県 (日本の特別地域特別編集 42) 日本の特別地域 特別編集50 これでいいのか長野県

これでいいのか東京都大田区2 (日本の特別地域 特別編集37) これでいいのか川崎市 (日本の特別地域特別編集) 

これでいいのか、横浜市 (日本の特別地域特別編集) 日本の特別地域 特別編集54これでいいのか千葉県

                      ・・・etc.

全然、別件ですが、昨年12月に出た、バイクの「レッドバロン」のフリーペーパー「R★B」vol.9の特集は「行こう!!ワンダー四国へ」でした。

(上記の本もこれも、秋葉原の「書泉グランデ」に置いてあった)

Rb_vol09201312

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 2日 (日)

“うどん発電”…エネルギーも地産地消で。

「うどん県」こと香川では、製麺時にでるうどんの廃棄物が長年問題だったのですが、このほど、このうどんの廃棄物からメタンガスを取り出して発電に使うという「うどん発電」プロジェクトが、昨年ごろから本格化しています。

※暮らしのエコナビ「185うどん発電」篇(PanasonicECONAVIch YouTube 2013.11/11)

*「うどん発電」開始へ/廃棄麺のメタンガス利用(2013.7/31 47NEWS/四国新聞)

*NHK「サキどり」…「地産地消だ!ご当地エネルギー」(2014.2/2放送) 

この他、いろいろな地元の「資源」からメタンガスなどを取り出したり、昔からある水車で小電力を取り出す「地産地消」のご当地エネルギー実現の活動が各地で行われているようです。また、資金集めのための市民ファンドなどもあるようです。

*メガソーラー事業化へ、市民ファンドの募集始まる/小田原(2014.1/29 47NEWS/神奈川新聞)

化石燃料はほとんど輸入だし、CO2が出て、将来の枯渇も心配。原発も安全性が不安。

今後は太陽光や地熱等も含め、こういった自然エネルギーなどを利用して、「持続性と多様性」のあるエネルギーが普及した方が、非常時の「リスク分散・耐性」とか「危機管理」にも有利。

地域経済の産業活性化と雇用の確保にも繋がっているようです。

関係者の皆さんには、ぜひ、頑張ってほしいものです。

地産地消のエネルギー 地産地消のエネルギー革命 (PHP新書) 再生可能エネルギーで地域がかがやく―地産地消型エネルギー技術 (生存科学シリーズ)

こうすればできる! 地域型風力発電―地元に利益を生み、愛される風車の実現― (B&Tブックス) コミュニティ・エネルギー: 小水力発電、森林バイオマスを中心に (シリーズ地域の再生) 地域エネルギー発電所―事業化の最前線

地域の力で自然エネルギー! (岩波ブックレット) 100%再生可能へ! 欧州のエネルギー自立地域 地図で読む日本の再生可能エネルギー

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月26日 (月)

U-1グランプリと原宿表参道元気祭2013に行ってきました。防災パークも。

Img_7608

2013年8月24日、東京・代々木公園で行われた「U(うどん)-1グランプリ」と、一体的に行われていた「明治神宮奉納:原宿表参道元気祭・スーパーよさこい2013」、ついでに近くのNHKスタジオパークで行われていた「防災パーク」に行ってきました。

Cimg0834
※これはJR原宿駅近く・明治神宮参道入り口会場で、よさこいを披露していたうどん(香川)県の「さぬき舞人」チーム。高松まつりの盆踊り音頭「いちごまいた」をアレンジした曲を使っていました。高松のゆるキャラ「さっきーちゃん」も登場です。

*原宿・表参道エリアで「スーパーよさこい」-98チームが演舞披露(シブヤ経済新聞)
*うどん日本一を決める「U-1グランプリ 2013」開催 全国名店が勢揃い!(ガジェット通信)

Img_0002
Img_0001

※関連記事 : 京都で「うどんミュージアム」オープン。新名所に !!(2013.1/27)

2013

※暑い中、ものすごい人出と熱気。
Cimg0785
Cimg0824

※U-1グランプリ会場。静岡の讃岐うどんの店は出てましたが、うどん県のお店の出展がなかったのは残念。しかし、ユニークなうどんがいろいろあって、盛況でした。
Img_7613
Img_7622
Img_7618

※私は、主催者でもある京都の「うどんミュージアム」では人気という栃木の魔除け「耳うどん」を食べてみました。“うどんじゃないじゃん”…などというツッコミは禁止!
Img_7626
Img_7614

※グランプリの投票箱。
Img_7616
Cimg0831

日清・どん兵衛と、京都うどんミュージアムのマスコット
Img_7631_2
Img_7621

※テレビ局が何局も取材していました(日テレ、TBS、テレ朝など)。
Cimg0780
Img_7627

※同じ会場で「よさこい」やってるので、当然、竜馬も登場。
Cimg0832

参考記事 : 坂本龍馬ブロンズ像除幕式見聞記。島崎和歌子さんもお祝いに来場。( 2010.11/13).

※よさこいストリートの様子。
Cimg0827

※渋谷区役所前の時計と温度計。気温は摂氏33度!
Cimg0792

NHKスタジオパークの「防災パーク」会場。家族連れ向けのイベントですが、消防・警察の救助車両などが集結していました。
Cimg0793

Cimg0822

Cimg0823

Cimg0817

Cimg0811

Cimg0794

*NHKで防災パーク2013(NHK 2013.8/24)

讃岐うどんに、土佐よさこいに、阿波おどり(高円寺など)に、伊予みかんジュース…。東京の夏はけっこう四国が息づいてます。

*以下にも参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧